ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

とうとう宇宙工学もコモディティ化?米国で政府の宇宙開発をアウトソースする会社が登場

 

 宇宙開発企業である米GoldenSpike社は6日、月への有人宇宙飛行事業を行うとを発表した。2020年をメドに2名の宇宙飛行士を月に送り、月面探査を実施するという。同社は宇宙飛行のプロジェクトをすべて営利目的の事業として実施することを想定しており、1回の費用について約15億ドル(約1200億円)と見積もっている。

 同社はNASA(米航空宇宙局)の科学ミッション局の責任者をつとめていたアラン・スターン氏らが設立した民間宇宙開発企業。シリコンバレーの著名な女性評論家で投資家でもあるエスター・ダイソン氏やかつて大統領候補でもあったニュート・キングリッジ氏などが参画している。

 同社の最大の特徴は、主な顧客として各国政府を想定しているということ。これまで民間の宇宙旅行会社は数多く設立されてきたが、そのほとんどが個人の富裕層を対象にした宇宙旅行サービスの会社であった。地球の周回軌道上での飛行を想定しており、コスト面の課題はともかくとして、技術的には容易に実現できるレベルのサービスといえる。
 だが同社は政府の宇宙開発ミッションのアウトソーシングというまったく新しいコンセプトを打ち出している。同社のスターンCEOによると、すでに中国などいくつかの政府と非公式に交渉を始めているという。

 このような企業の登場は、人類の宇宙開発が新しいステージに入ったことを意味している。これまでの宇宙開発は、国家がその威信をかけて行うものであり、コストを気にせず実施されてきた。
 だが先進国にとってもはや宇宙開発は当たり前の存在となり、徐々に中国、韓国、インドなど途上国が積極的に行うものに変わりつつある。一方で、宇宙での資源開発や素材開発など産業に役立つためのプロジェクトを実施するためには、現在のコスト水準では話にならず、革新的なコスト削減技術が求められている。要するに宇宙開発がコモディティ化してきたのである。

 同社では月への有人宇宙飛行を実現するには、80億ドル(約6500億円)程度の開発費が必要としている。だが一部の専門家からは、その金額では実現不可能ではないかとの声も出ており、事業が軌道に乗るのかは未知数だ。
 だがこれまで国家が独占してきた宇宙開発事業をアウトソースできる会社が出てきた意味は大きい。これまで多くのテクノロジーのコモディティ化が進んできたが、宇宙工学はその最後のフロンティアであるともいえる。同社の事業が軌道に乗った場合には、日本の宇宙開発プロジェクトにも少なからず影響を与えることになるだろう。

 - 社会, 経済

  関連記事

pwr
原発再稼動が進み始めているが、三菱重工と日立の原発事業統合はどうなる?

 安倍政権が原発再稼動に向け着々と布石を打っていることから、電力システム部門の統 …

toshibassd
東芝がメモリー事業分離を決定。だが、市場の注目はすでに次の売却事業へ

 米国の原子力事業で多額の損失を抱える東芝が、メモリー事業の分社化を決断した。し …

feisubukkugamen
先進国でしか稼げないフェイスブック。今後どれだけ拡大できるか?

 SNS最大手の米フェイスブックは2015年1月28日、2014年10~12月期 …

putinkuremia
思いのほか苦境にあるロシア。今回の一連の外交はいわゆる「弱者の戦略」

 ロシアによるクリミア併合プロセスが着々と進んでいる。表面的には軍事力を前面に押 …

sugaku
OECDの学力調査。ゆとり教育見直しの結果、順位は上昇したが・・・・

  OECD(経済協力開発機構)は12月3日、世界65カ国(地域)を対象とした2 …

ieren201409
FRBが年内の資産縮小開始を表明。米国の量的緩和策は完全終了フェーズへ

 FRB(連邦準備制度理事会)が市場の予想通り、再利上げと年内の資産圧縮開始を決 …

monhiru
公的年金の損失5兆円は株価を考えれば妥当だが、本当にリスク運用でいいのか?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年7月2 …

sharp
綱渡り経営が続くシャープの決算。すべては銀行の方針次第

 経営再建中のシャープは5月14日、2013年3月期の決算を発表した。売上高は前 …

ieren03
FRBが予定通り追加利上げを決断。内容は想像以上にタカ派で、すでに金融引き締めに転換?

 大方の予想通り、FRB(連邦準備制度理事会)が追加利上げを決定した。ただ内容は …

murakami
今年もノーベル賞を逃した村上春樹って、そんなにスゴイ作家なの?

 毎年ノーベル文学賞の最有力候補といわれながら、今年も受賞を逃した作家の村上春樹 …