ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

当事者能力を失っているシャープの状況は旧日本軍にそっくりとの声

 

 鴻海のカリスマ経営者である郭台銘(テリー・ゴウ)会長に翻弄され、オロオロするばかりのシャープだが、状況が旧日本軍とそっくりとの指摘が出ている。やはり日本は敗戦の教訓をまったく生かせていないようだ。

 そもそもシャープ苦境の原因を作ったのは、イケイケドンドンで液晶投資を推進した現相談役の町田勝彦氏と現会長の片山幹雄氏だ。
 町田氏は京都大学出のエリートで、しかもシャープ2代目社長の娘婿。この町田氏が指名した後任社長が片山氏だ。片山氏も東大出のエリートで、町田氏の後ろ盾で若くして社長になった。

 今回、片山氏は一応引責辞任したことになっており、後任に現社長の奥田氏が就任した。そうであれば、奥田氏はこれまでのいきさつにはこだわらず、ドラスティックにものごとを進めるべきだ。
 だが奥田氏は片山氏よりも年上で社長レースではダークホースだった人。地味なエンジニアだ。

 片山氏と町田氏が奥田氏を社長に推薦した理由は明らかだ。その証拠に、鴻海との交渉は、第一線から退いたはずの片山氏と町田氏が中心になって行っているフシがあり、奥田社長と情報の共有がされていないなど、社長が蚊帳の外に置かれているととられかねない事態も起こっている。

 当事者能力を失い、なし崩し的に破局の戦争に突き進んだ旧日本軍もまったく同じ状況であった。ノモンハン事件という前代未聞の大失態を演じたエリート参謀辻政信は、その責任を取らされることもなく、その後も軍中枢に居座り続け、影響力を保ち続けた。だが外から見ると誰がリーダーシップをとっているのかまったくよくわからない。

 辻氏を排除できないのは、日本軍が能力ではなく試験の成績で出世を決めていたから。辻氏は成績抜群であったため、彼より成績が悪い人は、彼にモノを言えない雰囲気があったのだ。

 シャープのリーダーはいったい誰なのか?意思決定がはっきりしない状況を相手に晒していては、ナメられて当然である。百戦錬磨のテリー・ゴウ会長にしてみれば赤子の手をひねるようなものだろう。

 

 - 経済

  関連記事

kuroda02
日銀が2度目の物価目標先送りでも追加緩和実施せず。頼みの綱は米利上げ

 日銀は2015年10月30日に開催した金融政策決定会合で、物価上昇率2%の達成 …

g8
G8でグローバル企業の租税回避対策が骨抜きになってしまう理由

 シリア問題と並んで主要国首脳会議(G8サミット)の議題の一つであった租税回避問 …

autodrive
首相まで巻き込んだ自動運転技術のデモから垣間見える、日本のイノベーション事情

 トヨタ自動車、日産自動車、ホンダの3社は11月9日、国会周辺の公道で自動運転に …

gpif201306
年金運用改革の最終報告書まとまる。国内の景気対策に年金が利用される危険性も

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は11月20日、国債を中心とした従 …

keitairyoukin
迷走する携帯料金引き下げ問題。日本の劣化を示す象徴的な事例

 携帯料金の見直しに関する議論が激しさを増している。高市早苗総務大臣は、記者団に …

sirakawajinin
日銀の白川総裁が任期を残して辞任表明。これ以上の譲歩を避ける狙いか

 日銀の白川総裁は2月5日、安倍首相と官邸で会談し、4月8日の任期を待たず、3月 …

suga20140204
今回の株価下落はアベノミクス失望売りなのか?という議論が不毛である理由

 ここ数日、株価が急落していることについて、アベノミクスに対する失望が原因なのか …

may
英国首相に実務派のメイ内相が就任。市場には安心感が広がる

 英国の次期首相を選ぶ保守党の党首選は2016年7月11日、テリーザ・メイ内相と …

no image
セコムが東電から巨大要塞データセンターを買収。その成否は?

 セコムが東京電力からデータセンターを買収すると日経新聞が報じている。セコムが買 …

bbcclass
英国で新しい「階級」区分が話題に。だがその内容は少々脱力系

 現代でも階級制度が色濃く残る英国において、新しい「階級」区分がちょっとした話題 …