ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

大国インドが中国を牽制。南シナ海に海軍を派遣することを検討中

 

 南シナ海での中国の動きに対して、大国インドが牽制球を投げた。インド海軍のジョシ参謀長(写真)は3日、南シナ海での海洋資源探査をはじめとした権益を確保するため、必要であれば艦隊を派遣する用意があると述べた。

 中国は南シナ海においてフィリピンやベトナムと領有権をめぐって対立している。ここに大国であるインドが介入してくることにより、同地域の緊張がさらに高まる可能性が出てきた。
 インドは同海域の領有権について主張しているわけではない。だがジョシ参謀長は同海域で増強が進む中国海軍について「インドにとって大きな懸念材料である」とし、「天然資源に関する権益を確保するためには艦船の派遣が必要であり、その用意はできている」と述べた。

 インドと中国は1960年代に紛争を起こしている(中印国境紛争)。チベットの扱いをめぐりインドと中国が対立。武力衝突に発展し3000人を超える死者を出した。インドとパキスタンの争いでは中国は露骨にパキスタンを支援している。最近では双方が自制した状態が続いていたが、両国の関係は基本的に穏やかなものではない。今回の南シナ海問題をきかっけにインドと中国の関係が再度悪化する可能性も出てきた。

 中国は同時期、インドのほかに旧ソ連とも国境紛争を起こしている(中ソ国境紛争)。現在、ロシアとの関係は悪化していないものの、日本、東南アジア、インドなど周辺国との軋轢を高めている点において冷戦下の状況に近いものがある。
 当時は、ニクソン大統領による中国訪問で緊張が和らぐ結果となったが、現在の米国には当時のような指導力はない。中国が自制しない限り、中国と周辺国家との緊張状態が続くことになる。

 - 政治

  関連記事

trumpanpo
共和党トランプ候補がとうとう日米安保を糾弾。米国は変わりつつある?

 放言を繰り返し、米国の大統領選を大混乱させているドナルド・トランプ氏が、とうと …

wakamonohakusho
日本の若者は突出してネガティブという調査結果をどう見るか?

 内閣府は2014年6月3日、2014年版「子ども・若者白書」を公表した。日本の …

airforce1001
米国が世界から手を引きつつあるとのFT紙記事。だが米国人は本来「超」ひきこもりだ

 世界の警察官であった米国が内向きになろうとしているという英フィナンシャル・タイ …

takenaka
経済財政諮問会議のメンバーが固まる。改革イメージ醸成と経団連外しが狙い?

 政府の経済政策の司令塔となる経済財政諮問会議や日本経済再生本部のメンバーが明ら …

bigdata
ビックデータ時代に個人が身につけるべきリテラシーとは?

 IT戦略の一環としてビックデータの活用が注目を集めている中、景気動向や選挙動向 …

2+2kaiken02
日米2+2閣僚会合は、ポスト戦後時代が現実にスタートしたことの象徴

 日米両政府は10月3日、外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2 …

kanntei
政府が解雇要件を緩和する方向で検討を開始。だが公務員だけは例外という大矛盾

 政府はこれまで法律や判例で手厚く保護されてきた労働者の解雇要件を大幅に見直す方 …

kokkaigijido
民意の反映に関するアンケート結果が示す、高齢者と若年層の分断

 内閣府が行った社会意識に関する調査で、国の政策に民意が反映されていると考えてい …

abensc
日本版NSCの概要が固まる。現行法よりは進歩しているが、抱えている問題は変わらず

 政府は外交・安全保障の司令塔となる国家安全保障会議(日本版NSC)の概要を固め …

mof05
2016年度予算の概算要求はさらに大型化。財務省は前年度並みに減額したいところだが

 財務省は2015年9月4日、2016年度予算の概算要求額を公表した。一般会計は …