ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

FRB次期議長は予想通りパウエル氏。現行路線の踏襲に規制緩和が加わって株高に?

 

 FRB(連邦準備制度理事会)の次期議長にジェローム・パウエルFRB理事が指名された。想定内の人事であり、イエレン氏の路線が継承される可能性が高いので、大きな混乱はないだろう。一方、パウエル氏はイエレン氏とは異なり、金融規制の緩和に積極的であることから、もう一段の株高も考えられる状況となってきた。

frbpauerugicho

 近年、FRB議長は2期8年で退任するケースが多く、現議長のイエレン氏は就任当初は2期連続の議長就任が予想されていた。だがトランプ大統領の誕生で状況が大きく変わった。

 トランプ氏は自身に近い人物を幹部で固める傾向が強く、FRB議長もこうした視点で人選を進めていた可能性がある。だがFRBは政権とは独立した形で金融政策を実施する立場であり、トランプ氏に近すぎる人物を指名することはリスク要因にもなる。
 一方、市場としては、イエレン氏が行っている現行の金融政策が維持されることが望ましいが、金融規制緩和も同時並行で進めて欲しいと考えている。

 こうした状況を総合的に考えた場合、もっともふさわしいのがパウエル氏ということになる。パウエル氏は法律が専攻で金融政策の専門家ではないが、ウォール街での経験があり実務に精通している。金融規制緩和には積極的で、共和党主流派との距離も近い。消去法的だが、現時点では最適な人事といってよいかもしれない。

 レーガン政権が誕生する直前の1979年に議長に就任したボルカー氏以降、グリーンスパン氏、バーナンキ氏、そしてイエレン氏と、エコノミストや学者など金融専門家が議長に就任している。だが、FRBの歴史を見ると実務家が就任するケースも多く、今回の人事が特別というわけではない。

  パウエル氏は現理事としてFRBの業務を行ってきたが、イエレン氏の政策に反対票を投じたことはないとされる。したがって議長就任後も、金利の引き上げは慎重に進めるというイエレン氏のスタンスを継承する可能性が高い。こうした状況において、金融規制緩和が進めば、株式市場にとってはさらにプラスとなるだろう。

 - 政治, 経済 , , , , ,

  関連記事

euhonbu
土壇場でギリシャ支援を決定。期せずして露呈した「欧州」をめぐる独仏の路線対立

 ユーロ圏各国は2015年7月13日、首脳会議においてギリシャ支援の再開について …

tenanmon
中国にとって日本は最大の投資家。尖閣問題は対中投資にまったく影響を与えていない

 中国商務省は5月16日、4月における海外から中国への直接投資は前年同期比0.4 …

orando
フランス人は決して謝らない。オランド大統領がアルジェリアを訪問するも謝罪要求は一蹴

 フランスのオランド大統領は独立50周年を迎えるアルジェリアを訪問し、フランスに …

kousokumuryouka
GDP改定値は政府の目論見通り大幅上方修正。消費税増税はほぼ確実か?

 内閣府は2013年9月9日、4~6月期GDP(国内総生産)の改定値を発表した。 …

koiketochiji
小池知事が築地市場移転延期を正式に表明。土壌汚染の実態はどの程度?

 東京都の小池百合子知事は2016年8月31日、築地市場の豊洲への移転延期を正式 …

kaigojikofutan
介護保険改正法案が閣議決定。所得の高い高齢者の自己負担率がさらに増加

 政府は2017年2月7日、介護保険の自己負担率の見直しを盛り込んだ介護保険法改 …

jihanki
病院にAED付きの自販機?追い込まれた自販機大国ニッポンの裏事情

 最近AED(自動対外式徐細動器)付きの自販機が急速に増えてきている。AEDとは …

linewave
IT各社が相次いで会話型AIの年内投入を表明。情報の流れが大きく変わる可能性も

 IT各社が、話しかけるだけで機器を操作できたり、各種のサービスを受けられる対話 …

kyuyomeisai02
4月の実質賃金は24カ月ぶりに上昇。だが中身は物価上昇率の鈍化

 賃金の伸びから物価の上昇分を差し引いた4月の実質賃金が24カ月ぶりに増加となっ …

nichigin
12月はマネーストックの伸びが鈍化。一方で物価は上昇が続いている

 日銀は2014年1月15日、2013年12月のマネーストック(マネーサプライ) …