ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シャープに米クアルコムが出資。だが実態は話題作りだけを目的にした技術の安売り

 

 経営再建中のシャープが、米国の半導体メーカー「クアルコム」から最大100億円の出資を受け入れる方向でほぼ合意したことが明らかとなった。シャープは今回の資本提携に合わせて、クアルコムに対し新型液晶パネルの技術を供与する。次世代の液晶パネル製品を共同開発することで、液晶事業を強化したい考えだ。

 シャープはテレビや液晶など主力事業の不振で今年度には4500億円の赤字を計上する見込み。台湾の大手電子機器メーカーである鴻海から出資を受け、経営再建を行うことでほぼ合意していたが、株価などで折り合いがつかず出資はまだ行われていない。シャープが銀行団からの本格的な支援を取り付けるためには、他社との本格的な提携が必須の状況となっている。

 今回のクアルコムとの資本提携はその一貫ということだが、業界関係者の反応は一様に冷ややかだ。「クアルコムと提携してもシャープの状況は本質的に何も変わらない」(半導体アナリスト)というのがその理由である。クアルコムは携帯電話用半導体の大手であり、シャープにとって顧客企業ではない。しかも液晶パネル分野においては競合ですらある。シャープはクアルコムに対して最新技術を供与する代わりに出資を受け入れるわけであり、液晶技術を最大100億円で切り売りしたにすぎない。
 シャープはこのところ、インテルなど米国の半導体大手に対して次々に出資を打診している(しかも資本提携について社内で主導権を握っているのは、なぜか奥田社長ではなく、引責辞任したはずの片山会長)。だが米国の半導体企業の多くがシャープとは直接的な利害関係を持っておらず、出資するメリットはほとんどない。とにかくビックネームから出資を受けたという話題作りのためだけに出資を打診しているようにしか見えない状況だ。

 シャープ側としては、リストラを含めシビアな要求を突きつけてくる鴻海との資本提携は何としても避けたいというのがホンネとみられる。だが現在のところシャープの経営危機を抜本的に打開してくれる可能性があるのは鴻海しかいない。米半導体各社との資本提携という「お化粧」をしたところで、スッピンの顔は元のままだ。刻一刻とXデーは近づいている。

 - 経済

  関連記事

barclay
LIBOR問題が刑事事件に発展。これは英国と米国の金融覇権をめぐる争いだ!

 英国の重大不正捜査局は11日、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR、通称ラ イボ …

orandoshukinpei
中国がチベット問題を黙認するオランド大統領に対して、最大級のもてなしを実施

 フランスのオランド大統領は4月25日、中国を訪問し、北京の人民大会堂で習近平国 …

goldenspike
とうとう宇宙工学もコモディティ化?米国で政府の宇宙開発をアウトソースする会社が登場

 宇宙開発企業である米GoldenSpike社は6日、月への有人宇宙飛行事業を行 …

susiro
回転寿司のスシローが東証に再上場。円安で市場の競争環境は激化

 回転寿司最大手の「あきんどスシロー」が3月30日、東京証券取引所に再上場する。 …

zaikaitop
円安で株高になるのはおかしいという財界首脳の発言が象徴するもの

 経団連、日本商工会議所、経済同友会の経済3団体は2014年1月7日、年頭会見を …

manshon
銀行が住宅ローン金利を引き下げ。融資先が見つからない銀行の苦しい台所事情

 9月に入って金融機関による住宅ローンの引き下げが相次いでいる。三菱東京UFJ銀 …

wakamono
2000年を境に若者の意識は急激に変化した。厚労白書が示す日本社会の本質的転換点

 若者の意識は社会の変化を敏感に反映するといわれている。最新の厚生労働白書を見る …

bukkajoushou
物価は4カ月連続で上昇。値上げは全品目に波及しつつあるが、これをどう評価すべきか?

 総務省は10月25日、9月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「生鮮 …

bukkajoushou
12月の物価はさらに上昇。ただし円安一服で来月以降は踊り場に?

 総務省は2014年1月31日、2013年12月の消費者物価指数を発表した。代表 …

infure
輸入インフレの足音が聞こえる。政府は必死に企業に賃上げを要請しているが・・・

 円安が進展する中、これまで続いてきたデフレ傾向が一部でプラス転換する傾向が見え …