ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

敦賀原発が廃炉に?重大な結論を「空気」で決めるのは誰も責任を取りたくないから

 

 原発停止をめぐってまた茶番劇が繰り返されている。原子力規制委員会の調査団は10日に評価会合を開き、日本原子力発電敦賀原発2号機の直下にある断層について「活断層の可能性が高い」と結論付けた。同委員会の田中俊一委員長は「今のままでは再稼働に向けた安全審査はとてもできない」と述べ、敦賀原発の再稼働を容認しない意向を示した。日本原子力発電側が、活断層ではない明確な根拠を示せなければ、2号機は廃炉を迫られる可能性が高いという。

 現在の法体系では発電事業者に対して、運転停止や廃炉などを命じる法的権限はない。当然、原子力規制委員会にもそのような権限があるわけもなく、「廃炉にする」との意向を示した田中委員長の発言は完全に法を逸脱している。

 そもそも日本の土地は活断層だらけであり、多くの原発の地下に活断層があることは原子力開発をスターとする当初から指摘されてきた。専門家にとっては「何を今さら」(原子力技術者)というレベルの話である。
 もし活断層の存在を理由に原発を停止させるというのであれば、それは法に基づいて実施されなければならない。だが原子力規制委員会という法的権限のない組織に属する人物の個人的な意向で廃炉という重大な決断が進んでいく。

 法に基づかなかければ誰も責任を取る必要がなく、当事者達にとっては好都合だ。今回のような「空気」でものごとを決めていくやり方は日本社会でよく見られる光景であり、日本人の無責任体質をよく表している。太平洋戦争もまったく同じようなプロセスで進んでいったのだ(戦争の当事者達は戦後、口を揃えて自分は戦争に反対だったと言い訳している)。
 日本が法の支配に基づく近代国家とはみなされないのはこういったところに理由がある。これが米国なら、即座に議員立法で原発を廃炉にする法案が提出され、議論の末、正式に廃炉が決定されることだろう。ルールを定めてそれに基づいて行動を取ることで、最終的にその行動が正しかったのか歴史として検証されるのある。
 今回はたまたま原発の廃止なのだが、法に基づかず「空気」で物事を決めてよいなら、核兵器の開発でも人権弾圧でも何でも可能になってしまう。正規の手続きを経ない意思決定は、長い目で見れば、日本国民にとって原発事故よりも危険なことである。

 ちなみに、原子力規制委員会の田中委員長は東北大学工学部原子核工学科を卒業後、日本原子力研究所で原子力開発を行ってきた人物。典型的な原子力村の住人であり、日本の原子力開発を推し進めてきた張本人である。現在は原発停止のリーダーということらしいが、世間の雰囲気が再稼動に傾けば、今度は「安全だ」と言い出すのだろうか?

 - 政治, 社会

  関連記事

no image
Wikiリークスのアサンジって誰?

 エクアドルに亡命を申請して大使館に逃げ込んだWikiリークスのアサンジ容疑者。 …

gendergap2014
世界男女平等ランキング。これまで下位をうろついていたフランスが順位を上げた理由

 ダボス会議で知られる世界経済フォーラムは2014年10月28日、世界男女平等ラ …

abe20130113
安倍首相の訪米を前に、与党内でTPPをめぐる動きが活発化

 安倍首相の訪米日程が近づいてきたことから、環太平洋経済連携協定(TPP)をめぐ …

no image
TPPの議論は不毛。農業のグローバル化は想像以上に進んでいる

 世界の食料品マーケットがすごいことになっている。  福島原発以降、国産米の価格 …

algeriagas02
アルジェリア軍が最終攻撃を行い人質が多数死亡。国によって異なる人質に対する考え方

 イスラム武装勢力による天然ガス施設の人質事件で、アルジェリア軍は19日、最終攻 …

abejosei
4~6月期のGDPは大幅マイナスの見込み。秋以降、政局流動化の可能性も

 来週に発表される4~6月期の実質GDP(国内総生産)成長率は、大幅なマイナスに …

sekorosu
世耕経産相が米主要経済閣僚と初会談。見えてこない日米交渉の道筋

 訪米した世耕経済産業相は2017年3月16日、ロス米商務長官らトランプ政権の主 …

taiwangakusei
様変わりする台湾の民主化運動。背景には中国の台頭と米国政治の変質がある

 台湾で中国との経済協定に反対する学生が立法院(国会)を占拠している問題は、いま …

nichigin
日銀と政府の不毛な緩和論争の背後で、市場は動き始めている?

 日銀は30日、金融政策決定会合を開催し、国債などを買い入れる基金を11兆円増額 …

j31
中国が2機目のステルス機を試験飛行。今度は少し本格的

 中国の「環球時報」は1日、次世代ステルス戦闘機「J31」が試験飛行に成功したと …