ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

景気の悪化が続く欧州で、なぜか株価が絶好調。理由は「危機疲れ」?

 

 債務危機が続いているはずの欧州で株価が好調だ。ここ半年でドイツの株価は25%近く上昇、フランスも20%近く上昇した。債務危機の震源地であるスペインやギリシャの株価も軒並み上昇している。逆に米国や日本は10%程度の上昇にとどまっており、違いが際立っている。

 欧州では失業率の増加が止まらず、フランスではとうとう10%を超えた。スペインでは25%という過去最悪の数値を更新、若年層にいたっては55%という驚異的な数字を記録している。公務員比率の高い同国では、若年層では公務員以外は全員失業しているような感覚だ。
 欧州経済の機関車であるドイツ経済にも減速傾向が見え始めており、欧州問題は解決に向かって前進しているとは言い難い状況だ。

 それにも関わらず欧州の株価が堅調なのは「危機疲れ」(市場関係者)があるという。一連の欧州危機はユーロという構造的な問題が原因となっており、根本的には解決できないという認識が定着しつつある。経済が脆弱なギリシャやスペインと強国であるドイツがそもそも同じ条件で金融取引ができるわけがない。この矛盾を解決するには、欧州の完全統合が必要となるが、それまでには多大な時間と手間が必要となる。
 市場では、EUとユーロという枠組みを壊さないという合意さえ出来ていれば、時間をかけて解決していけばよいという雰囲気になってきている。今現在はスペインやギリシャが危機的状況であっても、欧州全体で見て大きなマイナスになっていなければよしとするという考え方だ。

 スペインやギリシャに対する救済に反対する意見が根強いドイツだが、ユーロ推進を強力に推し進めているメルケル首相への信任は厚く、ユーロに対して背を向ける意見はやはり少数派といってよい。スペインではカタルーニャ州が独立の動きをみせ、連邦政府崩壊かと騒がれたが、結局州議会選挙では独立派が議席を減らし、独立を問う住民投票の実施も微妙な情勢となってきた。

 しばらくの間、長い小康状態が続く可能性が高くなってきた。

 - 経済

  関連記事

okane03
国際的な租税回避地を使った脱税者リスト。日本人のものは多くが空振り?

 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が公表したタックスヘイブン(租税回避 …

viralmedia
今注目のバイラル・メディアは、ネット媒体の収益化に関する壮大な実験場

 米国でバイラル・メディアと呼ばれる新しいネット・メディアが急成長している。日本 …

josei
日本の労働力人口は女性フル活用でも大幅減。豊かさの維持には生産性向上が必須

 内閣府は2014年3月12日、長期の労働力人口予測をまとめた。50年後の労働力 …

gpifpotofori2015
株式市場で圧倒的な存在感を示す公的年金。まだまだ買い余力はあるが・・・

 株式市場における公的年金の存在感が大きくなっている。債券から株式へのポートフォ …

hiroshimadosha
多発する土砂災害。日本は国土開発のあり方を再考すべき時期に来ている?

 広島市で起きた大規模な土砂災害から1週間以上経過したが、これまでに70人以上の …

intelbaytrail
米インテルの業績がプラス転換。スマホ・シフトの成否についてはまだおあずけ

 半導体世界最大手の米インテルは2014年1月16日、2013年10~12月期の …

bananki
バーナンキ議長は実は市場のことを分かっていなかった?緩和縮小見送りに関する新情報

 9月からの量的緩和縮小という市場のコンセンサス180度ひっくり返し、市場に衝撃 …

tokyowan
10~12月期GDPはマイナス成長。打つ手がなく、日本経済はいよいよ袋小路に

 内閣府は2016年2月15日、2015年10~12月期のGDP(国内総生産)速 …

harada
マック原田社長の事業会社社長退任が象徴する、日本経済の隔絶された環境

 日本マクドナルドホールディングスは8月27日取締役会を開催し、原田泳幸会長兼社 …

kosakukiki
円安なのになぜ?工作機械受注が1月に入って激減の謎

 アベノミクスによる円安で製造業の業績回復が期待される中、足元ではそれに水をさす …