ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国経済の実態を表す「本物」の経済統計が発表。格差は世界最悪の水準

 

 中国経済の本当の姿を示す調査結果が市場で話題となっている。四川省の大学が失業率と経済格差の実態調査を行い、深刻な結果が出ているという。

 四川省にある西南財経大学が実施した中国家庭金融調査によると、2010年度の中国のジニ係数は危険水域と呼ばれる0.6を上回る0.61に達した。

 ジニ係数は数値が大きいほど所得の格差が大きいことを示しており、日本や米国は0.35前後、格差の少ないフランスやドイツは0.27前後となっている。0.4を上回ると警戒ラインとされ、0.6は暴動などが危惧される水準。0.6を超える国はそうそうなく、中国が世界でも稀に見る格差社会であることが明らかとなった。

 同時に発表された失業率の調査によると、2011年の7月の都市部の失業率は8%、特に大学を卒業したばかりの若い世代の失業率が16.4%と高く、中国でも若年層の雇用が犠牲になっている。

 中国では政府が発表する経済データはほとんど信用されていない。例えば公的な発表では中国の失業率は4%前後ということになっているが、実際はそれよりも悪いということは誰もが知っている。今回明らかになったデータについても、内容そのものはむしろ当然と受け止められている。だが市場関係者が驚いているのは、この数値が公表されたという事実である。
 共産党が独占的に支配する中国においては、大学といえども自由に研究発表を行うことはできない(日本も放射能汚染に関する論文の発表が圧力で潰されたりと似たようなものだが・・)。今回の調査結果の発表も当局のチェックを経ているはずであり、このようなデータが発表されるということは、非公式とはいえ当局が格差と失業率の実態を認めたということになる。

 共産党の次期指導部としては、格差の是正は最優先課題であり、全力でこの問題に取り組む方針であることの表れといえるだろう。

 - 政治, 社会, 経済

  関連記事

rikagakuken
新型万能細胞に関する画期的研究から考える、日本の官製イノベーション思想の是非

 理化学研究所の研究チームが、酸性の刺激を与えるだけの簡単な方法で、あらゆる細胞 …

amakudari
公務員の天下りが大復活。日本経済の貧困化が進行している証拠?

 一時は癒着の温床として批判されてきた公務員の天下りが復活している。背景にあるの …

tosho05
新興国不安から世界同時株安?だがこの動きは、多くの市場関係者が予測していた

 新興国の通貨安をきっかけに世界同時株安の状況となってきている。ドル円の為替相場 …

seiyujo02
政府による上からの構造改革がスタート。弊害はないのか?

 茂木経済産業大臣は2014年6月10日、石油業界の再編を促すため、産業競争力強 …

setubitousi
1~3月期のGDP改定値は設備投資の増加で上方修正。今後のカギは為替

 内閣府は2015年6月8日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)改定値を …

facebookdown
フェイスブック利用者が近い将来一気に8割減という予測は現実的なのか?

 フェイスブックは伝染病のように消え去るという研究者の予測が話題となっている。フ …

kobin
英労働党の新党首は何と強硬左派。米大統領選挙にも飛び火か?

 英国の野党・労働党は2015年9月12日、臨時党大会を開催し、ベテラン下院議員 …

clinton
岸田外相の訪米が決定。だが米国側の最大の関心事は何と慰安婦問題?

 岸田文雄外相は8日、クリントン米国務長官と電話会談を行い、今月18日にワシント …

00004
米大統領選挙2回目のTV討論会が終了。結果はオバマ大統領優勢

 大統領選挙の2回目のTV討論会が、現地時間の16日夜(日本時間17日午前)、ニ …

influ
米国でインフルエンザ大流行。米マスコミの感染予防報道には学ぶべき点が多い

 米国でインフルエンザが大流行している。全米の30近くの州で例年をはるかに上回る …