ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ホンハイやエアアジアなどが相次いで進出。インドネシアは第二の中国に

 

 人件費の高騰や工場での暴動、領有権問題など、いわゆる中国リスクを避けるため、ASEAN諸国に再び注目が集まっている。とりわけインドネシアは第二の中国として脚光を浴びている。

 台湾の電子機器大手である鴻海(ホンハイ)精密工業は、インドネシアに大規模な工場を建設する。約10億ドル(約820億円)を投資し、同国で100万人の雇用機会を創出する。インドネシア政府は同社のインドネシア進出を後押しするため、原材料輸入の免税をはじめとする各種優遇政策の適用を検討している。

 同社はアップルやデルといった企業から生産を受託しており、特にアップルのiPhoneやiPadの生産を一手に引き受けていることで有名。顧客企業からの価格要求は厳しく、中国での賃金が高騰していることから、よりコストの安い地域での生産を模索していた。
 だが同社の工場の生産規模はケタはずれに大きく、ひとつの工場で20万人から50万人もの従業員を雇用している。中国より人件費が安く、かつ一定水準の労働力を大量に動員できる国は実はそう多くない。
 そこで同社が目をつけたのがインドネシアである。インドネシアは人口が2億4000万人とアジアの中でもかなりの大国。しかも労働者の人件費は中国の6割程度と安い。石油資源を背景に経済は好調であり、6%成長が続いている。同社はインドネシアでの生産が軌道にのれば、同国の主力生産拠点のひとつとして位置づけたい考えだ。

 インドネシアは生産拠点として注目されているだけではない。ASEANの中心としての役割も期待され始めている。

 マレーシアに拠点を置く格安航空会社(LCC)のエアアジアは、インドネシアの航空会社であるバタビア航空を買収した。さらにインドネシアの首都ジャカルタに、エアアジアのASEAN地域業務を統括する新オフィスも設置した。
 同社はアジア全域での包括的な航空事業を構想しており、その拠点としてインドネシアのジャカルタを選択した。同社の創業者でCEOのトニー・フェルナンデス氏自身が、マレーシアからジャカルタに移住するという力の入れようだ。

 ASEAN各国は一時期、新興国経済の中心として脚光を浴びた時代があったが、中国の台頭でその印象が薄れていた。日本とインドネシアは原油取引をめぐって比較的良好な関係にある。インドネシアの存在感が高まってくれば、日本にとってはメリットが大きいだろう。

 - 政治, 経済

  関連記事

frbzerokinri
FRBがとうとう利上げを決定。米国経済は非常事態から完全に脱却

 FRB(連邦準備制度理事会)がとうとう政策金利の引き上げを決定した。米国の金融 …

tokyotower
デフレにも関わらず東京の物価は世界1位。改革を先送りしたツケは大きい

 英経済誌エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット( …

dentaku
家計の金融資産は1798万円で過去最高を更新。引き続き株高が貢献

 総務省は2015年5月19日、2014年における家計調査の結果を発表した。1世 …

koumuinshukusha
公務員宿舎の賃料アップは当初予定の2倍から1.5倍に後退。その理由は?

 財務省は、民間より割安だと批判されている国家公務員宿舎の家賃について、全体の値 …

tokyotower
経常収支が3ヶ月連続赤字。最後の頼みは直接投資増加だが、円安という大敵が・・・

 財務省は3月8日、1月の国際収支を発表した。経常収支は3648億円の赤字で、経 …

kousakukiki
7月の機械受注は横ばい。設備投資が本当に回復しているのかはまだ確認できない状況

 内閣府は9月12日、7月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資 …

sonyhirai
米投資ファンドがソニーに分社化を要求。グローバルカンパニーならではのプレッシャー

 米国の投資ファンドであるサード・ポイントは、5月14日、ソニーの平井社長と面談 …

trumpchina
米中首脳会談は表面的には穏やかに終了。貿易不均衡をめぐる交渉は長期戦に

 注目されていた米中首脳会談は表面上は穏やかに終了した。トランプ政権は貿易不均衡 …

ieren02
米国で3月利上げの可能性が急上昇。2017年は緩やかな金利上昇とドル高継続か?

 これまで見送りとの公算が高かった3月利上げが急速に現実化してきた。FRB(連邦 …

toshibakojo
東芝の債務超過が確定。だが、この期に及んでも正式な決算は発表できず

 東芝が債務超過に陥っていることがほぼ確定的な状況となった。唯一の大型収益事業で …