ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

とうとう宇宙工学もコモディティ化?米国で政府の宇宙開発をアウトソースする会社が登場

 

 宇宙開発企業である米GoldenSpike社は6日、月への有人宇宙飛行事業を行うとを発表した。2020年をメドに2名の宇宙飛行士を月に送り、月面探査を実施するという。同社は宇宙飛行のプロジェクトをすべて営利目的の事業として実施することを想定しており、1回の費用について約15億ドル(約1200億円)と見積もっている。

 同社はNASA(米航空宇宙局)の科学ミッション局の責任者をつとめていたアラン・スターン氏らが設立した民間宇宙開発企業。シリコンバレーの著名な女性評論家で投資家でもあるエスター・ダイソン氏やかつて大統領候補でもあったニュート・キングリッジ氏などが参画している。

 同社の最大の特徴は、主な顧客として各国政府を想定しているということ。これまで民間の宇宙旅行会社は数多く設立されてきたが、そのほとんどが個人の富裕層を対象にした宇宙旅行サービスの会社であった。地球の周回軌道上での飛行を想定しており、コスト面の課題はともかくとして、技術的には容易に実現できるレベルのサービスといえる。
 だが同社は政府の宇宙開発ミッションのアウトソーシングというまったく新しいコンセプトを打ち出している。同社のスターンCEOによると、すでに中国などいくつかの政府と非公式に交渉を始めているという。

 このような企業の登場は、人類の宇宙開発が新しいステージに入ったことを意味している。これまでの宇宙開発は、国家がその威信をかけて行うものであり、コストを気にせず実施されてきた。
 だが先進国にとってもはや宇宙開発は当たり前の存在となり、徐々に中国、韓国、インドなど途上国が積極的に行うものに変わりつつある。一方で、宇宙での資源開発や素材開発など産業に役立つためのプロジェクトを実施するためには、現在のコスト水準では話にならず、革新的なコスト削減技術が求められている。要するに宇宙開発がコモディティ化してきたのである。

 同社では月への有人宇宙飛行を実現するには、80億ドル(約6500億円)程度の開発費が必要としている。だが一部の専門家からは、その金額では実現不可能ではないかとの声も出ており、事業が軌道に乗るのかは未知数だ。
 だがこれまで国家が独占してきた宇宙開発事業をアウトソースできる会社が出てきた意味は大きい。これまで多くのテクノロジーのコモディティ化が進んできたが、宇宙工学はその最後のフロンティアであるともいえる。同社の事業が軌道に乗った場合には、日本の宇宙開発プロジェクトにも少なからず影響を与えることになるだろう。

 - 社会, 経済

  関連記事

joseiroudou
女性の賃金が過去最高を更新したのは、皮肉にも日本が貧しくなっているから

 厚生労働省は21日、賃金構造基本統計調査の結果を発表した。それによると、201 …

kizui
ジャガーランドローバーと奇瑞汽車が合弁。中国が外資の取り込みを活発化

 英国の高級車メーカーであるジャガー・ランドローバーと中国の奇瑞汽車は21日、中 …

kiseikaikaku
形骸化が進む規制改革会議。唯一の目玉だった牛乳についても先送り

 政府の規制改革会議は2016年5月19日、規制改革に関する第4次答申の結果をま …

mynumberseido
マインナンバーを持てない海外赴任者は、日本にある自分の口座に送金できない?

 マイナンバー制度のスタートに伴って、海外居住者が日本国内の自分の口座に送金でき …

kokuritsukyogijo
創造か破壊か?新国立競技場のあまりの奇抜さと巨大さに各方面から異論噴出

 2020年の東京オリンピック開催が正式決定したことで、メイン会場となる新国立競 …

abesingapore
大企業は実は法人税をあまり払っていない!安倍首相の法人減税見直し指示に異論

 安倍首相が法人税の引き下げを検討するよう関係府省に指示したとの報道が話題となっ …

amari
概算要求への牽制?甘利氏が、社会保障費の自然増も聖域にすべきではないとコメント

 甘利経済財政相は2014年7月15日、来年度予算の概算要求に関し、社会保障費に …

no image
ドイツでは東欧やアジアなど外国の格安介護施設が大人気

 日本と同じく高齢化が進むドイツで、物価の安い東欧諸国やアジアの介護施設に入居す …

hayashi
待機児童ゼロを実現した横浜方式は「方法論」ではなく「決断」。

 横浜市が「保育所に入れない待機児童をゼロにする」目標を達成したことで、「横浜方 …

winepod
ロボット化もここまで来た。高級ワインを家庭で醸造できるマシンが米国で話題

 米国で自家製ワイン製造装置がちょっとした話題になっている。自家製ワインの醸造が …