ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ルネサス救済が正式決定。だが、早くもガバナンス不在の現実が露呈

 

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスは10日、第三者割当増資を実施し、政府系ファンドの産業革新機構などから1500億円を調達すると正式に発表した。
 株式を引き受けるのは、産業革新機構のほか、トヨタ、日産自動車など合計9社。合計で発行済み株式数の75%を取得する予定(このうち革新機構は69.2%)。再建策をめぐって議論が続いてた同社は、正式に政府系ファンドの傘下に入り、官主導で再建が進められることになった。

 だが同社の再建の方向性をめぐっては、誰が責任を持って実施するのかはっきりせず、早くも体制の不備が露呈している。
 増資を発表する記者会見に臨んだ革新機構の能見公一社長は「影響力のある形で役員を派遣したい」と述べ、経営に積極的に関与する姿勢を示した。一方、ルネサスの赤尾泰社長は政府系ファンドの産業革新機構がルネサス株の3分の2を握ることについて「国が関与という意識はない」と意味不明の見解を述べた。

 会社法において株式の3分の2を握るということは、ほぼすべての案件を決定できることを意味しており、会社の経営権を完全に掌握したとみなされる。わざわざ3分の2にしたのはそのためであり、ルネサスの経営権は間違いなく産業革新機構にある。
 一方、産業革新機構はファンドである。ファンドの意思決定に責任を持つのは、出資者から全権限を委託されたファンドマネージャであり、今回のケースでは産業革新機構の経営者ということになる。だが能見社長は、革新機構の意思決定について「有識者によって民間ベースの意思決定をすることになっている」と説明した。しかも「個別案件に国は口出ししないというルールで、これまでの投資案件についても経産省から口を出されたことはない」という。
 整理すると、革新機構の意思決定は「有識者」とやらが実施するらしく、能美社長も国も責任を負わないということになる。つまりルネサスの実質的な経営権はその「有識者」とやらが握っているのである。

 この先、ルネサスがどのような事態になっても、ルネサスの経営者はもちろん、産業革新機構も政府(経済産業省)も責任を取らないだろう。実質的な意志決定権を持った「有識者」には法的権限などあるはずもなく、何かあっても「自分はアドバイスしただけだ」と言い訳することは目に見えている。

 今回のルネサス救済スキームは、税金を投じた政府系ファンドが経営権を掌握するという、誰がどう見ても国有化そのものである。世の中でもっとも無責任なのが日本政府だとすれば、むしろ当然のことなのかもしれないが、見事に誰も責任を取らない体制が構築されている。
 巨大スーパーのダイエーが破綻した時はオーナーだった中内氏はすべての財産を失った。現在は想像することすらできないかもしれないが、ソフトバンクがもし経営破たんするような事態となれば、当然のことながらオーナーである孫社長がすべての責任を負うことになる。
 人物の好き嫌いはともかくとして、ダイエーやソフトバンクとルネサスを比較して、どちらがフェアで透明性が高いのかは、一般的な常識があれば一目瞭然だろう。

 - 政治, 経済

  関連記事

abe20140220
政府内部で法人税減税の議論が始まる。問題の本質は課税ベースの拡大にあり

 政府内部で法人減税に関する具体的検討が始まった。経済財政諮問会議2014年2月 …

super01
日本の伝統工芸品も値上げ?インフレ経済はこうして始まっていく

 本格的な円安が始まってから1年が経過した。当初は灯油や衣類など、輸入品を中心と …

nihonen
マイナス金利なのに海外投資家が日本国債を積極的に買う理由

 このところ日本国債を積極的に購入する海外投資家が増加している。だが、それは日本 …

Mario Draghi
欧州中央銀行がとうとう時間軸政策を採用。FRBや日銀と同じスタンスに

 小康状態が続いていた欧州経済に再び動揺が走っている。これまで5%台で推移してい …

shogakuichinensei
小学1年生、将来就きたい職業には定番が並んでいるが・・・

 化学メーカーのクラレは2015年4月2日、2014年における、小学1年生の「将 …

panamagasaki
パナソニックのプラズマ撤退劇に見る、日本企業の「決断できない」体質

 パナソニックは2013年度末をメドにプラズマテレビ向けのパネル生産を停止する。 …

apple
アップルの4~6月期決算。中国向けiPhoneが引き続き堅調であることを確認

 米アップルは2014年7月22日、2014年4~6月期の決算を発表した。売上高 …

businessman04
営業マンも残業代ナシ?ホワイトカラーエグゼンプションに続いて裁量労働制の拡大へ

 働く時間を社員が柔軟に決めることができる裁量労働制の対象が広がる公算が高まって …

nichigin04
日銀の政策委員会、積極緩和派の原田氏起用で黒田路線がより強固に

 政府は2015年2月5日、退任する日銀の宮尾龍蔵審議委員の後任に、積極的な金融 …

no image
中国漁船団襲来で注目を浴びる、AIS(船舶位置情報システム)界のGoogleは中国企業

 尖閣諸島問題における日中対立である中国企業がちょっとした話題になっている。   …