ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

とうとう宇宙工学もコモディティ化?米国で政府の宇宙開発をアウトソースする会社が登場

 

 宇宙開発企業である米GoldenSpike社は6日、月への有人宇宙飛行事業を行うとを発表した。2020年をメドに2名の宇宙飛行士を月に送り、月面探査を実施するという。同社は宇宙飛行のプロジェクトをすべて営利目的の事業として実施することを想定しており、1回の費用について約15億ドル(約1200億円)と見積もっている。

 同社はNASA(米航空宇宙局)の科学ミッション局の責任者をつとめていたアラン・スターン氏らが設立した民間宇宙開発企業。シリコンバレーの著名な女性評論家で投資家でもあるエスター・ダイソン氏やかつて大統領候補でもあったニュート・キングリッジ氏などが参画している。

 同社の最大の特徴は、主な顧客として各国政府を想定しているということ。これまで民間の宇宙旅行会社は数多く設立されてきたが、そのほとんどが個人の富裕層を対象にした宇宙旅行サービスの会社であった。地球の周回軌道上での飛行を想定しており、コスト面の課題はともかくとして、技術的には容易に実現できるレベルのサービスといえる。
 だが同社は政府の宇宙開発ミッションのアウトソーシングというまったく新しいコンセプトを打ち出している。同社のスターンCEOによると、すでに中国などいくつかの政府と非公式に交渉を始めているという。

 このような企業の登場は、人類の宇宙開発が新しいステージに入ったことを意味している。これまでの宇宙開発は、国家がその威信をかけて行うものであり、コストを気にせず実施されてきた。
 だが先進国にとってもはや宇宙開発は当たり前の存在となり、徐々に中国、韓国、インドなど途上国が積極的に行うものに変わりつつある。一方で、宇宙での資源開発や素材開発など産業に役立つためのプロジェクトを実施するためには、現在のコスト水準では話にならず、革新的なコスト削減技術が求められている。要するに宇宙開発がコモディティ化してきたのである。

 同社では月への有人宇宙飛行を実現するには、80億ドル(約6500億円)程度の開発費が必要としている。だが一部の専門家からは、その金額では実現不可能ではないかとの声も出ており、事業が軌道に乗るのかは未知数だ。
 だがこれまで国家が独占してきた宇宙開発事業をアウトソースできる会社が出てきた意味は大きい。これまで多くのテクノロジーのコモディティ化が進んできたが、宇宙工学はその最後のフロンティアであるともいえる。同社の事業が軌道に乗った場合には、日本の宇宙開発プロジェクトにも少なからず影響を与えることになるだろう。

 - 社会, 経済

  関連記事

no image
日銀が追加緩和を決定。だが米欧のブッ飛び金融政策にはまったく追いつけず

 日銀は9月19日の金融政策決定会合で、資産買い入れ基金の規模を10兆円増額し、 …

ieren03
6月のFOMC、年内利上げは変わらずも時期は明言せず。不安要因は過度なドル高

 FRB(連邦準備制度理事会)は2015年6月17日、FOMC(連邦公開市場委員 …

no image
渋谷にオープンした女性専用バーが海外メディアで話題に

 渋谷に7月にオープンした女性専用バーが米国の複数メディアで紹介されちょっとした …

no image
銃撃で死亡した山本美香氏。ビデオジャーナリストの実態はTV局の下請労働者

 内戦が続くシリアで日本人ジャーナリストの山本美香氏が銃撃を受けて死亡した。勇気 …

seveneleven
セブンが600億円の減損。旧体制における「負の遺産」整理に着手

 セブン&アイ・ホールディングスは2016年10月6日、2016年3~8月期(半 …

bukkajoushou
デフレ脱却が鮮明になってきた7月の消費者物価指数。だが内実は輸入インフレ?

 総務省は8月30日、7月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

kuroda02
黒田日銀総裁が、現在の政府債務は持続不可能と財務官僚らしい発言。その背景とは?

 日銀の黒田総裁は3月28日、参院財政金融委員会において、「政府債務のGDP費が …

nyse03
ダウがとうとう1万7000ドルの大台を突破。今後は利上げをにらんだ駆け引きに

 ダウ平均株価が2014年7月3日、とうとう1万7000ドルの大台を突破した。同 …

doseikon
仏で大規模な同性婚反対デモが発生。その活動は世代間闘争の様相を呈してきている

 フランスの上院は4月12日、同性婚を認める法案を賛成多数で可決した。2月には下 …

kyuyomeisai02
春闘を控えベア抑制の動き。個人消費には逆風で、GDPへの悪影響は必至

 春闘の季節が近づいているが、ベースアップを抑制する動きが出てきている。各社には …