ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

李克強氏の経済改革プランが始動?保守派である習近平氏との違いが早くも表面化

 

 国務院総理(首相)に内定している李克強副首相が、就任後の経済改革に向けてはやくも精力的に活動している。

 李氏は9日、北京の人民大会堂で米国のポールソン前財務長官と会談した。この席で李氏は米国に対し「中国向けのハイテク輸出制限を米国が一日も早く緩和することを望む」と述べた。一方ポールソン氏は、「中国の都市化プロセス、農業投資、金融市場の建設などで、中国との協力を強化していきたい」と述べた。

 またこの会談に先立ち、李氏は11月27日、米国の投資銀行やヘッジファンド幹部らとも会談している。李氏を訪問したのは、投資銀行モルガンスタンレー、大手ヘッジファンド、ロビー活動会社、大手メーカーの幹部など。中国の金融市場改革について議論したものと思われる。

 首相に内定している李氏の肩には、問題山積の中国経済を改革する重い負担がのしかかっている。李氏は引退が決まっている胡錦濤総書記と同じく中国共産主義青年団(共青団)の出身で同氏の弟分。徹底的な改革開放路線主義者といわれており、太子党(中国共産党幹部の子弟を中心にした2世3世の派閥)に属し、保守的傾向の強い習近平とは対照的な存在。

 李氏は、金融市場改革や内需拡大策を強力に推進していく構えであり、そのためには米国からの投資や協力が不可欠だ。ポールソン氏は財務長官に就任する前は米国の投資銀行ゴールドマンサックスの会長をつとめていた人物。ポールソン氏をはじめとする金融関係者と相次いで会談している背景には、金融市場の分野で米国との連携を深めようという李氏の思惑があると推定される。「都市化が今後10年間の中国の発展をけん引する」とした李氏の発言を受けて、このところ低迷が続いていた上海の株式市場も大きく反応し、不動産、インフラ関連株も上昇している。

 もっとも李氏が目指す諸改革は、強力な利権を保持し、江沢民グループが強い影響力を行使している国有企業という存在と真っ向から対立することになる。李氏は、個人的にも清廉潔白とされ、蓄財などをほとんどしていないといわれる。ある意味で愚直なスタンスは改革の原動力ともなっているが、脆さも併せ持っている。
 首相就任後は、改革路線の方向性をめぐって、習総書記やその背後にいる江沢民氏との対立が表面化するのではないかとの懸念が早くも広がっている。

 - 政治, 経済

  関連記事

baierumonsanto
独バイエルがお騒がせ企業モンサントを買収。遺伝子組み換えでは最強グループに

 ドイツの医薬・農薬大手バイエルは2016年9月14日、遺伝子組み換え種子の最大 …

eads
欧州の防衛大手EADSが大リストラ。防衛産業もIT化の流れには逆らえない

 エアバス社の親会社で、欧州の航空宇宙最大手のEADSは2013年12月9日、宇 …

setsubitoshi
設備投資に回復の兆し。1~3月期GDPの改定値は上方修正の可能性

 企業の設備投資に回復の兆しが見られるようになってきた。財務省が発表した2015 …

darairama
習近平氏の父親はダライ・ラマとマブダチ。だがチベット弾圧姿勢は変わらず?

 中国共産党の次期総書記に内定しているといわれる習近平だが、その父親がチベットの …

shuukatsu
内定辞退者が増加という報道。学生の就活は本当に昔と違うのか?

 神奈川県庁の内定辞退者が5年連続で3割を超えたというニュースをきっかけに、内定 …

newyork02
それほど悪くなった米国の7~9月期GDP。利上げは可能との判断が増える

 米商務省は2015年10月29日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)速 …

abeseichou02
安倍首相が成長戦略第2弾を発表。規制緩和を掲げるも消極的な印象。焦点は特区構想へ

 安倍首相は5月17日、都内で講演し企業の設備投資を年間70兆円台に回復させるこ …

kuroda
本当はコワイ、日銀・黒田新総裁の主張。日本人は理解しているのか?

 日銀の白川総裁は3月19日、退任記者会見に臨んだ。白川総裁は、デフレを脱却と持 …

boukusikibetuken
飛行計画提出をめぐって日米で温度差。だが問題の本質はそこではないはずだ

 中国の防空識別圏設定に対する民間航空会社の対応をめぐって、日米政府の対応が分か …

foxconn02
シャープ買収の可能性が高まる鴻海精密工業は、実質的に中国企業?

 経営再建中のシャープは2016年2月4日、国策ファンドである産業革新機構ではな …