ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米議会が尖閣諸島を安保対象とする法案を可決。だが日本にとっては大したメリットはない

 

 米上院は4日、本会議において、2013年度(2012年10月~13年9月)国防権限法を可決した。同法には、沖縄県・尖閣諸島を日米安全保障条約の適用対象とすることを明記した条項が盛り込まれており、米国側は尖閣諸島に関する見解をあらためて表明したことになる。

 日本側にとっては、米国が尖閣諸島問題について一定の支持を表明したことになり、とりあえずは歓迎すべきことといえる。一方の中国側は「米国は、領土紛争に介入しないという発言を守り、自己矛盾的な誤ったシグナルを送らないことを希望する」(中国外交部の洪磊報道官)として同法案の可決に反発している。
 だが同法案が可決したことで、尖閣諸島の領有権問題は軍事力の行使を伴わない政治レベルにおいては、ほぼ着地点が見えてしまった格好となったのも事実だ。

 米議会が可決した国防授権法では、尖閣諸島問題について米国政府が表明してきた見解を完全に踏襲しており、目新しい点はない。つまり、今回の議決は、政府だけでなく議会においても、尖閣問題に対する米国のスタンスが明確になったことを意味している(米国では戦争をする最終的な権利は議会にあると解釈されており、法案に盛り込まれることは極めて重要)。
 尖閣諸島問題における米国の従来からのスタンスとは「米国は尖閣諸島における日本の行政権を認め、日米安保の適用範囲とするが、領有権に関しては立場を明らかにしない」というものである。

 ニクソン政権当時のロジャース国務長官は、「沖縄返還協定が尖閣諸島の領有権にどのような影響を与えるか」という議会からの質問に対し、 「島の法的地位には全く影響を与えない」(this treaty does not affect the legal status of those islands at all)と答弁しており、日本の領有権を担保していない。
 一方でロジャース国務長官は、沖縄返還協定に尖閣諸島が含まれることも明言 しており(the terms and conditions for the reversion of the Ryukyu Islands, including the Senkakus)、これによって日本が行政権を保有することも明確にしている。
 議会はこの答弁をもとに尖閣諸島問題について過去2回にわたって報告書を作成しており、今回の法案にも同様の内容が盛り込まれた。要するに尖閣諸島に対する日本の行政権については認めるが、根本的な所有権については言及しないというわけである。

 日本はこれまで「領土問題は存在しない」との立場を貫いてきたが、中国側の強硬姿勢によって、事実上領土問題の存在を認めざるを得ない状況に追い込まれている。米国からのメッセージは日本の行政権の保有までであり、領有権について米国から援護射撃が得られることはない。もし米側の姿勢が日中両国の落としどころになるとすると、日本は「領土問題が存在しない」という立場から「領土問題はあるが、とりあえず実効支配している」というレベルに後退しただけということになる。

 一見歓迎すべき事態に思える米国の法案可決だが、「領土問題が存在する」という外堀は完全に埋められたといってよい。

 - 政治

  関連記事

abeicshiba201409
地方創世の具体策検討開始。だが基本戦略でコンセンサスは得られているのか?

 政府は2014年9月19日、地方創世について有識者の意見を集める「まち・ひと・ …

jutakuchuko
既存の住宅インフラを活用する動きが活発化。試される成熟国家「ニッポン」

 既存の住宅インフラを活用する動きが活発になっている。日本はすでに成熟型経済に移 …

putin02
プーチン大統領が離婚をカミングアウト。世界的に進む権力者の透明化

 ロシアのプーチン大統領がリュドミラ夫人と離婚したことを明らかにし、大きな話題と …

shirakawae
前原大臣が白川総裁とガチンコ対決。日銀はいつまで粘れるか?

 本日(5日)開催されている日銀の金融政策決定会合に、前原誠司経済財政相が出席し …

eikokulondon
市場は過剰反応?英国のEU離脱が決議されても、現実はそう簡単には進まない

 英国のEU(欧州連合)残留を問う国民投票が23日に迫っているが、最新の世論調査 …

yakuinousetsu
日本企業の経営環境が激変?金融庁と東証がまとめた統治指針案のインパクト

 金融庁と東京証券取引所は、上場企業に少なくとも2名以上の社外取締役の設置を求め …

no image
自民総裁選。谷垣総裁はポイ捨てされ、石原幹事長が優勢か?

 9月26日に投票を控えた自民党の総裁選。再選を目指す谷垣禎一総裁は、出身派閥の …

tanakashuonrai
北朝鮮特使との会談でも実施された、相手を翻弄させる中国の外交テクニック。

 北朝鮮の金正恩第1書記の特使として中国を訪問した朝鮮人民軍総政治局長の崔竜海氏 …

jinkousuikei
50年後の人口は何と8800万人に。政府が掲げる1億人維持など到底不可能

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は2017年4月10日、「将来推計人口 …

benedict16
存命中の退位は700年ぶり。ローマ法王ベネディクト16世、突如退位の謎

 バチカン(ローマ法王庁)は11日、ローマ法王ベネディクト16世が高齢を理由に退 …