ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ルンバの開発者が画期的な単純労働ロボットを開発。日本の製造業は壊滅の危機?

 

 お掃除ロボット「ルンバ」を開発した米国のロボット技術者ロドニー・ブルックス氏が新たに開発した人型ロボット「バクスター」が大きな話題になっている。

 バクスターは、単純作業のみを行う人型ロボット。重量が75キロと軽く、価格はなんと2万2000ドル(約180万円)という驚きの安さだ。作業をロボットに覚えさせるためのプログラミングは不要で、一度人間が一緒に動かしてやれば、その通りの動きを再現してくれる。
 高速で複雑な動作は想定しておらず、簡単な単純作業を実施させることを念頭に開発が行われた。想定されるユーザーはズバリ中小企業。海外の安い労働力に仕事を奪われている中小企業でも、これだけ安価なロボットであれば、コスト的に対抗できるようになると見込んでいる。

 バクスターが注目されている理由はそれだけではない。バクスターを開発しているメーカーのリシンク・ロボティクス社が、その機能や外部とのインタフェースを積極的に公開するオープンな姿勢を示しているからだ。
 同社は、来年にもバクスターの開発ツールの提供を開始する予定。うまくいけば、リナックスのように世界の開発者が開発に参加し、思ってもみなかったような画期的な機能が次々に開発されていくかもしれない。

 バクスターの登場は製造業の世界に革命をもたらすと期待されている。だが日本にとってはあまりいい話ではないかもしれない。リシンク社とブルック氏はバクスターの成功を確信しているというが、意味もなく楽観的になっているわけではない。実は米国やドイツでは、すでに中小零細企業へのロボット導入がかなり進んでいるのだ。
 日本では産業用ロボットといういと、一台数億円という高価なもので、自動車メーカーなどの巨大産業が導入するものというイメージが強い。だが、米国やドイツでは、中小零細企業であっても、製品の向きを揃えたり、梱包したりという単純作業にロボットを投入しているケースが少なくない。このようなロボット導入の土壌があるところに、オープンで安価なロボットが登場すれば一気に普及する可能性が高いのだ。
 一方、日本の中小零細企業においてロボットを導入しているところは極めて少ない。さらに単純作業への導入となるとほとんど皆無と思われる。日本の中小企業は今に至ってもITの導入すら進んでいないところも多く、ましてや労働者の雇用を奪うロボットの導入には相当な抵抗を示すと考えられる。

 日本が導入を躊躇しているうちに、先進国や途上国までもが安価なロボットを導入してしまったら、日本の製造業は目も当てられなくなる。
 日本はロボット先進国といわれている。少なくとも今まではそうであった。だが結局今回も、仕組み作りのうまい海外メーカーにすべてを取られてしまうという、いつものパターンに終わってしまうのだろうか?

 - 社会, 経済, IT・科学

  関連記事

gpif201306
公的年金の運用方針見直し。ホンネは国債価格下落への対処

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は9月26日、11月の最終報告に向 …

doitsuginkou
ドイツ銀行の危機は、不良債権問題というより利ざやの縮小による収益悪化

 ドイツ銀行の経営破たん懸念が市場のムードを悪化させている。現実に同行が破たんす …

jihanki
病院にAED付きの自販機?追い込まれた自販機大国ニッポンの裏事情

 最近AED(自動対外式徐細動器)付きの自販機が急速に増えてきている。AEDとは …

factory01
米欧中で製造業の景況感改善がより鮮明に。米国依存の日本にとっては朗報

 米国政府の一時閉鎖問題によって世界経済が揺れているが、足元の景況感を示す指標は …

toppage
オバマ大統領夫人らの個人情報が流出!だが実際はあまり大した話ではなかった

 米連邦捜査局(FBI)は3月12日、ミシェル・オバマ大統領夫人やバイデン副大統 …

uh-x
防衛省ヘリ調達談合事件。「企画競争入札」というインチキ

 防衛省が発注した次期多用途ヘリコプターに関する不正疑惑で、東京地検特捜部は週明 …

nichibeikokki
米国の対日世論調査から考える、今後の対日感情の変化と中国の影響

 米国の調査機関であるピューリサーチセンターは2015年4月7日、日米の相互信頼 …

kiha183
JR北海道の連続列車火災事故。根本原因はかなり深刻との声も

 JR北海道の特急列車で連続して火災が発生した問題をうけて、JR北海道は事故車両 …

volcker
FRBの量的緩和縮小はいつか?インフレ退治の鬼ボルカー元議長は早期縮小を主張

 FRB(連邦準備制度理事会)の出口戦略をめぐって米国市場が困惑している。遠くな …

supakon
純中国製スパコンが1位との報道。すでに中国は6期連続1位だと知ってました?

 世界のスーパーコンピューターの計算速度ランキングである「TOP500」の最新結 …