ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

「いじめ」に関して事件化するケースが増加。だが「いじめ」がなくならない本当の理由

 

 いわゆる「いじめ」問題への対策として、加害者が何らかの罪状で逮捕されるケースが増えてきている。
 大阪府警少年課は10日、大阪府貝塚市で定時制高校1年の川岸朋之さん(当時18)が自殺した問題で、川岸さんらにひったくりを強要させたとして川岸さんの元同級生の少年(19)を窃盗教唆容疑で逮捕した。
 神奈川県警相模原署は、同級生の男子生徒(15)の顔を殴り鼻の骨を折ったとして、傷害の疑いで、中学3年の少年(15)を逮捕した。少年は男子生徒に対して日常的にいじめを繰り返していたという。
 また、宮城県警仙台東署は10日、仙台市内の私立高校の元男子生徒(16)に「根性焼き」と称してタバコの火を押し付けたとして、傷害容疑で同校の元生徒2人を書類送検した。

 これまで野放図にされてきた「いじめ」に対して、刑事事件となる事例が増えてくれば、一定の抑制効果が出てくることは間違いないだろう。だが一方でこのことは、警察が刑事事件として摘発しなければ、いじめを減らすことができないという日本の教育現場のすさんだ実態を浮き彫りにしている。

 そもそも「いじめ」という言葉が存在すること自体が問題の解決を回避している。窃盗を万引きと言い換えるのと同じ構図といえるだろう。

 「いじめ」は良くない、あるいは多少の「いじめ」はやむを得ないというような論争をよく聞くが、そもそも「いじめ」という行為には、暴行、傷害、犯罪教唆、恐喝などの犯罪が伴っている。警察沙汰にならないまでも、民事における損害賠償の対象となる事案ばかりである。いじめ自体が良い悪い以前に、こういった犯罪行為、不法行為が無視されてきたことの方がよほど恐ろしい。

 日本は工業化には成功したが、社会的には十分な近代化のプロセスを経ないまま現在に至っており、地域社会や学校、職場では以前として前近代的なムラ社会が形勢されている。
 本物の近代社会ではまずルールありきとなるが、ムラ社会ではそうはならない。明文化されたルールはなく、その場の雰囲気でものごとが決まる。アンフェアな行為をした人ではなく、それについて問題提起をした人の方が、秩序を乱したといって村八分にされるケースが圧倒的に多い。結果として、暴力やそれに類するを行使して強い立場に立った人が局地ボスとして君臨するという社会形態となる。

 大人の社会でも子供の社会でも基本的な構図は変わらない。子供の社会で唯一それを変革する権限を与えられているは教師なのだが、教師には保身のことしか頭にないようだ。
 タバコの火を押し付けた宮城県のケースでは、こともあろうに加害者ではなく、被害者の生徒に対して「根性焼きの痕が他の生徒を動揺させる」として退学処分を下している。加害者ではなく被害者が処罰されるムラ社会の典型的なパターンといえるだろう。加害者生徒の犯罪とは関係なく、学校側の行為自体がそもそも責任を追及されてしかるべきものである。だが被害者生徒が自殺し、大騒ぎにならなければ、学校側を訴えたとしても、その訴えは通らず、逆に被害者生徒の父母は村八分にあっていたのではないだろうか?

 つまり、加害者も傍観者もそして教員も(場合によっては警察官も)、ルールにもとづかないムラ社会を維持するための構成要員として積極的な役割を果たしている。要するに皆グルというわけである。ムラ社会から脱却するためには、個人主義を確立し、自分の行為はすべて自分で責任を持つという別な意味での冷徹さが必要となる。ムラ社会の住人の多くがそれを望んでいない。
 警察が部分的に摘発を行ったところで、ムラ社会の構成要員の多くが、体制の改革を望んでいないなら、いわゆる「いじめ」問題がなくなることは決してないだろう。

 - 社会

  関連記事

wakamono
2000年を境に若者の意識は急激に変化した。厚労白書が示す日本社会の本質的転換点

 若者の意識は社会の変化を敏感に反映するといわれている。最新の厚生労働白書を見る …

3dprintergun
米国の学生グループが、3Dプリンタを使って自宅で製造できる銃を公開

 テキサス大学ロースクール(法科大学院)の学生を中心とした3Dプリンターによる銃 …

yarigai
日本人の仕事に対する満足度が低いという調査結果をどう見る?

 ビジネスマン向けSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)大手の米リンク …

kyouin
心の病で休職する教員は民間企業の倍近く。教師の適性に問題があるのでは?

 文部科学省は24日、2011年度において心の病で休職した教員は5274人だった …

piketishasin
ピケティが主張する資産格差拡大は日本でも発生しているのか?

 フランスの経済学者トマ・ピケティが話題となっている。ピケティの著作である「21 …

sitsugyou02
米国の雇用は急回復。焦点は長期失業者対策にシフトしつつある

 米労働省は12月6日、11月の雇用統計を発表した。代表的な項目である非農業部門 …

saitamaken
埼玉県がいじめ情報収集サイトを開設。完全に問題をすり替えた愚策。

 埼玉県教育局は、学校でのいじめを見聞きした児童生徒がその情報を提供するための携 …

kodomohinkon
子供の貧困対策。広告宣伝費に税金2億円をバラ撒き、集まった寄付はわずか2000万円

 子どもの貧困対策として政府が設立した基金が、予想通り、本末転倒な状態となってい …

zangyou
米国人は仕事中毒?休暇中もノートパソコンを叩く人が増加中

 米国では休暇先にパソコンを持ち込み、仕事をする人が増えているという。日本では残 …

no image
日本の英語力は世界22番目でラテン諸国と同レベル。モノ作り大国ゲルマンとの差が際立つ

 教育大手EF Education First社が発表している2012年の世界英 …