ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ブルームバーグNY市長が英フィナンシャル・タイムズ買収を計画。名誉欲が出てきたか?

 

 ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ氏が英国の名門経済誌フィナンシャル・タイムズ(FT)の買収を検討していることが明らかとなった。米メディアが報じている。

 最近ではニューヨーク市長として有名なブルームバーグ氏だが、実は根っからの金融マンであり実業家だ。同氏は、もともと投資銀行ソロモン・ブラザーズ(現在は消滅)の幹部だったが、1981年、他社との吸収合併に伴い多額の退職金とともにクビになった。その退職金を元手に設立したのが、現在の金融情報大手の「ブルームバーグ」である。

 同社は金融マンであったブルームバーグ氏のノウハウを駆使し、当時情報サービスで独占的な地位にあったロイターを猛追し、情報サービスの世界的企業に成長した。その後ブルームバーグ氏は市長に当選したが、現在も同社の株式のほとんどを握っている。FT紙の買収は実質的にブルームバーグ氏一人で決断することができる。

 FT紙の事業価値は約12億ドル(約1000億円)と推定されており、75億ドルの売上げを持つブルームバーグにとっては無理な買い物ではない。ブルームバーグ社内では、名門とはいえ凋落が激しい紙媒体を買うよりも、ネット媒体を買収した方がよいとの声も上がっているという。だが、当のブルームバーグ氏は、FTの「簡潔でパンチの効いた」記事スタイルを気に入っており、仮に買収で大きな収益を上げられなくても、ブルームバーグをさらに著名な企業へと押し上げる効果があると判断しているという。

 ブルームバーグ氏は実業家として大成功し、ニューヨーク市長という名誉も手に入れた。FT氏の買収計画はそれに飽き足らず、同氏がさらに名誉を追求している結果だとする見方もある。
 確かにFT紙を買収し、ブランドの再構築に成功すれば、同氏の名声はさらに高まるだろう。政治家としてしてではなく、実業家としてのブルームバーグ氏の手腕に対して、再び世間の注目が集まろうとしている。

 - マスコミ, 経済

  関連記事

ana787
ボーイング787のトラブルは本当にバッテリーなのか?下請けに甘んじる日本の悲しい現実

 米連邦航空局(FAA)は16日、全日空が所有するボーイング787がバッテリーの …

yahoojapan vs us
ヤフージャパンが絶好調。だが日本型ガラパゴス企業への道を着々と歩んでいる

 ヤフージャパンは29日、2013年3月期(通期)の業績を上方修正すると発表した …

amarikaiken
甘利氏の「予想」通りGDPは上方修正。発言の何が問題なのか?

 内閣府は2015年12月8日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)改定値 …

tokyowan
GDPギャップは依然マイナスのまま。供給過剰な状態は本当に一時的なものなのか?

 内閣府は8月22日、4~6月期におけるGDPギャップがマイナス1.9%になった …

takeshima
朴槿恵氏の大統領就任で韓国経済や日韓関係はどうなるか?

 与党セヌリ党の朴槿恵(パク・クネ)候補が大統領に選出されたことで、韓国はどのよ …

tokkyosingikai
社員の発明をめぐり、今度は一転して企業帰属の方向性で議論が進む

 政府は、企業の従業員が発明した特許について、これまでとは反対に、原則として企業 …

kikaiinsatu
機械受注は過去最大の伸びだったが、あくまで特殊要因。実態はマイナス

 設備投資の先行指標となる機械受注が11年ぶりの良好な数字となった。だが特殊要因 …

kaisha
親の世代と若い世代の企業人気ランキングに異変。日本の大企業はとうとうオワコンか?

 保守的傾向が強く世代間であまり変化のなかった日本人の企業人気ランキングに異変が …

pplane
近い将来、タクシー感覚で乗れる航空輸送サービスが登場?値段も新幹線並み

 新幹線程度の料金で好きな時にタクシー感覚で利用できる航空輸送サービスの研究が欧 …

jinkochinoibm
メガバンクで人工知能の活用が本格化。新産業革命の時代はすぐそこ?

 メガバンクで人工知能を活用する動きが本格化している。制約条件の多い銀行業務での …