ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

10年の1度の財務省大物次官である勝栄二郎氏がネット企業に再就職?

 

 財務省の勝栄二郎前事務次官がインターネット・プロバイダー大手の「インターネットイニシアティブ(IIJ)」に天下ったことが明らかとなった。11月19日付けで特別顧問に就任した。同社の鈴木幸一社長とは以前から親交があったという。

 勝氏は10年の1度の「大物次官」といわれた人物。消費税増税という財務省にとっては悲願の偉業を成し遂げた「功労者」である。政界への影響力も大きく、野田首相が財務省のいいなりだったことから、陰では「野田首相の上司」「影の首相」とまでいわれていた。
 そのような大物次官がIT企業に再就職するのは異例中の異例。そのままIIJに在籍し続けるとは考えにくく、本命の天下り先に転職するまでのバッファと思われる。

 かつて大蔵次官OBといえば、日銀総裁や東証理事長などトップのイスが当たり前のように用意されていた。だが最近は官僚の天下りに対する批判が高まっていることから、次官級の人材でも思うように次のポストが用意できないケースも多い。勝氏と同様、財務事務次官だった丹呉泰健氏は読売新聞グループ本社監査役、杉本和行氏はみずほ総研理事長という、以前では考えられないようなポストに甘んじている。
 10年の一度の大物次官とはいえ、歴代OBで現在のポストに不満を持っている人は多く、勝氏に対してすぐに大きなポストが用意されるかは未知数だ。

 一方、IIJの鈴木社長は能率協会のコンサルタント出身。インターネット・ビジネスの草分けともいえるIIJの社長を1994年からつとめており、日本のインターネット黎明期を支えた人物として有名。

一時は米国NASDAQに上場するなど飛ぶ鳥を落とす勢いで、日本の通信政策に対するご意見番的存在だった時期もある。だが最近では、インターネットが当たり前の時代となり、鈴木氏やIIJの存在はあまり目立たなくなっていた。
 鈴木氏は豪放磊落な性格で知られているが、IT業界には珍しい教養人としての側面も持ち合わせている。業界を超えた人的ネットワークがあり、勝氏を含め、官界に豊富な人脈があるのは不思議ではない。

 もっともIIJの顧客リストには、霞ヶ関の中央官庁がズラッと並んでいる。IIJの売り上げ規模はわずか1000億円であり、勝氏がIIJのために口利きをするとは思えないが、直接取引のある企業への天下りはあまり見栄えのよい光景ではない。また勝氏の招聘が、鈴木社長の個人的な名誉を満たすためであるとするなら、鈴木氏のこれまでの功績を考えると、かえって晩節を汚しているようにも見える。
 同社では勝氏招聘の理由として「多方面から意見を聞かせてもらえる人を求めていた」としている。

 - 政治, 経済, IT・科学

  関連記事

airasiajapan
エアアジアが今度は楽天と組んで日本に再参入。だがガラパゴスの打破は難しそう

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアが再び日本市場に参入する。全 …

sakuraikeireki
日銀審議委員の櫻井眞氏に経歴詐称疑惑。市場はどう判断するのか?

 日銀の政策委員会メンバーの経歴が問題視されている。金融政策の根幹を担う中央銀行 …

global01
相次ぐ海外大型買収は日本経済に大きなメリットをもたらす

 ソフトバンクによる米スプリント社の買収やサントリーによる米ビーム社の買収など、 …

ichimanen
内閣府が中長期財政試算を発表。前回試算よりも状況が改善している理由

 内閣府は2014年1月20日、経済財政に関する中長期の試算を公表した。国際公約 …

kyosantobakuha
中国共産党庁舎爆破事件。動揺が走るも中国の体制崩壊につながる可能性は低い

 中国北部の山西省太原市で11月6日、連続爆破事件が発生した。中国共産党省委員会 …

thatcher02
葬儀参列者に見る時代の流れ。サッチャリズムはすでに歴史の1ページ

 英国の元首相で4月8日に死去した故マーガレット・サッチャー氏の葬儀が4月17日 …

kuroda
黒田日銀総裁候補が衆院で所信。滑り出しとしては満点に近いか?

 日銀総裁候補の黒田東彦アジア開発銀行総裁は3月4日、衆院議院運営委員会での所信 …

girishashusho
ギリシャ側が完全敗北。EUが主張する構造改革案をほぼ100%受け入れへ

 ギリシャの金融支援をめぐり、ギリシャ側が提出していた構造改革案についてEU(欧 …

meti03
経済産業省がこのタイミングで国家統制色の強い法案を出してくる背景とは?

 政府が秋の臨時国会に提出する産業競争力強化法案は、政府主導でリストラやM&am …

takemi
有権者も世代交代?自民党のサラブレット武見敬三氏が山本太郎氏相手に苦戦のワケ

 盛り上がりに欠けた参院選は事前の予想通り、自民党の圧勝となった。衆議院で過半数 …