ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

当事者能力を失っているシャープの状況は旧日本軍にそっくりとの声

 

 鴻海のカリスマ経営者である郭台銘(テリー・ゴウ)会長に翻弄され、オロオロするばかりのシャープだが、状況が旧日本軍とそっくりとの指摘が出ている。やはり日本は敗戦の教訓をまったく生かせていないようだ。

 そもそもシャープ苦境の原因を作ったのは、イケイケドンドンで液晶投資を推進した現相談役の町田勝彦氏と現会長の片山幹雄氏だ。
 町田氏は京都大学出のエリートで、しかもシャープ2代目社長の娘婿。この町田氏が指名した後任社長が片山氏だ。片山氏も東大出のエリートで、町田氏の後ろ盾で若くして社長になった。

 今回、片山氏は一応引責辞任したことになっており、後任に現社長の奥田氏が就任した。そうであれば、奥田氏はこれまでのいきさつにはこだわらず、ドラスティックにものごとを進めるべきだ。
 だが奥田氏は片山氏よりも年上で社長レースではダークホースだった人。地味なエンジニアだ。

 片山氏と町田氏が奥田氏を社長に推薦した理由は明らかだ。その証拠に、鴻海との交渉は、第一線から退いたはずの片山氏と町田氏が中心になって行っているフシがあり、奥田社長と情報の共有がされていないなど、社長が蚊帳の外に置かれているととられかねない事態も起こっている。

 当事者能力を失い、なし崩し的に破局の戦争に突き進んだ旧日本軍もまったく同じ状況であった。ノモンハン事件という前代未聞の大失態を演じたエリート参謀辻政信は、その責任を取らされることもなく、その後も軍中枢に居座り続け、影響力を保ち続けた。だが外から見ると誰がリーダーシップをとっているのかまったくよくわからない。

 辻氏を排除できないのは、日本軍が能力ではなく試験の成績で出世を決めていたから。辻氏は成績抜群であったため、彼より成績が悪い人は、彼にモノを言えない雰囲気があったのだ。

 シャープのリーダーはいったい誰なのか?意思決定がはっきりしない状況を相手に晒していては、ナメられて当然である。百戦錬磨のテリー・ゴウ会長にしてみれば赤子の手をひねるようなものだろう。

 

 - 経済

  関連記事

nichigin
目立った成果がないのに日銀の緩和継続のニュースで株価が急上昇した理由

 日銀は2014年2月18日、金融政策決定会合において大規模な金融緩和策の継続を …

bussann
三菱商事と三井物産が共に創立以来初の赤字転落。原油安が業績を直撃

 資源安が大手商社の業績を直撃している。三菱商事と三井物産が揃って通期の決算が赤 …

rikokkyoubetonamu
中国の李首相が早速ベトナムを訪問し、領有権問題の懐柔策をベトナムに提示

 中国の李克強首相は10月13日からベトナムを訪問し、ベトナムのグエン・タン・ズ …

renesasu
政府救済のルネサス決算。1万人のリストラは決めたが、事業面の進捗はゼロ

 経営危機が表面化し、産業革新機構などによる支援が決定している半導体大手ルネサス …

chinacompany
経済援助型から企業M&Aへと変貌する中国の直接投資。日本はどう付き合う?

 これまで香港経由や途上国に偏重していた中国の直接投資が大きく変わろうとしている …

josei
女性の時間あたり賃金に、生産性向上のヒントがあるかもしれない

 麻生財務大臣による出産発言によって、安倍政権の女性活用政策に再び注目が集まって …

seirousikaigi201412
政労使会議で来春の賃上げを明記。だが他の要請事項は相互に矛盾している

 政府は2014年12月16日、政府、経済団体、労働団体の代表らが、雇用や賃金に …

kurafutohaintsu
ハインツとクラフトが合併。バフェット氏らしく株主利益を強く意識したスキームに

 米食品大手のクラフト・フーズ・グループとHJハインツは2015年3月25日、2 …

tenanmon
中国のPMIが低下するも、当局はハードランディング覚悟で対策は取らず

 中国国家統計局は7月1日、6月の製造業購買担当者景気指数(PMI)を発表した。 …

tppatlantagoi
TPP交渉がようやく決着へ。各国の国内事情から実質的には来年以降のスタート

 米アトランタで開催されていたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合が …