ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

当事者能力を失っているシャープの状況は旧日本軍にそっくりとの声

 

 鴻海のカリスマ経営者である郭台銘(テリー・ゴウ)会長に翻弄され、オロオロするばかりのシャープだが、状況が旧日本軍とそっくりとの指摘が出ている。やはり日本は敗戦の教訓をまったく生かせていないようだ。

 そもそもシャープ苦境の原因を作ったのは、イケイケドンドンで液晶投資を推進した現相談役の町田勝彦氏と現会長の片山幹雄氏だ。
 町田氏は京都大学出のエリートで、しかもシャープ2代目社長の娘婿。この町田氏が指名した後任社長が片山氏だ。片山氏も東大出のエリートで、町田氏の後ろ盾で若くして社長になった。

 今回、片山氏は一応引責辞任したことになっており、後任に現社長の奥田氏が就任した。そうであれば、奥田氏はこれまでのいきさつにはこだわらず、ドラスティックにものごとを進めるべきだ。
 だが奥田氏は片山氏よりも年上で社長レースではダークホースだった人。地味なエンジニアだ。

 片山氏と町田氏が奥田氏を社長に推薦した理由は明らかだ。その証拠に、鴻海との交渉は、第一線から退いたはずの片山氏と町田氏が中心になって行っているフシがあり、奥田社長と情報の共有がされていないなど、社長が蚊帳の外に置かれているととられかねない事態も起こっている。

 当事者能力を失い、なし崩し的に破局の戦争に突き進んだ旧日本軍もまったく同じ状況であった。ノモンハン事件という前代未聞の大失態を演じたエリート参謀辻政信は、その責任を取らされることもなく、その後も軍中枢に居座り続け、影響力を保ち続けた。だが外から見ると誰がリーダーシップをとっているのかまったくよくわからない。

 辻氏を排除できないのは、日本軍が能力ではなく試験の成績で出世を決めていたから。辻氏は成績抜群であったため、彼より成績が悪い人は、彼にモノを言えない雰囲気があったのだ。

 シャープのリーダーはいったい誰なのか?意思決定がはっきりしない状況を相手に晒していては、ナメられて当然である。百戦錬磨のテリー・ゴウ会長にしてみれば赤子の手をひねるようなものだろう。

 

 - 経済

  関連記事

suga
消費税増税の決定は9月9日のGDP改定値で。財務省の筋書き通り数値は良好?

 自民党の参院選圧勝をうけて、消費税増税決定のタイミングに注目が集まり始めている …

mujinheli
欧州でヘリの自動操縦デモを実施。飛行機やバスの無人化はもうすぐそこまで来ている

 欧州のヘリコプター・メーカーであるユーロヘリコプターは4月12日、完全に無人で …

tokyomachinami
企業倒産が激減。日本経済は事実上、機能不全を起こしている?

 企業の倒産件数の減少が進んでいる。2015年はバブル期の頂点だった1990年以 …

abe20150630
財政再建は経済成長頼みで結論先送り。肝心の成長戦略は弾切れ状態

 政府は2015年6月30日、経済財政運営の基本方針「骨太の方針」と新しい成長戦 …

cameron2
先週はオランド大統領、今週はキャメロン首相。欧州首脳が相次いでインドに売り込み

 英国のキャメロン首相は18日、インドを訪問した。首相としては2度目のインド訪問 …

tosho002
米国の利上げに市場の関心が集中。増税延期と大型補正にも市場の反応は鈍い

 安倍首相は2016年6月1日、消費増税の再延期と大型の補正予算について正式に表 …

aribabachugoku
粗悪品の出品をめぐり中国当局とアリババが対立。やはりチャイナ・リスクは存在

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年1月29日、2014年10 …

jinminginkou
中国のマネーサプライが急増。バブル崩壊なのかそれとも長期低迷なのか?

 中国人民銀行によると、2012年末時点で中国のマネーサプライ(M2)が97兆4 …

bukkajoushou
消費者物価指数はじわじわ上昇。GDP成長は来年も物価上昇を上回ることができるのか?

 総務省は7月26日、6月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

koyouchingin
雇用環境は改善しているのに、生活実感は悪化。続く需給のミスマッチ

 雇用と生活環境のミスマッチが拡大している。求人倍率が増加し失業率は過去最低水準 …