ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

不況なのに家賃高騰?経済が低迷しつつある韓国で奇妙な現象が発生する理由とは?

 

 経済成長が鈍化しているにも関わらず、家賃が急騰するという奇妙が現象が韓国で起こっている。

 韓国はサムスンなど特定の大企業が経済を牽引する形で高い経済成長を実現してきた。だがウォン安が逆転し始めたことや中国向けの輸出が減少したことなどにより、足元の景気には黄色信号が点灯し始めている。本来は景気が低迷すればデフレとなり、物価は安くなるはずである。だが韓国では住宅の賃料が高騰し、庶民の生活を圧迫、大きな社会問題になっているのだ。

 なぜそのようなことが起きるのかというと、韓国独特の不動産賃貸方式である「伝貰」というシステムが機能不全を起こし始めているから。

 不動産を借りる場合、一定の敷金を支払った上で、月々の家賃を家主に支払う方式が一般的だ。これは日本でも米国でも基本的な仕組みはほぼ同じである。だが韓国ではこの方式は一般的ではない。家の借主は、大家に対して不動産価格の半額程度の金額を一括で支払い、その代わり入居中は家賃を支払わず、退去時に全額を返却してもらうという「伝貰」という方式が広く普及している。

 例えば、購入すれば1000万円になるアパートに入居する場合には、毎月の家賃を支払う代わりに500万円程度の資金をアパートを借りる側が用意する。そして退去時に全額を返金してもらう。日本で同じような物件を借りる場合には、毎月の3万~5万円程度の家賃を支払うのが一般的だ。
 これでは貸主がまったく儲からないように見えるがそうではない。貸主は借主から得たお金を別の商品で運用したり、次の物件購入に回すことで利益を得てきたのである。日本と同様、韓国にも不動産神話というものがあり、不動産価格は値上がりを続けてきた。家賃を取らなくても、値上がり分で回収することができたのである。
 こうした一風変わったシステムが普及する背景には、韓国における国内経済の貧弱さがある。韓国経済には余剰資金が少なく、不動産に対する金融システムが整備されていない。不動産の所有者にとってはこのような慣習がないと、次の不動産を買う資金を調達することができないのである(日本にも終戦直後の貧しい時期には似たようなシステムが存在した)。
 一方、住宅を借りる側にもメリットがあった。一括の資金さえ用意できれば事実上タダで家を借りることができる(韓国はインフレが激しかったため、インフレ分が事実上の家賃となる)。低所得者が多い韓国の実情を考えると、合理的な選択であった。

 だが最近の景気低迷と低金利でこのシステムが機能しなくなっている。大家の側が、資金運用や次の不動産購入で稼ぐことができず、前払いの金額を軒並み値上げしているのである。伝貰の相場は3割~4割も上昇したといわれており、この金額を用意できず、家を借りられない人も出てきている。
 経済的な面に加えて、社会的な側面から問題を指摘する専門家もいる。家を借りるためにはまとまったお金が必要なわけだが、低所得者にその能力はない。どうしても親類や知人など俗人的な関係を頼りに資金を調達することになるため、閉鎖的なムラ社会から脱却できないのである。ヤミ金などの非合法金融が跋扈する土壌ともなっている。

 一部の財閥企業の躍進とは裏腹に、韓国の庶民はかなりの生活苦を強いられている。現在はだいぶ改善されてきているものの、日本においても不透明な不動産取引制度や大企業の社員ばかりを優遇する社会システムなど、韓国社会との類似性は数多く見られる。日本には過去の貿易黒字を背景にした豊富な資本蓄積があり、お金で問題が解決できているので、韓国のような状況に陥っていないだけだ。

 韓国はもちろんのこと、日本においても、欧州や米国のようなレベルで個人の権利が保護されるまでには、まだかなりの時間がかかるのかもしれない。

 - 政治, 社会, 経済

  関連記事

tpphawai
TPPは最終合意に至らず閉幕。今後の政治日程は極めて厳しい

 環太平パートナーシップ協定(TPP)閣僚会合は2015年7月31日、最終合意に …

sharp
シャープがLIXILなどに出資要請との報道。シャープペンシルの時代に逆戻り?

 経営再建中のシャープが、複数の事業会社に対して出資要請を検討していることが明ら …

merkeru
頑固なオバチャンのメルケル首相。そのルーツは東ドイツとサッカーにあり?

 18日からブリュッセルで開催されている、EU首脳会議で独メルケル首相と仏オラン …

nichigin04
家計の金融資産は過去最高。だがその恩恵のほとんどは以前からの株式所有者?

 日銀は2014年12月18日、2014年7~9月期の資金循環統計を発表した。9 …

building2014
4~6月期の法人企業統計。設備投資は冴えず、従業員数も減少

 財務省は2014年9月1日、4~6月期の法人企業統計を発表した。全産業(金融・ …

tokyowan
企業の設備投資予定額が大幅増。だが公共事業の影響も大きく継続性があるかは不明

 日本政策投資銀行は8月5日、2013年度の設備投資計画に関する調査結果を発表し …

businessman04
労働者の賃金がさらに減少。賃上げ実施後もあまり期待できない理由とは?

 厚生労働省は2014年2月20日、2013年賃金構造基本統計調査の結果を発表し …

bukkajoushou
梅雨明けを迎え、金融政策も夏休みモード。重大な決断は秋以降にやって来る

 総務省は2014年7月25日、6月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

shukinpei
中国の新しいリーダー習近平氏は何者なのか?謎に満ちたその人物像に迫る

 中国共産党の新しい指導者となる習近平氏はどのような政治家なのか?中国の指導者は …

abe20130901
秋にまとまる一連の成長戦略パッケージは、事実上の計画経済へのシフト?

 秋の臨時国会に提出が予定されている産業競争力強化法案など、一連の成長戦略パッケ …