ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

景気の悪化が続く欧州で、なぜか株価が絶好調。理由は「危機疲れ」?

 

 債務危機が続いているはずの欧州で株価が好調だ。ここ半年でドイツの株価は25%近く上昇、フランスも20%近く上昇した。債務危機の震源地であるスペインやギリシャの株価も軒並み上昇している。逆に米国や日本は10%程度の上昇にとどまっており、違いが際立っている。

 欧州では失業率の増加が止まらず、フランスではとうとう10%を超えた。スペインでは25%という過去最悪の数値を更新、若年層にいたっては55%という驚異的な数字を記録している。公務員比率の高い同国では、若年層では公務員以外は全員失業しているような感覚だ。
 欧州経済の機関車であるドイツ経済にも減速傾向が見え始めており、欧州問題は解決に向かって前進しているとは言い難い状況だ。

 それにも関わらず欧州の株価が堅調なのは「危機疲れ」(市場関係者)があるという。一連の欧州危機はユーロという構造的な問題が原因となっており、根本的には解決できないという認識が定着しつつある。経済が脆弱なギリシャやスペインと強国であるドイツがそもそも同じ条件で金融取引ができるわけがない。この矛盾を解決するには、欧州の完全統合が必要となるが、それまでには多大な時間と手間が必要となる。
 市場では、EUとユーロという枠組みを壊さないという合意さえ出来ていれば、時間をかけて解決していけばよいという雰囲気になってきている。今現在はスペインやギリシャが危機的状況であっても、欧州全体で見て大きなマイナスになっていなければよしとするという考え方だ。

 スペインやギリシャに対する救済に反対する意見が根強いドイツだが、ユーロ推進を強力に推し進めているメルケル首相への信任は厚く、ユーロに対して背を向ける意見はやはり少数派といってよい。スペインではカタルーニャ州が独立の動きをみせ、連邦政府崩壊かと騒がれたが、結局州議会選挙では独立派が議席を減らし、独立を問う住民投票の実施も微妙な情勢となってきた。

 しばらくの間、長い小康状態が続く可能性が高くなってきた。

 - 経済

  関連記事

no image
楽天が出版取り次ぎに参入。その本当の目的は?

 楽天が出版取り次ぎ業に参入すると朝日新聞が報じている。取り次ぎとは書籍の卸売業 …

meti03
政府がM&A活性化で会計基準変更を示唆。だがこれは問題の本質ではない

 政府が企業のM&A(合併・買収)を活発化させるため、日本の会計基準を改 …

ieren02
米FRB利上げにさらに一歩踏み込むも、緩和スタンス継続にも言及

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2014年12月17日、FOMC(連邦公開市場 …

girishagikai
ギリシャ支援、4カ月継続で合意。基本的に状況は何も変わらず

 EU(欧州連合)は2014年2月20日に開催したユーロ圏財務相会合で、ギリシャ …

doruen201409
為替市場で円安が加速。指標的には過剰だが、相場主導で現実が後追いか?

 為替相場が急に慌ただしくなってきた。2015年5月26日の外国為替市場では円安 …

fudosanchirasi
不動産取引のネット解禁論争が過熱。第二の大衆薬論争に?

 非対面での不動産取引の是非をめぐって、ネット解禁派と保守派との対立が激しくなっ …

setubitousi
1~3月期のGDP改定値は設備投資の増加で上方修正。今後のカギは為替

 内閣府は2015年6月8日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)改定値を …

interu
アップル、インテルなどIT各社が良好な決算。世界経済は回復局面?

 IT企業各社による好調な決算が続いている。背景となっているのはグローバルな景気 …

euhonbu
土壇場でギリシャ支援を決定。期せずして露呈した「欧州」をめぐる独仏の路線対立

 ユーロ圏各国は2015年7月13日、首脳会議においてギリシャ支援の再開について …

jrkyushu
JR九州の株式上場計画。政府支援の是非など、克服すべき課題が山積

 九州旅客鉄道(JR九州)が2016年度中の株式上場に向けて動き出した。だが、完 …