ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ブルームバーグNY市長が英フィナンシャル・タイムズ買収を計画。名誉欲が出てきたか?

 

 ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ氏が英国の名門経済誌フィナンシャル・タイムズ(FT)の買収を検討していることが明らかとなった。米メディアが報じている。

 最近ではニューヨーク市長として有名なブルームバーグ氏だが、実は根っからの金融マンであり実業家だ。同氏は、もともと投資銀行ソロモン・ブラザーズ(現在は消滅)の幹部だったが、1981年、他社との吸収合併に伴い多額の退職金とともにクビになった。その退職金を元手に設立したのが、現在の金融情報大手の「ブルームバーグ」である。

 同社は金融マンであったブルームバーグ氏のノウハウを駆使し、当時情報サービスで独占的な地位にあったロイターを猛追し、情報サービスの世界的企業に成長した。その後ブルームバーグ氏は市長に当選したが、現在も同社の株式のほとんどを握っている。FT紙の買収は実質的にブルームバーグ氏一人で決断することができる。

 FT紙の事業価値は約12億ドル(約1000億円)と推定されており、75億ドルの売上げを持つブルームバーグにとっては無理な買い物ではない。ブルームバーグ社内では、名門とはいえ凋落が激しい紙媒体を買うよりも、ネット媒体を買収した方がよいとの声も上がっているという。だが、当のブルームバーグ氏は、FTの「簡潔でパンチの効いた」記事スタイルを気に入っており、仮に買収で大きな収益を上げられなくても、ブルームバーグをさらに著名な企業へと押し上げる効果があると判断しているという。

 ブルームバーグ氏は実業家として大成功し、ニューヨーク市長という名誉も手に入れた。FT氏の買収計画はそれに飽き足らず、同氏がさらに名誉を追求している結果だとする見方もある。
 確かにFT紙を買収し、ブランドの再構築に成功すれば、同氏の名声はさらに高まるだろう。政治家としてしてではなく、実業家としてのブルームバーグ氏の手腕に対して、再び世間の注目が集まろうとしている。

 - マスコミ, 経済

  関連記事

narita02
今年の海外旅行が過去最高を記録。生活実感と乖離した報道のウラにある真実とは?

 旅行代理店のJTBによると2012年の日本人出国者数が最高記録を更新するという …

orbital
日本の宇宙開発は、中韓との消耗戦を強いられている電機業界と同じ運命を辿る?

 日本では新型固形燃料ロケット「イプシロン」の打ち上げ成功が話題となったばかりだ …

mof05
2016年度予算の概算要求はさらに大型化。財務省は前年度並みに減額したいところだが

 財務省は2015年9月4日、2016年度予算の概算要求額を公表した。一般会計は …

kokusaishushi201401
1月の経常収支は予想通り大幅赤字。アベノミクスに徐々に変化の兆し

 財務省は2014年3月10日、2014年1月の国際収支を発表した。最終的な国の …

economist
仏経済の赤信号がきっかけ?タブーだったラテンvsゲルマンの民族対立が表面化

 英国の有力経済誌エコノミストが、フランス経済を「欧州の時限爆弾」とするセンセー …

no image
シャープが中間決算を発表。同社が初めて倒産のリスクについて言及

 シャープが1日、中間決算を発表した。  半期の売上げは約1兆1000億円で前年 …

okane
欧州で権力者の「お金」に関する不正が次々と発覚。欧州は日本と同様、本音と建前の国

 経済危機が続く欧州において、金融取引をめぐる本音と建前の乖離がさらに顕著になっ …

mvc
日本の年金基金などが米国の発電所を買収。インフラ投資のモデルケースとなるか?

 インフラ投資のための共同事業体であるグローバル戦略投資アライアンス(GSIA) …

kimujoun
人民日報が世紀の大誤報。米誌のパロディを真に受け金正恩をヨイショ!

 人民日報電子版は2012年11月27日、「世界でもっともセクシーな男性」に北朝 …

no image
貸し出し増加はやはり無理?積み上がった当座預金残高に銀行は手を付けず

 日銀による異次元の量的緩和から3カ月が経過した。日銀が長期国債を一気に買い占め …