ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国が南シナ海での資源開発をあらためて強調。中国が譲歩できないその背景

 

 中国政府は、フィリピンなどとの領有権問題が発生している南シナ海領域について、中国における海上ガス開発の主要な柱とすることをあらためて強調した。

 中国国家エネルギー局は3日、天然ガス開発に関する5ヵ年計画を発表し、その中で、南シナ海を中国の海上ガス開発計画の「主要な柱にする」と位置付けた。共産圏である中国にとって5ヵ年計画は極めて重要な意味を持つ。今回の発表によって中国は、南シナ海の天然資源についてまったく譲歩する気がないことをあらためて強調した格好だ。

 また同局は、海上における天然ガス生産量の見通しも示した。この中で海上におけるガス生産量は2015年までに200億立方メートルに達し、そのうち南シナ海での生産は4分の3を占めるという。

 領有権問題を悪化させてまで南シナ海の天然資源開発を推進する背景には、エネルギー不足に悩む中国の現実がある。中国は米国を抜き世界最大のエネルギー消費国になっており、石油や石炭は輸入に頼っている。
 さらに米国においてシェールガス開発が急速に進行し、石油の完全自給が可能となる見込みが立ってきたことで、中国はさらに警戒感を強めている。全世界的な石油の安定確保について米国が関心を示さなくなると、もっとも大きな影響を受けるのは中国と日本である。日本と同様、中国にも米国の中東政策にタダ乗りしている部分があったのだが、米国の自給体制の確立によってそれが根底から覆る可能性が出てきているのだ。能天気な日本ではあまり話題になっていないようだが、安全保障に敏感な中国当局にとっては極めて重大な事態とえいる。

 中国には豊富なシェールガスが埋蔵されているといわれるが、そのほとんどが乾燥地帯に位置しており、シェールガスの採掘に必要な大量の水を調達できない。このためコストが高く採算が合わないとされている。南シナ海の天然資源は「エネルギー消費国」である中国にとって、まさに生命線なのである。したがって、この部分で中国が譲歩する可能性は極めて低いだろう。

 - 政治, 経済

  関連記事

fccbeikoku
米国で議論沸騰中の「ネットワーク中立性」って何だ?

 米連邦通信委員会(FCC)は2015年2月26日、インターネット回線を事実上の …

beichushunoukaidan20141113
APEC終了後、米中が長時間の首脳会談を実施。米中関係はより実務的な段階へ

 米国のオバマ大統領と中国の習近平国家主席は2014年11月11日、北京で開催さ …

starbank
ファンドの「オモチャ」だった東京スター銀行を台湾の銀行が買収。ようやく経営安定か?

 首都圏を中心40店舗近くの支店を展開する東京スター銀行が、台湾の大手銀行である …

no image
銃撃で死亡した山本美香氏。ビデオジャーナリストの実態はTV局の下請労働者

 内戦が続くシリアで日本人ジャーナリストの山本美香氏が銃撃を受けて死亡した。勇気 …

sutisenkyo
ミャンマーで歴史的な政権交代へ。だがスー・チー氏にとっては過大山積

 50年以上にわたって軍による独裁政権が続いてきたミャンマーで2015年11月8 …

asohadaijin201406
問題発言連発の麻生大臣。最後の大物政治家か、無邪気なボンボンか?

 麻生財務大臣の発言が話題になっている。新聞報道によると麻生氏は2014年6月2 …

tosho05
新興国不安から世界同時株安?だがこの動きは、多くの市場関係者が予測していた

 新興国の通貨安をきっかけに世界同時株安の状況となってきている。ドル円の為替相場 …

sony
ソニーが業績見通しを大幅下方修正。同社がフツーの会社だと考えれば妥当な内容

 ソニーは2014年2月6日、2014年3月期の連結業績予想を大幅に下方修正した …

washingtonpost
アマゾン創業者がワシントンポスト紙を買収。ジャーナリズムのWeb化がさらに加速

 米アマゾンドットコムの創業者で最高経営責任者(CEO)を務めるジェフ・ベゾス氏 …

usmanov
英国長者番付に見るウィンブルドン方式の実態。日本人にこれを受け入れる覚悟はある?

 英サンデータイムズ誌は4月21日、毎年恒例の億万長者リストを発表した。結果は上 …