ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

敦賀原発が廃炉に?重大な結論を「空気」で決めるのは誰も責任を取りたくないから

 

 原発停止をめぐってまた茶番劇が繰り返されている。原子力規制委員会の調査団は10日に評価会合を開き、日本原子力発電敦賀原発2号機の直下にある断層について「活断層の可能性が高い」と結論付けた。同委員会の田中俊一委員長は「今のままでは再稼働に向けた安全審査はとてもできない」と述べ、敦賀原発の再稼働を容認しない意向を示した。日本原子力発電側が、活断層ではない明確な根拠を示せなければ、2号機は廃炉を迫られる可能性が高いという。

 現在の法体系では発電事業者に対して、運転停止や廃炉などを命じる法的権限はない。当然、原子力規制委員会にもそのような権限があるわけもなく、「廃炉にする」との意向を示した田中委員長の発言は完全に法を逸脱している。

 そもそも日本の土地は活断層だらけであり、多くの原発の地下に活断層があることは原子力開発をスターとする当初から指摘されてきた。専門家にとっては「何を今さら」(原子力技術者)というレベルの話である。
 もし活断層の存在を理由に原発を停止させるというのであれば、それは法に基づいて実施されなければならない。だが原子力規制委員会という法的権限のない組織に属する人物の個人的な意向で廃炉という重大な決断が進んでいく。

 法に基づかなかければ誰も責任を取る必要がなく、当事者達にとっては好都合だ。今回のような「空気」でものごとを決めていくやり方は日本社会でよく見られる光景であり、日本人の無責任体質をよく表している。太平洋戦争もまったく同じようなプロセスで進んでいったのだ(戦争の当事者達は戦後、口を揃えて自分は戦争に反対だったと言い訳している)。
 日本が法の支配に基づく近代国家とはみなされないのはこういったところに理由がある。これが米国なら、即座に議員立法で原発を廃炉にする法案が提出され、議論の末、正式に廃炉が決定されることだろう。ルールを定めてそれに基づいて行動を取ることで、最終的にその行動が正しかったのか歴史として検証されるのある。
 今回はたまたま原発の廃止なのだが、法に基づかず「空気」で物事を決めてよいなら、核兵器の開発でも人権弾圧でも何でも可能になってしまう。正規の手続きを経ない意思決定は、長い目で見れば、日本国民にとって原発事故よりも危険なことである。

 ちなみに、原子力規制委員会の田中委員長は東北大学工学部原子核工学科を卒業後、日本原子力研究所で原子力開発を行ってきた人物。典型的な原子力村の住人であり、日本の原子力開発を推し進めてきた張本人である。現在は原発停止のリーダーということらしいが、世間の雰囲気が再稼動に傾けば、今度は「安全だ」と言い出すのだろうか?

 - 政治, 社会

  関連記事

euhonbu
土壇場でギリシャ支援を決定。期せずして露呈した「欧州」をめぐる独仏の路線対立

 ユーロ圏各国は2015年7月13日、首脳会議においてギリシャ支援の再開について …

settai
外国政府による米国議員関係者の接待。中国が突出して多いことが判明

 中国をはじめとする外国政府が米国の議員やそのスタッフを接待旅行に招待する事例が …

no image
日本の富裕層は124万世帯。格差拡大はこれからが本番?

 コンサルティング会社であるボストン・コンサルティング・グループは2014年6月 …

obama201403
TPPの妥協点として牛肉が急浮上。背後にはパッケージ・ディールの存在も?

 2014年4月下旬のオバマ大統領来日を控え、TPP(環太平洋パートナーシップ協 …

ippankyosho
オバマ政権の関心は経済しかない。一般教書演説から占う米中関係と日米関係

 米国のオバマ大統領は2014年1月28日、米議会において一般教書演説を行った。 …

matsuzawa
松沢・前神奈川県知事が都知事選に出馬を表明。だが前回の都知事選での失態はイタい

 前神奈川県知事の松沢成文氏が8日午後、都庁で記者会見を行い、12月に行われる東 …

kimujonun04
北朝鮮が核実験を強行した本当の理由とは?水面下で米朝交渉が進展?

 北朝鮮が3回目の核実験に踏み切ったことで、周辺諸国や国連は北朝鮮に対する制裁に …

no image
世界で進む、保守思想と進歩思想の両極化。日本人はどちらを選ぶのか?

 もっとも厳格なシャリア法(イスラム法)を適用しているサウジアラビアにおいて、I …

kokkaigijido02
特定秘密保護法が施行。制度を健全に運用するためには、国会の強い関与が必要

 秘匿が必要な重要情報を保護する特定秘密保護法が2014年12月10日施行された …

B2
米国が北朝鮮の牽制にとうとうB2爆撃機を投入。それが意味するところとは?

 北朝鮮と米韓の緊張が高まっているなか、米軍は3月28日、韓国で実施している米韓 …