ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

景気の悪化が続く欧州で、なぜか株価が絶好調。理由は「危機疲れ」?

 

 債務危機が続いているはずの欧州で株価が好調だ。ここ半年でドイツの株価は25%近く上昇、フランスも20%近く上昇した。債務危機の震源地であるスペインやギリシャの株価も軒並み上昇している。逆に米国や日本は10%程度の上昇にとどまっており、違いが際立っている。

 欧州では失業率の増加が止まらず、フランスではとうとう10%を超えた。スペインでは25%という過去最悪の数値を更新、若年層にいたっては55%という驚異的な数字を記録している。公務員比率の高い同国では、若年層では公務員以外は全員失業しているような感覚だ。
 欧州経済の機関車であるドイツ経済にも減速傾向が見え始めており、欧州問題は解決に向かって前進しているとは言い難い状況だ。

 それにも関わらず欧州の株価が堅調なのは「危機疲れ」(市場関係者)があるという。一連の欧州危機はユーロという構造的な問題が原因となっており、根本的には解決できないという認識が定着しつつある。経済が脆弱なギリシャやスペインと強国であるドイツがそもそも同じ条件で金融取引ができるわけがない。この矛盾を解決するには、欧州の完全統合が必要となるが、それまでには多大な時間と手間が必要となる。
 市場では、EUとユーロという枠組みを壊さないという合意さえ出来ていれば、時間をかけて解決していけばよいという雰囲気になってきている。今現在はスペインやギリシャが危機的状況であっても、欧州全体で見て大きなマイナスになっていなければよしとするという考え方だ。

 スペインやギリシャに対する救済に反対する意見が根強いドイツだが、ユーロ推進を強力に推し進めているメルケル首相への信任は厚く、ユーロに対して背を向ける意見はやはり少数派といってよい。スペインではカタルーニャ州が独立の動きをみせ、連邦政府崩壊かと騒がれたが、結局州議会選挙では独立派が議席を減らし、独立を問う住民投票の実施も微妙な情勢となってきた。

 しばらくの間、長い小康状態が続く可能性が高くなってきた。

 - 経済

  関連記事

euwhitehouse
TPPも骨抜き?米欧FTAの交渉がいよいよスタート。米欧は妥結にかなり前向き

 米国と欧州の自由貿易協定である米欧FTAに関する第一回の交渉が7月8日、米国ワ …

Buenos Aires
アルゼンチンが再び債務不履行?かつて繁栄を謳歌した先進国も今は昔

 2001年に債務不履行を起こしたアルゼンチンに再び債務不履行の恐れが出てきてい …

amakudari
公務員の天下りが大復活。日本経済の貧困化が進行している証拠?

 一時は癒着の温床として批判されてきた公務員の天下りが復活している。背景にあるの …

tenanmon
株価暴落の最大要因は中国の不透明性。混乱はほどなく収束すると思われるが・・・

 週明けの世界の株式市場は、先週に引き続いて大混乱となった。24日のニューヨーク …

ieren03
FRBが予定通り追加利上げを決断。内容は想像以上にタカ派で、すでに金融引き締めに転換?

 大方の予想通り、FRB(連邦準備制度理事会)が追加利上げを決定した。ただ内容は …

kokuritsukyogijo
五輪東京開催で変わる日本経済の長期的見通し。すべては2020年以後に先送り?

 2020年のオリンピック開催地が東京に決まったことで、日本経済の長期的見通しに …

kurafutohaintsu
ハインツとクラフトが合併。バフェット氏らしく株主利益を強く意識したスキームに

 米食品大手のクラフト・フーズ・グループとHJハインツは2015年3月25日、2 …

tosho02
増配など株主還元策が顕著に。背景には円安と公的年金改革が

 企業が得た利益を株主に還元する動きが顕著になってきている。企業における資本効率 …

yamadadenki
ヤマダ電機の素早いリストラの背景には、村上ファンド系モノ言う株主の存在が

 家電量販店最大手のヤマダ電機は5月末までに約40の店舗を一斉閉鎖する。収益性の …

euhonbu
土壇場でギリシャ支援を決定。期せずして露呈した「欧州」をめぐる独仏の路線対立

 ユーロ圏各国は2015年7月13日、首脳会議においてギリシャ支援の再開について …