ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

青山学院のイジメ問題。大物女優Kの去就を含め、業界は不気味な沈黙

 

 青山学院のイジメ問題で渦中の人となっている大物女優K。その去就が注目されているが、業界では不気味な沈黙が漂っている。

 話が簡単に進まないのは、大物女優KはCM出演が多くクライアント企業への影響が大きいこと、同じくドラマ出演の関係上TV局への影響も大きいことが背景にある。それだけではない。女優Kの夫が広告代理店勤務であること。さらに被害者本人とその父親がこれまた芸能人であるといわれており、状況をさらに複雑にしている。

 広告代理店は、ある意味でこのようなスキャンダルに対応するために存在しているといってもよい。そうでなければ、クライアントの広告料から一律20%も手数料を抜いていく商売が成立するわけがない。

 以前、息子の覚せい剤所持が発覚した女優の三田佳子は、本人の業界でのポジションや夫がマスコミ関係者という意味で今回と状況が似ている。だが三田は比較的早い段階で会見をセットしたものの、会見では失言が相次ぎイメージ回復には失敗した。今回は当事者の関係がさらに複雑に入り組んでおり、動くに動けない状況だろう。

 もしかすると、全員がダンマリを決め込む方が得策という判断が下されているかもしれない。

 - 芸能

  関連記事

no image
BS放送に参入したディズニーだが、雲行きが少々・・・

 衛星放送に参入したディズニー。2012年3月にBS放送「Dlife」をスタート …

banksy
謎の覆面画家バンクシーがニューヨークで活動中。アートの価格形成を皮肉る実験も

 英国の著名な覆面ストリート・アーティストであるバンクシーが、現在1カ月の期間限 …

murakmiharuki
村上春樹氏が再びノーベル文学賞を逃す。本当に受賞することは可能なのか?

 スウェーデン・アカデミーは10月10日、2013年のノーベル文学賞を発表した。 …

no image
週刊新潮のAKBスキャンダル記事で、秋元康氏の「昭和っぷり」が明らかに

 AKB48を従え向かうところ敵なしの秋元康氏だが、週刊新潮に大々的にスキャンダ …

goriaya
剛力彩芽が武井咲のバーターという話は、実はまったく逆だった!

 オスカーイチ押し?のタレント剛力彩芽の勢いが止まらない。  ビデオリサーチ社が …

baku
中国人作家のノーベル文学賞受賞は、いわゆるバーター取引

 スウェーデン・アカデミーは11日、中国の作家、莫言氏にノーベル文学賞を授与する …

ppap
ピコ太郎の世界ブレイクで浮き彫りになった日本の古い音楽産業インフラ

 ピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が世界で大ブレイクしてい …

watanabejunichi
作家の渡辺淳一氏が死去。和田心臓移植事件からは46年の時が経過した

 ダブル不倫を描いた話題作「失楽園」の著者である作家の渡辺淳一氏が4月30日死去 …

no image
田丸麻紀が身近な一般人と結婚。やはり婚活は疲れるのか?

 女優でタレントの田丸麻紀が結婚したと所属事務所が発表した。  相手は、出会って …

no image
マッカートニーとオノヨーコが完全和解。今後のビートルズ事業が狙いか?

 ビートルズの元メンバーであるポール・マッカートニー氏がTVのインタビューで「ビ …