ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アップルがサムスンに見切り?売国奴と呼ばれることを憂慮した強気の交渉がアダに

 

 アップルのサムスン離れが加速している。米アップルと米インテルが、次世代のiPadにインテル製のCPUを採用する計画について協議を重ねていることが明らかとなった。これまでアップル製品の主要デバイスの多くは韓国サムスン電子が製造していたが、PC向け半導体の巨人であるインテルが割って入ることになり、サムスンは稼ぎ頭を失うリスクが出てきた。

 これまでアップルにとってインテルはいわば宿敵であった。インテルはかつて米マイクロソフトとタッグを組みアップル製PCを打倒、同社を経営危機にまで追い込んだ過去がある。
 一方、サムスンはアップルのiPhoneやiPadに各種デバイスを供給するアップルにとっての最重要サプライヤーの一つ。だが近年両社の関係に変化が生じていた。

 きっかけはアップルとサムスンの特許紛争。サムスンがアップル製品を模倣しているとして泥沼の訴訟合戦となった。結果は喧嘩両成敗のような形となっているが、両社には大きなシコリが残った。というよりも、韓国側にアップル憎しの感情が高まったという方が正しいかもしれない。

 サムスンは利益の半分以上をスマートホン関係で稼ぎ出しており、サムスンにとってアップルは最重要顧客。アップルとの関係が壊れることは同社の経営に致命的影響を与えかねない。だが韓国国内のナショナリズムの動きを考慮し、サムスンはアップル側に対して価格交渉などにおいて強気に出ているという。
 一方インテルは、PC市場の縮小により今後PC向け半導体の生産量が低下することが見込まれている。同社の生産設備には相当の余裕が発生する可能性が高い。アップルは状況を総合的に判断し、サムスンからインテルに主要サプライヤーをシフトさせることを検討し始めたと考えられる。

 電子機器においてどの階層のプレイヤーが力を持つのかは時代によって変わってくる。ハードウェアとソフトウェアが一体となったサービスが主流となっているスマホ時代においては、アップルのようなセットメーカの力は絶大である。セットメーカーの巨人であるアップルを敵に回して利益を上げられるデバイスメーカーは存在しない。
 韓国は、安直な愛国心から国家の屋台骨を失うような行動に出ているかもしれないのである。その意味では、売国奴と批判されながらも、商売を優先して中国に遠慮ばかりしている日本メーカーの方がまだマシなのかもしれない。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

kakunenryouyuso
プルトニウムがとうとう米国へ返還。日本をとりまく国際情勢は変化している

 日米間の合意によって、日本が米国に返還することが決定していた研究用プルトニウム …

hamada
浜田内閣参与の増税延期発言によって明らかなった、異次元緩和の波及メカニズム

 安倍首相のブレーンで内閣官房参与を務める浜田宏一米エール大名誉教授が、2014 …

recruit
リクルートがネット通販事業に参入。だが敵は楽天とアマゾンにあらず

 リクルートホールディングスは、来年3月をめどにインターネット通販事業に参入する …

bitcoin
取引所破綻で話題のビットコイン問題を整理する。その本質はどこにあるのか?

 インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の取引サイトを運営するマウントゴック …

imf201401
IMFの経済見通しを見れば、消費税10%増税を年内に決定する理由が分かる

 IMF(国際通貨基金)は2014年1月21日、最新の世界経済見通しを発表した。 …

seveneleven
コンビニ最大手のセブンがとうとう加盟店からのロイヤリティ減額を決断

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが「聖域」とされてきた加盟店からのロイヤリティ …

todai
茂木健一郎氏のツイッター発言で偏差値論争が再燃。日本人が偏差値大好きな理由とは?

 脳科学者の茂木健一郎氏がツイッター上で、学力偏差値とそれを公表している大学受験 …

sharp
シャープが再増資を検討中。成長戦略への自信のなさか、資本政策に奇妙な点も

 経営再建中のシャープが、再び増資を行うとの報道が出ている。今回の増資は、今後の …

sakuraikeireki
日銀審議委員の櫻井眞氏に経歴詐称疑惑。市場はどう判断するのか?

 日銀の政策委員会メンバーの経歴が問題視されている。金融政策の根幹を担う中央銀行 …

leekanyunamida
シンガポール「建国の父」リー・クアンユー死去。独立当初は、絶望感で涙を流した?

 シンガポール建国の父と呼ばれるリー・クアンユー元首相が2015年月23日、同国 …