ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

大国インドが中国を牽制。南シナ海に海軍を派遣することを検討中

 

 南シナ海での中国の動きに対して、大国インドが牽制球を投げた。インド海軍のジョシ参謀長(写真)は3日、南シナ海での海洋資源探査をはじめとした権益を確保するため、必要であれば艦隊を派遣する用意があると述べた。

 中国は南シナ海においてフィリピンやベトナムと領有権をめぐって対立している。ここに大国であるインドが介入してくることにより、同地域の緊張がさらに高まる可能性が出てきた。
 インドは同海域の領有権について主張しているわけではない。だがジョシ参謀長は同海域で増強が進む中国海軍について「インドにとって大きな懸念材料である」とし、「天然資源に関する権益を確保するためには艦船の派遣が必要であり、その用意はできている」と述べた。

 インドと中国は1960年代に紛争を起こしている(中印国境紛争)。チベットの扱いをめぐりインドと中国が対立。武力衝突に発展し3000人を超える死者を出した。インドとパキスタンの争いでは中国は露骨にパキスタンを支援している。最近では双方が自制した状態が続いていたが、両国の関係は基本的に穏やかなものではない。今回の南シナ海問題をきかっけにインドと中国の関係が再度悪化する可能性も出てきた。

 中国は同時期、インドのほかに旧ソ連とも国境紛争を起こしている(中ソ国境紛争)。現在、ロシアとの関係は悪化していないものの、日本、東南アジア、インドなど周辺国との軋轢を高めている点において冷戦下の状況に近いものがある。
 当時は、ニクソン大統領による中国訪問で緊張が和らぐ結果となったが、現在の米国には当時のような指導力はない。中国が自制しない限り、中国と周辺国家との緊張状態が続くことになる。

 - 政治

  関連記事

skymark03
JALとスカイマーク提携に国交省が待った?国家による救済は半永久的に尾を引く

 スカイマークは2014年11月21日、日本航空(JAL)と提携交渉を行っている …

seirousikaigi201412
政労使会議で来春の賃上げを明記。だが他の要請事項は相互に矛盾している

 政府は2014年12月16日、政府、経済団体、労働団体の代表らが、雇用や賃金に …

joseikatuyaku
政府が1億総活躍社会における経済効果を試算。個人消費は13.7兆増えるとしているが・・・

 政府は2016年4月18日、一億総活躍社会を目指す取り組みが実現した場合の経済 …

orand78%
大連立構想は国力衰退の象徴?ギリギリで大連立を回避した日本はまだマトモかもしれない

 総選挙における自民党の大勝利で立ち消えになったが、民主党政権末期には大連立構想 …

monhiru
公的年金の損失5兆円は株価を考えれば妥当だが、本当にリスク運用でいいのか?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年7月2 …

erudoan
大統領の独裁化につながるトルコの国民投票にドイツ人が動揺している理由

 大統領権限の強化を狙ったトルコの国民投票で賛成が反対を上回ったことで、ドイツ国 …

ozawaitoro
脱原発「未来の党」に「国民の生活」が合流。仕掛け人はもちろん小沢氏

 滋賀県の嘉田由紀子知事は27日、脱原発を基本政策に掲げる新党「日本未来の党」を …

mof02
与党が所得税と相続税の税率引き上げで合意。これは将来の大増税への布石となる!

 自民、公明の両党は、所得税と相続税の最高税率の引き上げについて合意した。また相 …

cameron2
EU首脳会議、中期予算の減額でようやく合意。英国リスクが今後の焦点に

 欧州連合(EU)は8日首脳会議を開催し、2014~20年のEU予算について合意 …

no image
自民総裁選、石破氏大健闘の背景には小泉進次郎あり

 自民党の総裁選で安倍元首相に敗れた石破茂前政調会長だが、地方からは圧倒的な支持 …