ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米議会が尖閣諸島を安保対象とする法案を可決。だが日本にとっては大したメリットはない

 

 米上院は4日、本会議において、2013年度(2012年10月~13年9月)国防権限法を可決した。同法には、沖縄県・尖閣諸島を日米安全保障条約の適用対象とすることを明記した条項が盛り込まれており、米国側は尖閣諸島に関する見解をあらためて表明したことになる。

 日本側にとっては、米国が尖閣諸島問題について一定の支持を表明したことになり、とりあえずは歓迎すべきことといえる。一方の中国側は「米国は、領土紛争に介入しないという発言を守り、自己矛盾的な誤ったシグナルを送らないことを希望する」(中国外交部の洪磊報道官)として同法案の可決に反発している。
 だが同法案が可決したことで、尖閣諸島の領有権問題は軍事力の行使を伴わない政治レベルにおいては、ほぼ着地点が見えてしまった格好となったのも事実だ。

 米議会が可決した国防授権法では、尖閣諸島問題について米国政府が表明してきた見解を完全に踏襲しており、目新しい点はない。つまり、今回の議決は、政府だけでなく議会においても、尖閣問題に対する米国のスタンスが明確になったことを意味している(米国では戦争をする最終的な権利は議会にあると解釈されており、法案に盛り込まれることは極めて重要)。
 尖閣諸島問題における米国の従来からのスタンスとは「米国は尖閣諸島における日本の行政権を認め、日米安保の適用範囲とするが、領有権に関しては立場を明らかにしない」というものである。

 ニクソン政権当時のロジャース国務長官は、「沖縄返還協定が尖閣諸島の領有権にどのような影響を与えるか」という議会からの質問に対し、 「島の法的地位には全く影響を与えない」(this treaty does not affect the legal status of those islands at all)と答弁しており、日本の領有権を担保していない。
 一方でロジャース国務長官は、沖縄返還協定に尖閣諸島が含まれることも明言 しており(the terms and conditions for the reversion of the Ryukyu Islands, including the Senkakus)、これによって日本が行政権を保有することも明確にしている。
 議会はこの答弁をもとに尖閣諸島問題について過去2回にわたって報告書を作成しており、今回の法案にも同様の内容が盛り込まれた。要するに尖閣諸島に対する日本の行政権については認めるが、根本的な所有権については言及しないというわけである。

 日本はこれまで「領土問題は存在しない」との立場を貫いてきたが、中国側の強硬姿勢によって、事実上領土問題の存在を認めざるを得ない状況に追い込まれている。米国からのメッセージは日本の行政権の保有までであり、領有権について米国から援護射撃が得られることはない。もし米側の姿勢が日中両国の落としどころになるとすると、日本は「領土問題が存在しない」という立場から「領土問題はあるが、とりあえず実効支配している」というレベルに後退しただけということになる。

 一見歓迎すべき事態に思える米国の法案可決だが、「領土問題が存在する」という外堀は完全に埋められたといってよい。

 - 政治

  関連記事

washingtonpost
アマゾン創業者がワシントンポスト紙を買収。ジャーナリズムのWeb化がさらに加速

 米アマゾンドットコムの創業者で最高経営責任者(CEO)を務めるジェフ・ベゾス氏 …

kokkaigijido
2016年度予算編成。社会保障費をめぐり与党内で駆け引きが活発化

 2016年度予算の概算要求基準が閣議了解されたことで、予算編成作業が本格的に動 …

no image
マニュアルにないから避難しない。児童74人を見殺しにした教員の信じられない思考回路

 東日本大震災の津波で宮城県石巻市立大川小学校の児童74人が死亡した問題で、とう …

tosho05
公的年金はアクティブ運用へ。だが肝心の運用手法については疑問の声も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、本格的な運用の …

no image
東国原前宮崎県知事、東京で出馬か?そして海江田万里はどうなる?

 維新の会が衆院選の目玉候補に予定している前宮崎県知事の東国原英夫氏だが、東京で …

staba
スタバも中国市場だけは別扱い。米国は中国に甘いという現実を見よ

 尖閣諸島問題で中国とギクシャクする日本を尻目に、米国企業が中国に猛烈な攻勢をか …

businessman02
平均給与は何と24年前と同水準。日本がひたらすら生産性を下げてきた理由は雇用維持

 アベノミクスで賃上げが期待されているが、足元ではまだまだ賃金減少が続いている。 …

koubunshokan
日本の秘密保持、公文書管理、情報公開はそもそもどのような体系になっているのか?

 政府は秋の臨時国会に特定秘密保護法案を提出する。この法案に対しては知る権利をめ …

bento
弁当の路上販売規制問題。利害関係者が自説を堂々と主張しない日本の社会風土

 東京都は最近増加している弁当の路上販売について規制強化の検討を始めている。すで …

kougousama
民主主義の大切さを訴えた皇后陛下による異例の発言をどう解釈すべきか?

 このところ、皇室と民主政治をめぐって、これまでにはなかったような出来事が相次い …