ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アップルがサムスンに見切り?売国奴と呼ばれることを憂慮した強気の交渉がアダに

 

 アップルのサムスン離れが加速している。米アップルと米インテルが、次世代のiPadにインテル製のCPUを採用する計画について協議を重ねていることが明らかとなった。これまでアップル製品の主要デバイスの多くは韓国サムスン電子が製造していたが、PC向け半導体の巨人であるインテルが割って入ることになり、サムスンは稼ぎ頭を失うリスクが出てきた。

 これまでアップルにとってインテルはいわば宿敵であった。インテルはかつて米マイクロソフトとタッグを組みアップル製PCを打倒、同社を経営危機にまで追い込んだ過去がある。
 一方、サムスンはアップルのiPhoneやiPadに各種デバイスを供給するアップルにとっての最重要サプライヤーの一つ。だが近年両社の関係に変化が生じていた。

 きっかけはアップルとサムスンの特許紛争。サムスンがアップル製品を模倣しているとして泥沼の訴訟合戦となった。結果は喧嘩両成敗のような形となっているが、両社には大きなシコリが残った。というよりも、韓国側にアップル憎しの感情が高まったという方が正しいかもしれない。

 サムスンは利益の半分以上をスマートホン関係で稼ぎ出しており、サムスンにとってアップルは最重要顧客。アップルとの関係が壊れることは同社の経営に致命的影響を与えかねない。だが韓国国内のナショナリズムの動きを考慮し、サムスンはアップル側に対して価格交渉などにおいて強気に出ているという。
 一方インテルは、PC市場の縮小により今後PC向け半導体の生産量が低下することが見込まれている。同社の生産設備には相当の余裕が発生する可能性が高い。アップルは状況を総合的に判断し、サムスンからインテルに主要サプライヤーをシフトさせることを検討し始めたと考えられる。

 電子機器においてどの階層のプレイヤーが力を持つのかは時代によって変わってくる。ハードウェアとソフトウェアが一体となったサービスが主流となっているスマホ時代においては、アップルのようなセットメーカの力は絶大である。セットメーカーの巨人であるアップルを敵に回して利益を上げられるデバイスメーカーは存在しない。
 韓国は、安直な愛国心から国家の屋台骨を失うような行動に出ているかもしれないのである。その意味では、売国奴と批判されながらも、商売を優先して中国に遠慮ばかりしている日本メーカーの方がまだマシなのかもしれない。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

tokyofukei001
2017年1~3月期のGDPは、とうとう名目値がマイナスに転落。完全にデフレに逆戻り

 内閣府は2017年5月18日、2017年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

gnpgni
安倍首相がGNI(国民総所得)増加を表明。なぜ今GNIと騒いでいるのか?

 安倍首相が自らの経済政策であるアベノミクスによって、10年後に国民総所得(GN …

toshiba03
東芝の不正会計問題。自己資本並みに大きい「のれん代」は大丈夫なのか?

 不正な会計処理が問題となっている東芝は2015年7月21日、田中久雄前社長、佐 …

shutoko02
首都高改修の空中権活用。良案だが日本のインフラ問題を根本解決できるわけではない

 政府の経済財政諮問会議において、老朽化した首都高速道路の改修に民間資金を活用す …

autodrive
首相まで巻き込んだ自動運転技術のデモから垣間見える、日本のイノベーション事情

 トヨタ自動車、日産自動車、ホンダの3社は11月9日、国会周辺の公道で自動運転に …

dellmicrosoft
デルに出資?タブレット台頭を前に、マイクロソフトは重大な岐路に立たされている

 米マイクロソフトが大手パソコン・メーカーの米デルに10億~30億ドル(約900 …

no image
米国のネット通販に韓国からのアクセス制限がかかるワケ

 年末商戦真っ最中の米国において、韓国からのインターネット・アクセスが制限され、 …

kuruguman02
クルーグマン教授が安倍首相との会談内容を暴露。日本はオフレコの概念もガラパゴス

 政府側が非公開を前提にしていた国際金融経済分析会合でのやり取りを、ポール・クル …

amakudari
公務員の天下りが大復活。日本経済の貧困化が進行している証拠?

 一時は癒着の温床として批判されてきた公務員の天下りが復活している。背景にあるの …

bouekitoukei 201510
10月の貿易収支は黒字だが、経済環境が大きく変わったわけではない

 財務省は2015年11月19日、10月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を …