ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

シャープに米クアルコムが出資。だが実態は話題作りだけを目的にした技術の安売り

 

 経営再建中のシャープが、米国の半導体メーカー「クアルコム」から最大100億円の出資を受け入れる方向でほぼ合意したことが明らかとなった。シャープは今回の資本提携に合わせて、クアルコムに対し新型液晶パネルの技術を供与する。次世代の液晶パネル製品を共同開発することで、液晶事業を強化したい考えだ。

 シャープはテレビや液晶など主力事業の不振で今年度には4500億円の赤字を計上する見込み。台湾の大手電子機器メーカーである鴻海から出資を受け、経営再建を行うことでほぼ合意していたが、株価などで折り合いがつかず出資はまだ行われていない。シャープが銀行団からの本格的な支援を取り付けるためには、他社との本格的な提携が必須の状況となっている。

 今回のクアルコムとの資本提携はその一貫ということだが、業界関係者の反応は一様に冷ややかだ。「クアルコムと提携してもシャープの状況は本質的に何も変わらない」(半導体アナリスト)というのがその理由である。クアルコムは携帯電話用半導体の大手であり、シャープにとって顧客企業ではない。しかも液晶パネル分野においては競合ですらある。シャープはクアルコムに対して最新技術を供与する代わりに出資を受け入れるわけであり、液晶技術を最大100億円で切り売りしたにすぎない。
 シャープはこのところ、インテルなど米国の半導体大手に対して次々に出資を打診している(しかも資本提携について社内で主導権を握っているのは、なぜか奥田社長ではなく、引責辞任したはずの片山会長)。だが米国の半導体企業の多くがシャープとは直接的な利害関係を持っておらず、出資するメリットはほとんどない。とにかくビックネームから出資を受けたという話題作りのためだけに出資を打診しているようにしか見えない状況だ。

 シャープ側としては、リストラを含めシビアな要求を突きつけてくる鴻海との資本提携は何としても避けたいというのがホンネとみられる。だが現在のところシャープの経営危機を抜本的に打開してくれる可能性があるのは鴻海しかいない。米半導体各社との資本提携という「お化粧」をしたところで、スッピンの顔は元のままだ。刻一刻とXデーは近づいている。

 - 経済

  関連記事

josei
日本の労働力人口は女性フル活用でも大幅減。豊かさの維持には生産性向上が必須

 内閣府は2014年3月12日、長期の労働力人口予測をまとめた。50年後の労働力 …

abetoben
アリバイ作り?増税論への牽制?消費増税に関する有識者ヒアリングを8月に集中開催

 内閣府は8月20日、消費税引き上げの影響について有識者からヒアリングする会合を …

imf201404
米国依存が鮮明になったIMFの最新世界経済見通し。日欧の量的緩和策が次の焦点に

 IMF(国際通貨基金)は2014年4月8日、最新の世界経済見通しを発表した。2 …

no image
楽天が出版取り次ぎに参入。その本当の目的は?

 楽天が出版取り次ぎ業に参入すると朝日新聞が報じている。取り次ぎとは書籍の卸売業 …

usakoyoutoukei201510
10月の米雇用統計は予想を大幅に上回る結果。市場は一気に12月利上げモードに

 米労働省は2015年11月6日、10月の雇用統計を発表した。 非農業部門の雇用 …

no image
シャープを翻弄する鴻海の最大の弱点とは?

 シャープへの出資をめぐって注目されている台湾の鴻海精密工業。カリスマとして知ら …

torisimariyaku
経済同友会が独立取締役の義務化を要望。実現がほぼ絶望的な理由とは?

 経済同友会は10月28日、企業からの独立性が高い「独立取締役」の設置を上場企業 …

kyuryo
給料は増えたものの、非正規社員の増加で全体への効果は薄い

 民間企業で働く従業員の給与総額は増加に転じたが、低賃金で働く非正規社員が増えて …

tokyotower
デフレにも関わらず東京の物価は世界1位。改革を先送りしたツケは大きい

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット( …

pakukuneshukinpei
朴槿恵大統領が中国を訪問し習主席と会談。中韓の親密ぶりが際立つ

 韓国の朴槿恵大統領は6月27日、中国を訪問し習近平国家主席と会談した。両首脳は …