ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ブルームバーグNY市長が英フィナンシャル・タイムズ買収を計画。名誉欲が出てきたか?

 

 ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ氏が英国の名門経済誌フィナンシャル・タイムズ(FT)の買収を検討していることが明らかとなった。米メディアが報じている。

 最近ではニューヨーク市長として有名なブルームバーグ氏だが、実は根っからの金融マンであり実業家だ。同氏は、もともと投資銀行ソロモン・ブラザーズ(現在は消滅)の幹部だったが、1981年、他社との吸収合併に伴い多額の退職金とともにクビになった。その退職金を元手に設立したのが、現在の金融情報大手の「ブルームバーグ」である。

 同社は金融マンであったブルームバーグ氏のノウハウを駆使し、当時情報サービスで独占的な地位にあったロイターを猛追し、情報サービスの世界的企業に成長した。その後ブルームバーグ氏は市長に当選したが、現在も同社の株式のほとんどを握っている。FT紙の買収は実質的にブルームバーグ氏一人で決断することができる。

 FT紙の事業価値は約12億ドル(約1000億円)と推定されており、75億ドルの売上げを持つブルームバーグにとっては無理な買い物ではない。ブルームバーグ社内では、名門とはいえ凋落が激しい紙媒体を買うよりも、ネット媒体を買収した方がよいとの声も上がっているという。だが、当のブルームバーグ氏は、FTの「簡潔でパンチの効いた」記事スタイルを気に入っており、仮に買収で大きな収益を上げられなくても、ブルームバーグをさらに著名な企業へと押し上げる効果があると判断しているという。

 ブルームバーグ氏は実業家として大成功し、ニューヨーク市長という名誉も手に入れた。FT氏の買収計画はそれに飽き足らず、同氏がさらに名誉を追求している結果だとする見方もある。
 確かにFT紙を買収し、ブランドの再構築に成功すれば、同氏の名声はさらに高まるだろう。政治家としてしてではなく、実業家としてのブルームバーグ氏の手腕に対して、再び世間の注目が集まろうとしている。

 - マスコミ, 経済

  関連記事

barclay
LIBOR問題が刑事事件に発展。これは英国と米国の金融覇権をめぐる争いだ!

 英国の重大不正捜査局は11日、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR、通称ラ イボ …

retttamerukeru
イタリアのレッタ新首相が就任早々独仏を訪問。とりあえずはイタリアの立場を説明

  イタリアのレッタ新首相は、就任早々ドイツとフランスを訪問し、従来の緊縮財政か …

mandela
マンデラ氏の追悼式で、現職のズマ大統領が猛烈なブーイングを浴びたワケ

 南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領の追悼式が2013年12月10日、南アフ …

toshiba201405
東芝が新経営方針を発表。原発依存リスクからは脱却か?

 東芝は2014年5月22日、経営方針説明会を開催し、2017年3月期に売上高7 …

rikokkyou
日本のバブル退治を彷彿?中国が景気減速にもかかわらず、金融引き締めを強行

 中国経済が正念場に差し掛かっている。香港上海銀行(HSBC)が6月20日に発表 …

kindleunkimited
アマゾンが日本でも読み放題を開始。音楽業界の二の舞にはならない可能性が高い

 アマゾンジャパンは2016年8月3日、電子書籍の定額読み放題サービス「キンドル …

sangyoukyousouryoku
手詰まり感が出てきた新しい成長戦略。素案には抽象的なキーワードが並ぶ

 政府は2015年6月22日、産業競争力会議を開催し、今月末にまとめる成長戦略の …

kokusaishushi201309
経常黒字のカギは海外投資の拡大。だが日本はこれ以上、投資収益を拡大できない?

 財務省は11月11日、9月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支 …

sumitomochiba
国内化学各社が相次いでエチレン生産から撤退。米国シェールガス革命のインパクト

 住友化学は2月2日、石油化学製品の原料であるエチレンの国内生産を停止すると発表 …

bydcar
中国の自動車産業が大躍進。日米水準に近づくのも時間の問題か?

 中国の自動車メーカーが急速に技術力を高めている。政府が直接経営に関与する国営メ …