ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

李克強氏の経済改革プランが始動?保守派である習近平氏との違いが早くも表面化

 

 国務院総理(首相)に内定している李克強副首相が、就任後の経済改革に向けてはやくも精力的に活動している。

 李氏は9日、北京の人民大会堂で米国のポールソン前財務長官と会談した。この席で李氏は米国に対し「中国向けのハイテク輸出制限を米国が一日も早く緩和することを望む」と述べた。一方ポールソン氏は、「中国の都市化プロセス、農業投資、金融市場の建設などで、中国との協力を強化していきたい」と述べた。

 またこの会談に先立ち、李氏は11月27日、米国の投資銀行やヘッジファンド幹部らとも会談している。李氏を訪問したのは、投資銀行モルガンスタンレー、大手ヘッジファンド、ロビー活動会社、大手メーカーの幹部など。中国の金融市場改革について議論したものと思われる。

 首相に内定している李氏の肩には、問題山積の中国経済を改革する重い負担がのしかかっている。李氏は引退が決まっている胡錦濤総書記と同じく中国共産主義青年団(共青団)の出身で同氏の弟分。徹底的な改革開放路線主義者といわれており、太子党(中国共産党幹部の子弟を中心にした2世3世の派閥)に属し、保守的傾向の強い習近平とは対照的な存在。

 李氏は、金融市場改革や内需拡大策を強力に推進していく構えであり、そのためには米国からの投資や協力が不可欠だ。ポールソン氏は財務長官に就任する前は米国の投資銀行ゴールドマンサックスの会長をつとめていた人物。ポールソン氏をはじめとする金融関係者と相次いで会談している背景には、金融市場の分野で米国との連携を深めようという李氏の思惑があると推定される。「都市化が今後10年間の中国の発展をけん引する」とした李氏の発言を受けて、このところ低迷が続いていた上海の株式市場も大きく反応し、不動産、インフラ関連株も上昇している。

 もっとも李氏が目指す諸改革は、強力な利権を保持し、江沢民グループが強い影響力を行使している国有企業という存在と真っ向から対立することになる。李氏は、個人的にも清廉潔白とされ、蓄財などをほとんどしていないといわれる。ある意味で愚直なスタンスは改革の原動力ともなっているが、脆さも併せ持っている。
 首相就任後は、改革路線の方向性をめぐって、習総書記やその背後にいる江沢民氏との対立が表面化するのではないかとの懸念が早くも広がっている。

 - 政治, 経済

  関連記事

london02
EU離脱の国民投票が終了。結果がどうなるにせよ英国にとってメリットは少ない

 EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票が終了した。大勢は24日の …

oilpump
米国がエネルギーの完全自給が可能に。世界的な安全保障の枠組みに変化の可能性

 国際エネルギー機関(IEA)は12日、米国が近い将来、世界最大のエネルギー産出 …

gpif201306
公的年金の運用方針見直し。ホンネは国債価格下落への対処

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は9月26日、11月の最終報告に向 …

mof03
2016年度予算を閣議了解。要求額は昨年度と同様100兆円超えか?

 政府は2015年7月24日、2016年度予算の概算要求基準を閣議了解した。昨年 …

tabakohaian
見送りの可能性も出てきた受動喫煙防止法案。日本は2周回遅れへ

 今国会での審議が予定されていた受動喫煙防止法案の提出が見送られる可能性が高くな …

oecd
OECDが付加価値ベースで見た自国産出割合を発表。日本は世界1位なのだが・・・

 経済協力開発機構(OECD)は5月28日、世界貿易機関(WTO)と共同で、貿易 …

hosokawakoizumi
細川元首相が都知事選に出馬表明。その後の政局にばかり焦点が当たる奇妙な選挙に

 猪瀬直樹前知事の辞職に伴う東京都知事選において、細川護熙元首相が立候補を表明し …

suga
上から目線?の「粛々と」、多用していたのは菅直人元首相

 沖縄の米軍普天間基地の移設問題をめぐり「粛々」という言葉が論争の的となっている …

pakukune
韓国次期首相候補が息子優遇で批判。毎回同じことの繰り返しが続く

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)次期大統領が指名した首相候補の金容俊(キム・ヨンジュ …

gmwalmart
GMとウォルマートの新CEOはまさにサラブレット。「好き」を仕事にして大成功!

 米国の超巨大企業における新CEOの経歴に大きな注目が集まっている。自動車大手の …