ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

大国インドが中国を牽制。南シナ海に海軍を派遣することを検討中

 

 南シナ海での中国の動きに対して、大国インドが牽制球を投げた。インド海軍のジョシ参謀長(写真)は3日、南シナ海での海洋資源探査をはじめとした権益を確保するため、必要であれば艦隊を派遣する用意があると述べた。

 中国は南シナ海においてフィリピンやベトナムと領有権をめぐって対立している。ここに大国であるインドが介入してくることにより、同地域の緊張がさらに高まる可能性が出てきた。
 インドは同海域の領有権について主張しているわけではない。だがジョシ参謀長は同海域で増強が進む中国海軍について「インドにとって大きな懸念材料である」とし、「天然資源に関する権益を確保するためには艦船の派遣が必要であり、その用意はできている」と述べた。

 インドと中国は1960年代に紛争を起こしている(中印国境紛争)。チベットの扱いをめぐりインドと中国が対立。武力衝突に発展し3000人を超える死者を出した。インドとパキスタンの争いでは中国は露骨にパキスタンを支援している。最近では双方が自制した状態が続いていたが、両国の関係は基本的に穏やかなものではない。今回の南シナ海問題をきかっけにインドと中国の関係が再度悪化する可能性も出てきた。

 中国は同時期、インドのほかに旧ソ連とも国境紛争を起こしている(中ソ国境紛争)。現在、ロシアとの関係は悪化していないものの、日本、東南アジア、インドなど周辺国との軋轢を高めている点において冷戦下の状況に近いものがある。
 当時は、ニクソン大統領による中国訪問で緊張が和らぐ結果となったが、現在の米国には当時のような指導力はない。中国が自制しない限り、中国と周辺国家との緊張状態が続くことになる。

 - 政治

  関連記事

spaceshuttle
宇宙開発事業も空洞化?NASAに押し寄せる民営化という時代の波

 かつて科学技術の頂点といわれ、国家の威信をかけて行われていた宇宙開発にも、空洞 …

misutoraru
ロシアがフランスからの揚陸艦購入を正式に断念。北方領土付近は現状維持へ

 ロシアがフランスから購入する予定だったミストラル級強襲揚陸艦について、ロシア政 …

nichigin04
日銀の審議委員人事。トヨタ出身者内定で、追加緩和の外堀埋まる?

 政府は2015年4月21日、退任する日銀の森本宜久審議委員の後任に、トヨタ自動 …

nhkkaichou
わずか2日で自説を撤回。NHK籾井会長発言がもたらすもう一つの弊害とは?

 NHKの籾井勝人会長は2014年1月27日、従軍慰安婦問題について「どこの国に …

no image
深刻化する欧州の失業率。その中にあってオーストリアに失業者がいないワケとは?

 欧州の雇用がさらに深刻な状況になっている。フランス政府は27日、完全失業者が1 …

puting20
G20ではロシアへの批判が殺到。プーチン大統領は怒って途中帰国?

 オーストラリア・ブリスベンで開催されたG20(20カ国・地域首脳会合)において …

gaza
ハマスがロケット弾を一般住宅から発射。イスラエルの報復で犠牲者がさらに増加

 イスラエルとイスラム原理主義組織ハマスの戦闘がさらに激化している。イスラエルに …

keizaizaisehakusho2013
アベノミクスへの踏み絵?経済財政白書は竹中平蔵氏も真っ青の新自由主義的内容

 甘利経済財政相が7月23日の閣議に提出した平成25年度「年次経済財政報告(経済 …

toyamaceo
文科省の有識者委員会で飛び出したG大学とL大学って何だ?

 L大学とG大学というキーワードが教育関係者の間でちょっとした話題になっている。 …

kasutoro
カストロ議長が死去。キューバに厳しいトランプ大統領の誕生で両国関係はどうなる?

 キューバ革命を起こし、反米的な社会主義政権を50年以上にわたって率いてきたフィ …