ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ブルームバーグNY市長が英フィナンシャル・タイムズ買収を計画。名誉欲が出てきたか?

 

 ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ氏が英国の名門経済誌フィナンシャル・タイムズ(FT)の買収を検討していることが明らかとなった。米メディアが報じている。

 最近ではニューヨーク市長として有名なブルームバーグ氏だが、実は根っからの金融マンであり実業家だ。同氏は、もともと投資銀行ソロモン・ブラザーズ(現在は消滅)の幹部だったが、1981年、他社との吸収合併に伴い多額の退職金とともにクビになった。その退職金を元手に設立したのが、現在の金融情報大手の「ブルームバーグ」である。

 同社は金融マンであったブルームバーグ氏のノウハウを駆使し、当時情報サービスで独占的な地位にあったロイターを猛追し、情報サービスの世界的企業に成長した。その後ブルームバーグ氏は市長に当選したが、現在も同社の株式のほとんどを握っている。FT紙の買収は実質的にブルームバーグ氏一人で決断することができる。

 FT紙の事業価値は約12億ドル(約1000億円)と推定されており、75億ドルの売上げを持つブルームバーグにとっては無理な買い物ではない。ブルームバーグ社内では、名門とはいえ凋落が激しい紙媒体を買うよりも、ネット媒体を買収した方がよいとの声も上がっているという。だが、当のブルームバーグ氏は、FTの「簡潔でパンチの効いた」記事スタイルを気に入っており、仮に買収で大きな収益を上げられなくても、ブルームバーグをさらに著名な企業へと押し上げる効果があると判断しているという。

 ブルームバーグ氏は実業家として大成功し、ニューヨーク市長という名誉も手に入れた。FT氏の買収計画はそれに飽き足らず、同氏がさらに名誉を追求している結果だとする見方もある。
 確かにFT紙を買収し、ブランドの再構築に成功すれば、同氏の名声はさらに高まるだろう。政治家としてしてではなく、実業家としてのブルームバーグ氏の手腕に対して、再び世間の注目が集まろうとしている。

 - マスコミ, 経済

  関連記事

netflix
動画配信の大本命ネットフリックスがサービス開始。販売ではソフトバンクと提携

 米国の動画配信サービス大手「Netflix(ネットフリックス)」が2015年9 …

marugen
丸源ビルのオーナーが検察を徹底批判。死んだら全財産を国に寄贈の考えは変わったか?

 銀座などの歓楽街で「丸源ビル」を展開する不動産グループの経営者で、脱税容疑で逮 …

businessman
政府が相次いで財界に賃上げを要請。賃上げで経済を回復させるコツとは?

 政府の産業界に対する賃上げ要求が強まっている。政府は12日、首相官邸で「デフレ …

tulip
欧州では移住する農業従事者が増加中。そう簡単ではない農業の競争力強化

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合で日米は合意に至らず、結論は再 …

orand78%
大連立構想は国力衰退の象徴?ギリギリで大連立を回避した日本はまだマトモかもしれない

 総選挙における自民党の大勝利で立ち消えになったが、民主党政権末期には大連立構想 …

canonooita
キヤノンがデジタルカメラの生産を完全自動化する本質的意味とは?

 キヤノンは2015年7月4日、国内のデジタルカメラ生産を自動化するための設備を …

bukkajoushou
8月の消費者物価指数。コアはマイナス、コアコアはプラスとちぐはぐな状況に

 総務省は2015年9月25日、8月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標であ …

mikitani
アベノミクスの中核、産業競争力会議が早くも形骸化。骨格が議論されず各論ばかり

 安倍政権の成長戦略の要となる産業競争力会議が早くも機能不全を起こしつつある。我 …

sakakibara
まるでヤクザ映画?政府が財界に「決意を示せ」と設備投資増強を要請

 経団連の榊原定征会長は2015年11月26日、政府が開催した官民対話で、設備投 …

softbankgacho
ソフトバンクが純利益1兆円超え。TモバイルUSも再度買収が可能に?

 ソフトバンクの純利益が1兆円を超えた。投資先の売却益が加算された結果だが、何と …