ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

笹子トンネル事故が、抑制されてきた公共事業再開の大義名分になる可能性

 

 中央自動車道の笹子トンネル事故をきっかけに、これまで抑制されてきた公共事業がなし崩し的に再開されるのではないかという懸念が浮上している。

 今回の事故の詳細原因は特定できていないが、崩落したコンクリート製の天井版を吊り下げる金具部分が経年劣化した可能性が高くなってきている。
 実は中央自動車道に限らず、日本国内の道路や橋梁といった公共インフラは近年激しく劣化が進んでいる。総固定資本形成から固定資本減耗を引いた純固定資本形成は2009年度以降マイナスに転じており、マクロ的な統計もそれを裏付けている。だが劣化したインフラを修繕するための予算は十分に確保されていないのが実情だ。

 予算が確保できない最大の理由は、日本の公共事業が新規工事ばかりを優先してきたから。
 本来、道路や橋というものは、建設コストに匹敵するくらいのメンテナンス・コストがかかる。だが公共事業が利権と化している日本では、新規の建設ばかりが優先され、修繕費の存在を無視してきた。結果としておびただしい数の道路や橋を作ったものの、今となっては修繕費の捻出すら難しいという状況に陥っている。100年を過ぎても現役バリバリの施設が多数活躍している米国や英国とはずいぶん状況が違う。

 だが一度作ってしまった施設を放棄するのは、新しい公共事業を抑制することよりもはるかに難しい。あれだけ「ムダ」と叫ばれながら、八ッ場ダム一つ中止することすらできなかったのである。ましてや全国にあるおびただしい数の道路や橋を放棄するという決断は事実上困難だろう。また取り壊すにしてもコストがかかり、修繕を行うことと大して変わらないかもしれない。

 次期政権成立後、大規模な公共事業を再開させようという政治的動きが活発になっている。また自民党の安倍総裁が建設国債の日銀直接引き受けに言及したとして、市場では大きな話題となっている(本人は否定)。少なくとも、今後の積極的な財政出動について、多くの政治家の中で共有されていることは間違いない。

 このようなタイミングにおいて笹子トンネルの事故が起きてしまったことで、公共インフラの安全性を確保するという大義名分が出来上がったしまった。日銀が好むと好まざるとに関わらず、実質的な日銀ファイナンスによる財政拡大の道に進まざるをえない状況になりつつある。
 その先にマイルドな円安があるのか、それとも金利の高騰を伴う激しいインフレがあるのかは誰にも分からない。

 - 政治, 社会, 経済

  関連記事

kyuryo
今年も賃上げは確実だが、企業があまり積極的になっていない理由

 安倍政権が賃上げに向けて本格的に動き出している。昨年度に引き続き、財界に対して …

no image
財務省人事、真砂氏の次の次官は誰だ?

【本記事は2012年8月のものです。財務省の最新の人事情報記事はこちらです】「木 …

abe20141030
与党内から年内解散論が浮上。野党に対する牽制か、今度は本気か?

 与党内部で年内解散論が囁かれている。背景には女性閣僚のダブル辞任による支持率の …

abeyosaniinkai201402
安倍政権が集団的自衛権に関する憲法解釈見直しを、昨年に引き続いて先送り

 集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈の見直しについて、安倍政権が今国会中の閣議 …

hanedanarita
羽田・成田の地下鉄建設に年金と生保資金を活用。本当に大丈夫なのか?

 国土交通省は2020年代の開業を目指している羽田・成田を結ぶ地下鉄路線の建設に …

spaceshuttle
宇宙開発事業も空洞化?NASAに押し寄せる民営化という時代の波

 かつて科学技術の頂点といわれ、国家の威信をかけて行われていた宇宙開発にも、空洞 …

shalegasrig
米国のシェールガスブームに我慢できず、とうとうドイツが抜け駆け参戦

 米国におけるシェールガス革命の進展で窮地に立たされている欧州において、とうとう …

hagejapan201401
ヘーゲル国防長官が来日。日米連携強化を演出したい日本側に配慮

 米国のヘーゲル国防長官は2014年4月5日から2日間の日程で日本を訪問し、安倍 …

narita02
今年の海外旅行が過去最高を記録。生活実感と乖離した報道のウラにある真実とは?

 旅行代理店のJTBによると2012年の日本人出国者数が最高記録を更新するという …

glaxo
子宮頸がんワクチンで有名なグラクソが、中国で大規模な贈賄事件

 中国の公安当局は7月15日、英国の大手製薬会社グラクソ・スミスクラインが、政府 …