ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

青山学院のイジメ問題。大物女優Kの去就を含め、業界は不気味な沈黙

 

 青山学院のイジメ問題で渦中の人となっている大物女優K。その去就が注目されているが、業界では不気味な沈黙が漂っている。

 話が簡単に進まないのは、大物女優KはCM出演が多くクライアント企業への影響が大きいこと、同じくドラマ出演の関係上TV局への影響も大きいことが背景にある。それだけではない。女優Kの夫が広告代理店勤務であること。さらに被害者本人とその父親がこれまた芸能人であるといわれており、状況をさらに複雑にしている。

 広告代理店は、ある意味でこのようなスキャンダルに対応するために存在しているといってもよい。そうでなければ、クライアントの広告料から一律20%も手数料を抜いていく商売が成立するわけがない。

 以前、息子の覚せい剤所持が発覚した女優の三田佳子は、本人の業界でのポジションや夫がマスコミ関係者という意味で今回と状況が似ている。だが三田は比較的早い段階で会見をセットしたものの、会見では失言が相次ぎイメージ回復には失敗した。今回は当事者の関係がさらに複雑に入り組んでおり、動くに動けない状況だろう。

 もしかすると、全員がダンマリを決め込む方が得策という判断が下されているかもしれない。

 - 芸能

  関連記事

no image
スギちゃんTV収録中に大事故。頭を抱えるサンミュージック

 お笑い芸人のスギちゃんが、TV収録中の事故で全治3ヶ月の重症を負ってしまったこ …

no image
紳助のとんねるず石橋への抗議電話で浮き彫りになったこと

 暴力団との交際が発覚し芸能界を引退した島田紳助が、関連ネタを連発していた「とん …

hotelinside
千野アナの事故報道を巡って様々な憶測が飛び交う。原因はマスコミの報道姿勢にあり

 元フジテレビの千野志麻アナウンサーが正月休暇中に起こした死亡事故について、報道 …

no image
オークションサイトをめぐる芸能人のステマが問題に。だが巨悪は別に存在する

 ペニーオークションに関する芸能人の「ステマ」に関して批判が集中している。実際は …

no image
小雪が第2子の妊娠を発表。美貌とスタイルは維持できるのか?

 女優の小雪(35)が、第2子を妊娠していることをが明らかになった。現在妊娠5カ …

mikuni
故三国連太郎の女性遍歴は、彼の「アレ」が小さかったことが原因?

 「飢餓海峡」「釣りバカ日誌」などに出演し、風格のある演技で知られた俳優の三国連 …

no image
小野文恵アナが結婚。今回はちゃんと籍を入れてね!の声

 「ためしてガッテン」などで元気キャラをお茶の間に届けているNHKの小野文恵アナ …

teradarieko
玉の輿だったはずが受難の連続。寺田理恵子アナとNEC御曹司の壮絶結婚生活に幕

 元フジテレビの寺田理恵子アナの夫である関本雅一氏が昨年12月亡くなった。死因は …

ppap
ピコ太郎の世界ブレイクで浮き彫りになった日本の古い音楽産業インフラ

 ピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が世界で大ブレイクしてい …

streetlive
大阪で路上ライブ合法化の動き。だが区役所職員がアーティストを「認定」って・・・・

 大阪の自治体では、合法的に路上ライブをできるスペースをアーティストに提供し、こ …