ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

赤プリに続いて旧長銀ビルも解体。不況の最中、新しいビルを次々と壊す異様な光景

 

 バブル崩壊の象徴であった旧長銀ビルが建て替えられることになった。日本政策投資銀行と不動産ファンド運営のケネディクス、東急不動産は6日、米モルガン・スタンレー系の不動産ファンドから旧日本長期信用銀行本店ビルを取得し、賃貸用のオフィスビルに建て替えると発表した。

 ファンドからは500億円で取得し、あたらに250億円を追加支出して、新しいビルを建設する。新しいビルは地下2階、地上20階、延床面積は約5万7500平方メートル。2017年に竣工する予定だという。

 旧長銀ビルは同行が破綻する直前に、巨額の資金を投じて建設したもの(写真右)。竣工は93年なので19年しか経っていない。まだピカピカの高層ビルを新たに建て替えるというプランに一部からは疑問の声も出ている。
 銀行の本店用に作られたビルは、間取りなどが特殊で一般的な賃貸オフィスビルには転用しにくいという事情もある。だがわざわざ新しいビルを建て替えるというプランが出てくる背景には、不動産くらいしか資金需要がないという日本経済の悲しい現実がある。

 日銀は次々と緩和策を実行し、資金を市場にジャブジャブと投じているが、そのマネーは企業の設備投資には回らない。硬直化し閉塞感漂う日本経済を前に企業が積極的に投資をしないからである。
 一方不動産は他の事業に比べればリスクが少ない。しかも都心に新しいビルを建設すれば、とりあえず築年の古いビルから顧客を奪うことができる。要するに安易で手っ取り早いビジネスなのだ。銀行はこれまで国債ばかり購入していたが、保有残高が急増し、これ以上国債を買えないレベルになりつつある。その代わりになるのが不動産というわけである。
 当然だが、新しいビルを作ったところで日本経済が活性化するわけではない。一部では不動産市場の回復を期待する声もあるが、マクロ的に見ればあまり影響はないだろう。

 優良な不動産があっけなく立て替えられるという事例はほかにもある。赤坂プリンスホテルは西部グループの経営体制の刷新に合わせ、ホテルとしての営業を終了、建物は取り壊され建て替えが進められている(写真左は取り壊し前の赤坂プリンスホテル新館)。
 だが同ホテル新館ビルの竣工は1983年であり高層ビルとしてはまだ新しい。しかも設計者は日本を代表する建築家である故丹下健三氏であり、文化財的価値の高い建造物でもあった(丹下氏の建築に対する好き嫌いはともかくとして)。
 同ビルはもともとオフィスビルへの転用も考慮されていたといわれており、安易な取り壊しに対する疑問の声も上がったが、大きな動きにはならなかった。

 欧州や米国では築100年のビルが当たり前のように利用されている。一般住宅も同様であり、米国では住宅購入において築年数を気にする人などほとんどいない。だが日本の建造物の寿命は極めて短く、作っては壊し、作っては壊しの連続である。いまだにハコモノに固執する貧しい途上国の精神構造から脱却できていない。
 しかもビルの建て替えには莫大な量の資源が必要であり、資源の効率的な利用という観点からも時代に逆行している。エコバックなどの運動も結構だが、こういったビルの建て替えを少し抑制するだけで、1億人分のビニール袋など一瞬で節約できてしまうだろう。「モッタイナイ」の向く方向が確実に間違っているのだ。

 不動産にしか資金が回らず、安易な建て替えが行われ、周辺の古いビルには空室ばかりが目立つ。都心には同じような真新しいビルが並ぶだけという空虚な光景は、まさに現代日本の象徴なのかもしれない。

 - 社会, 経済

  関連記事

doshakuzure
気象庁の特別警報を知るきっかけはテレビだけ。告知ルートの偏りが明らかに

 気象庁が「特別警報」の認知に関して実施したアンケート調査で興味深い結果が出てい …

kansha
公務員宿舎の家賃を2倍に値上げ。公務員たちのトンデモなホンネとは?

 政府は、これまで批判の声が大きかった国家公務員宿舎の家賃を2倍に引き上げる方針 …

mof03
軽減税率の財源をめぐる議論が活発化。外為特会という埋蔵金活用プランも

 国会の論戦がスタートしたことで、消費税10%への引き上げに伴って導入される軽減 …

kaikotokku
解雇特区は雇用政策というよりも、ベンチャーや外資の優遇策である

 安倍政権は成長戦略の目玉の一つである解雇特区の導入に向けて本格的な検討を開始し …

robotfunuc
ロボットが普及すると仕事が減るはずでは?経産省の試算がイメージと逆な理由

 ロボットや人工知能(AI)が普及すると仕事がなくなってしまうというのが一般的な …

facebookcom
フェイスブックが予想外の好決算。インスタグラムが貢献か?

 SNS最大手の米フェイスブックは2016年1月27日、2015年10~12月期 …

no image
オランダで失業保険受給者に無償労働を義務付け。オランダの福祉政策も限界に

 オランダのロッテルダムで、失業保険の給付条件に週1回の無償労働を加える政策が話 …

marugen
丸源ビルのオーナーが検察を徹底批判。死んだら全財産を国に寄贈の考えは変わったか?

 銀座などの歓楽街で「丸源ビル」を展開する不動産グループの経営者で、脱税容疑で逮 …

shoshutuchi
スイスに続いてドイツでも役員報酬制限の動き。背景にある株主主権という考え方

 欧州で企業経営者の高額報酬を制限する動きが活発になってきている。スイスでは今年 …

american02
アメリカン航空のトラブルは労働組合の自作自演の可能性が濃厚

 飛行機の座席が外れるトラブルが続出しているアメリカン航空だが、緊急着陸でフライ …