ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

李克強氏の経済改革プランが始動?保守派である習近平氏との違いが早くも表面化

 

 国務院総理(首相)に内定している李克強副首相が、就任後の経済改革に向けてはやくも精力的に活動している。

 李氏は9日、北京の人民大会堂で米国のポールソン前財務長官と会談した。この席で李氏は米国に対し「中国向けのハイテク輸出制限を米国が一日も早く緩和することを望む」と述べた。一方ポールソン氏は、「中国の都市化プロセス、農業投資、金融市場の建設などで、中国との協力を強化していきたい」と述べた。

 またこの会談に先立ち、李氏は11月27日、米国の投資銀行やヘッジファンド幹部らとも会談している。李氏を訪問したのは、投資銀行モルガンスタンレー、大手ヘッジファンド、ロビー活動会社、大手メーカーの幹部など。中国の金融市場改革について議論したものと思われる。

 首相に内定している李氏の肩には、問題山積の中国経済を改革する重い負担がのしかかっている。李氏は引退が決まっている胡錦濤総書記と同じく中国共産主義青年団(共青団)の出身で同氏の弟分。徹底的な改革開放路線主義者といわれており、太子党(中国共産党幹部の子弟を中心にした2世3世の派閥)に属し、保守的傾向の強い習近平とは対照的な存在。

 李氏は、金融市場改革や内需拡大策を強力に推進していく構えであり、そのためには米国からの投資や協力が不可欠だ。ポールソン氏は財務長官に就任する前は米国の投資銀行ゴールドマンサックスの会長をつとめていた人物。ポールソン氏をはじめとする金融関係者と相次いで会談している背景には、金融市場の分野で米国との連携を深めようという李氏の思惑があると推定される。「都市化が今後10年間の中国の発展をけん引する」とした李氏の発言を受けて、このところ低迷が続いていた上海の株式市場も大きく反応し、不動産、インフラ関連株も上昇している。

 もっとも李氏が目指す諸改革は、強力な利権を保持し、江沢民グループが強い影響力を行使している国有企業という存在と真っ向から対立することになる。李氏は、個人的にも清廉潔白とされ、蓄財などをほとんどしていないといわれる。ある意味で愚直なスタンスは改革の原動力ともなっているが、脆さも併せ持っている。
 首相就任後は、改革路線の方向性をめぐって、習総書記やその背後にいる江沢民氏との対立が表面化するのではないかとの懸念が早くも広がっている。

 - 政治, 経済

  関連記事

jinmingen
IMFが特別引出権(SDR)に人民元を採用。英国の全面支援が決め手?

 IMF(国際通貨基金)は、11月にも特別引き出し権(SDR)と呼ばれる準備通貨 …

kyousho
自信を深めたオバマ大統領。二期目最初の一般教書演説は強烈な独自色

 オバマ大統領は12日(日本時間13日)、政権二期目最初の一般教書演説を行った。 …

rikoran
戦争に翻弄された歴史の生き証人「李香蘭」こと山口淑子氏が死去

 「李香蘭」の名で戦前から戦中にかけて日本と中国で人気を集め、戦後は参院議員もつ …

imfjapan
IMFの年次報告書で消費税は15%が望ましいと主張している理由

 IMF(国際通貨基金)は8月5日、日本経済に関する2013年度の年次報告書を発 …

kigyoshakai
政府が働き方改革に本腰。だが皆があえて無視し続けるひとつの大きな問題

 政府が「働き方改革」に本腰を入れ始めている。日本企業の生産性が低いという事実は …

nichigin02
日銀が日本の金利上昇リスクについてトーンダウン。アベノミクスへの遠慮か?

 日本が抱える金利上昇リスクについて、日銀がスタンスを軟化させている。黒田新総裁 …

inuniku
中国の犬肉祭に批判が殺到。捕鯨問題のヒントになる可能性も

 中国広西チワン族自治区の玉林市で毎年夏に行われる恒例行事「ライチ犬肉祭り」を目 …

ibmrometti
苦戦続くIBM。人工知能に市場は反応せず、ドル高がダメ押し

 米IBMは2015年4月20日、2015年1~3月期の決算を発表した。売上高は …

kakunenryouyuso
プルトニウムがとうとう米国へ返還。日本をとりまく国際情勢は変化している

 日米間の合意によって、日本が米国に返還することが決定していた研究用プルトニウム …

shukinpeiru
習近平国家主席が就任早々、米国のルー財務長官と会談

 米国のルー財務長官は3月19日、中国を訪問し、就任したばかりの習近平国家主席と …