ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ルネサス救済が正式決定。だが、早くもガバナンス不在の現実が露呈

 

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスは10日、第三者割当増資を実施し、政府系ファンドの産業革新機構などから1500億円を調達すると正式に発表した。
 株式を引き受けるのは、産業革新機構のほか、トヨタ、日産自動車など合計9社。合計で発行済み株式数の75%を取得する予定(このうち革新機構は69.2%)。再建策をめぐって議論が続いてた同社は、正式に政府系ファンドの傘下に入り、官主導で再建が進められることになった。

 だが同社の再建の方向性をめぐっては、誰が責任を持って実施するのかはっきりせず、早くも体制の不備が露呈している。
 増資を発表する記者会見に臨んだ革新機構の能見公一社長は「影響力のある形で役員を派遣したい」と述べ、経営に積極的に関与する姿勢を示した。一方、ルネサスの赤尾泰社長は政府系ファンドの産業革新機構がルネサス株の3分の2を握ることについて「国が関与という意識はない」と意味不明の見解を述べた。

 会社法において株式の3分の2を握るということは、ほぼすべての案件を決定できることを意味しており、会社の経営権を完全に掌握したとみなされる。わざわざ3分の2にしたのはそのためであり、ルネサスの経営権は間違いなく産業革新機構にある。
 一方、産業革新機構はファンドである。ファンドの意思決定に責任を持つのは、出資者から全権限を委託されたファンドマネージャであり、今回のケースでは産業革新機構の経営者ということになる。だが能見社長は、革新機構の意思決定について「有識者によって民間ベースの意思決定をすることになっている」と説明した。しかも「個別案件に国は口出ししないというルールで、これまでの投資案件についても経産省から口を出されたことはない」という。
 整理すると、革新機構の意思決定は「有識者」とやらが実施するらしく、能美社長も国も責任を負わないということになる。つまりルネサスの実質的な経営権はその「有識者」とやらが握っているのである。

 この先、ルネサスがどのような事態になっても、ルネサスの経営者はもちろん、産業革新機構も政府(経済産業省)も責任を取らないだろう。実質的な意志決定権を持った「有識者」には法的権限などあるはずもなく、何かあっても「自分はアドバイスしただけだ」と言い訳することは目に見えている。

 今回のルネサス救済スキームは、税金を投じた政府系ファンドが経営権を掌握するという、誰がどう見ても国有化そのものである。世の中でもっとも無責任なのが日本政府だとすれば、むしろ当然のことなのかもしれないが、見事に誰も責任を取らない体制が構築されている。
 巨大スーパーのダイエーが破綻した時はオーナーだった中内氏はすべての財産を失った。現在は想像することすらできないかもしれないが、ソフトバンクがもし経営破たんするような事態となれば、当然のことながらオーナーである孫社長がすべての責任を負うことになる。
 人物の好き嫌いはともかくとして、ダイエーやソフトバンクとルネサスを比較して、どちらがフェアで透明性が高いのかは、一般的な常識があれば一目瞭然だろう。

 - 政治, 経済

  関連記事

meti03
政府がM&A活性化で会計基準変更を示唆。だがこれは問題の本質ではない

 政府が企業のM&A(合併・買収)を活発化させるため、日本の会計基準を改 …

seiketsudo
世界の汚職調査ランキングが話題に。でもどうやって調べているのか?

 ドイツを本拠地する非政府組織(NGO)トランスペアレンシー・インターナショナル …

jisui
日本は著作権解釈もガラパゴス?。独自解釈が行き過ぎると国際競争でまた敗北するゾ

 本や漫画の電子化を請け負う事業が著作権侵害にあたるとして、作家の東野圭吾氏、浅 …

rikokyoroise
米有力議員団が中国と韓国を相次いで訪問。従軍慰安婦問題が急浮上の可能性も

 米下院外交委員長のエドワード・ロイス議員を中心とした米議員団が中国と韓国を相次 …

no image
ソフトバンクによるTモバイル買収が白紙に。時間をかけて再度買収を画策か?

 ソフトバンクの子会社で米携帯電話3位のスプリントは、TモバイルUSの買収を断念 …

eads
欧州の防衛大手EADSが大リストラ。防衛産業もIT化の流れには逆らえない

 エアバス社の親会社で、欧州の航空宇宙最大手のEADSは2013年12月9日、宇 …

irisoyama
TPPを見据えアイリスオーヤマが農業ビジネスに本格参入。流通改革の手本となるか?

 農業分野においてTPP(環太平洋パートナーシップ協定)締結後を見据えた動きが活 …

nichigin04
マイナス金利の影響がじわじわと消費者に波及。投信手数料引き上げや年金減額も

 マイナス金利の消費者への転嫁がじわじわと進んでいる。普通預金の口座にマイナス金 …

nichigin02
日銀が日本の金利上昇リスクについてトーンダウン。アベノミクスへの遠慮か?

 日本が抱える金利上昇リスクについて、日銀がスタンスを軟化させている。黒田新総裁 …

mof03
法人減税は安倍政権の本当の「顔」を知るリトマス試験紙

 法人税減税の焦点である課税ベース拡大に関する議論が本格化している。政府の税制調 …