ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

世界の汚職調査ランキングが話題に。でもどうやって調べているのか?

 

 ドイツを本拠地する非政府組織(NGO)トランスペアレンシー・インターナショナルは5日、2012年の「汚職指数」を発表した。同指数は公共部門における汚職レベルを数値化、各国をランキングしたもの。1位(汚職が少ない)となったのはデンマーク、フィンランドで北欧諸国が上位にランキングされている。反対に最下位となったのは、北朝鮮、アフガニスタン、ソマリアの3国であった。日本は英国とならんで17位であった。

 同組織では、汚職レベルを1から100まで数値化し、汚職レベルを比較している。
 調査方法は各国の経営者などに電話や対面によるインタビューを行い、過酷の汚職度を評価するというもの。だが世界各国の経営者に対してこのような調査をするなど、大変が手間がかかるはずであり、すべての国を評価可能なのだろうか?という疑問も生じる。
 実は、同指数の算定にはこういった独自調査に加えて、国際機関などが行った他の12の調査結果も反映させている。一定のルールで各機関が行った調査結果を数値化、すべての結果を総合的に判定したものを最終的な指数としている。

 結果は一般的な印象をよく反映したものになっており、1位のデンマーク、フィンランドに加え、スウェーデン(3位)、ノルウェー(7位)、オランダ(9位)など欧州北部のゲルマン圏諸国、およびニュージーランド(同率1位)、オーストラリア(7位)、カナダ(9位)といった英連邦諸国でベスト10はほぼ独占されている。
 大国の中でのトップはドイツで13位。日本は英国や米国と並んでいて、先進国の中では平均的。フランスやスペイン、韓国などと比べるとはるかに上位に位置している。

 ただし、この調査はあくまで公務員の賄賂などに関するものであって、必ずも民主的な国家かという点は考慮に入れられていない。アジア圏で唯一ベスト10に入ったシンガポールは、公務員の腐敗は極めて少ないが、完全な独裁国家であり、合法的な公務員の特権待遇はすさまじいものがある。また中国は80位とかなり低いが、それでも133位のロシアと比べればかなり上位といえる。だが中国がロシアよりも特に民主的というわけではない。

 公務員の腐敗は、制度的な影響も大きいかもしれないが、国の豊かさと公務員の地位を反映しているともいえる。シンガポールは1人あたりのGDPが日本よりも高く豊かである。だが同国は民主国家ではないため公務員の地位は極めて高い。シンガポールの公務員はつまららない賄賂をもらう必要がないのだ。
 一方米国は、経済的には世界一だが、完全な民主国家であり公務員の地位が相対的に低い。年収も低く、末端の公務員で賄賂を要求する人は一定数存在する。思ったほどランク上がらないのはそのあたりに理由があると思われる。日本が比較的上位に入っているのは、民主化レベルが低く、公務員の相対的な地位が高いことが影響している可能性が高い。

 - 社会, 経済

  関連記事

joseiroudou
女性の賃金が過去最高を更新したのは、皮肉にも日本が貧しくなっているから

 厚生労働省は21日、賃金構造基本統計調査の結果を発表した。それによると、201 …

businessman02
中小企業にも賃上げの動き?だが実態は弱肉強食が露骨になっているだけだった

 安倍政権が企業に対して異例の賃上げ要請を行う中、中小企業でも賃上げの動きが見ら …

iot
IoTに関する産学官協議会が米国勢に合流。最悪のガラパゴスは回避したが・・・

 あらゆるモノをインターネットにつなげる「IoT」の分野において、日本勢が米国勢 …

chinacompany
経済援助型から企業M&Aへと変貌する中国の直接投資。日本はどう付き合う?

 これまで香港経由や途上国に偏重していた中国の直接投資が大きく変わろうとしている …

whitecolorexe
残業代ゼロ政策の導入が現実味。職種限定だが、年収制限はなくなる可能性も

 労働時間に関わらず賃金を一定にする、いわゆる残業代ゼロ政策の導入が現実味を帯び …

jinmingen
人民元のロンドン直取引を通じて英中が急接近。チベット問題は完全に封印?

 英国のキャメロン首相がチベットのダライ・ラマ14世と会談して以来冷え込んでいた …

houjinzei2014
法人減税をめぐって外形標準課税拡大の議論が政府税調でスタート

 法人税減税をめぐって、赤字法人への課税を強化するプランが浮上している。具体的に …

teinensaikoyou
定年後再雇用の賃金格差は違法との判決。司法判断定着なら、現役世代の年収が減少?

 定年退職後の再雇用において年収を引き下げることは違法だとする東京地裁の判決が下 …

itochu
伊藤忠が取り組む業務朝型化の本質は、フレックス制度の廃止にある

 伊藤忠商事は8月2日、社員の朝型化を目指して、勤務体系の見直しを行うと発表した …

nenkintecho
増やすも地獄、減らすも地獄。年金財政は袋小路に入りつつある

 年金制度改革が袋小路に入り込んでいる。年金の国庫負担増額のメドが立たないことか …