ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

笹子トンネル事故が、抑制されてきた公共事業再開の大義名分になる可能性

 

 中央自動車道の笹子トンネル事故をきっかけに、これまで抑制されてきた公共事業がなし崩し的に再開されるのではないかという懸念が浮上している。

 今回の事故の詳細原因は特定できていないが、崩落したコンクリート製の天井版を吊り下げる金具部分が経年劣化した可能性が高くなってきている。
 実は中央自動車道に限らず、日本国内の道路や橋梁といった公共インフラは近年激しく劣化が進んでいる。総固定資本形成から固定資本減耗を引いた純固定資本形成は2009年度以降マイナスに転じており、マクロ的な統計もそれを裏付けている。だが劣化したインフラを修繕するための予算は十分に確保されていないのが実情だ。

 予算が確保できない最大の理由は、日本の公共事業が新規工事ばかりを優先してきたから。
 本来、道路や橋というものは、建設コストに匹敵するくらいのメンテナンス・コストがかかる。だが公共事業が利権と化している日本では、新規の建設ばかりが優先され、修繕費の存在を無視してきた。結果としておびただしい数の道路や橋を作ったものの、今となっては修繕費の捻出すら難しいという状況に陥っている。100年を過ぎても現役バリバリの施設が多数活躍している米国や英国とはずいぶん状況が違う。

 だが一度作ってしまった施設を放棄するのは、新しい公共事業を抑制することよりもはるかに難しい。あれだけ「ムダ」と叫ばれながら、八ッ場ダム一つ中止することすらできなかったのである。ましてや全国にあるおびただしい数の道路や橋を放棄するという決断は事実上困難だろう。また取り壊すにしてもコストがかかり、修繕を行うことと大して変わらないかもしれない。

 次期政権成立後、大規模な公共事業を再開させようという政治的動きが活発になっている。また自民党の安倍総裁が建設国債の日銀直接引き受けに言及したとして、市場では大きな話題となっている(本人は否定)。少なくとも、今後の積極的な財政出動について、多くの政治家の中で共有されていることは間違いない。

 このようなタイミングにおいて笹子トンネルの事故が起きてしまったことで、公共インフラの安全性を確保するという大義名分が出来上がったしまった。日銀が好むと好まざるとに関わらず、実質的な日銀ファイナンスによる財政拡大の道に進まざるをえない状況になりつつある。
 その先にマイルドな円安があるのか、それとも金利の高騰を伴う激しいインフレがあるのかは誰にも分からない。

 - 政治, 社会, 経済

  関連記事

no image
振るわない製造業の設備投資。アベノミクスは基本戦略そのものの見直しが必要?

 製造業の設備投資がなかなか回復しない。内閣府が2013年12月11日に発表した …

setsubitousi
4~6月期における企業の利益は大幅増。今後は円高とエネルギー価格の綱引きに

 財務省は2014年9月1日、4~6月期の法人企業統計を発表した。全産業(金融・ …

yasudakodo
キャリア公務員の合格者。結局は旧帝大と早慶ばかりで何も変わっていない

 公務員の地位低下が叫ばれて久しい。東大生で国家公務員試験Ⅰ種(いわゆるキャリア …

futenma
普天間基地の県外移設に関する議論は、なぜ聞いていてスッキリしないのか?

 安倍首相は11日の衆院予算委員会において、米軍普天間飛行場の県外移設について「 …

todai
茂木健一郎氏のツイッター発言で偏差値論争が再燃。日本人が偏差値大好きな理由とは?

 脳科学者の茂木健一郎氏がツイッター上で、学力偏差値とそれを公表している大学受験 …

pekindaigaku
中国で大学入学試験が終了。だが無事入学、卒業しても厳しい就職難が待ち受けている

 受験競争が激しい中国では、大学の入学試験は一大イベントとなっている。6月8日に …

sugaku
OECDの学力調査。ゆとり教育見直しの結果、順位は上昇したが・・・・

  OECD(経済協力開発機構)は12月3日、世界65カ国(地域)を対象とした2 …

lngusa
米国産LNGが日本に到着。エネルギー調達の多角化は進むのか?

 硬直的だった日本のエネルギー調達に変化の兆しが見え始めている。きっかけになった …

nichigin02
マイナス金利政策になって突然、金融政策の効果が剥落した理由

 日銀のマイナス金利政策が逆風にさらされている。本来であれば、金融機関は融資拡大 …

no image
ソフトバンクによるTモバイル買収が白紙に。時間をかけて再度買収を画策か?

 ソフトバンクの子会社で米携帯電話3位のスプリントは、TモバイルUSの買収を断念 …