ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

イタリアの暴れん坊ベルルスコーニ元首相が「欧州危機はドイツの陰謀」と絶叫!

 

 「イタリアの暴れん坊」「イタリアの種馬」といった異名を持つベルルスコーニ元首相が、再びパワーを炸裂させている。同氏が率いる自由国民党(PDL)はモンティ政権に対する信任投票を棄権。総選挙に持ち込み、再び首相の座を目指す姿勢を明確にした。
 モンティ首相は、ベルルスコーニ氏に時間的猶予を与えないため、辞任を示唆。すぐに総選挙が行われる可能性も出てきた。財政再建や構造改革に批判的なベルルスコーニ氏が再び活動を開始したことに市場は敏感に反応し、イタリアの国債は売られた。

 ベルルスコーニ氏は「欧州危機はドイツが企んだ陰謀」「イタリア国債とドイツの国債の金利差など詐欺である」など絶好調。モンティ首相側は対応に追われている。

 もっともベルルスコーニ氏の発言を皆が100%真に受けているわけではない。同氏は爆弾発言のオンパレードで有名な人物だからである。
 就任直後のオバマ大統領に対して「彼は日焼けしている(肌が黒いという意味)」と発言したり、ドイツの議員に対しては「ナチスの看守役にピッタリだ」と言い放つなどやりたい放題。また「選挙期間中はセックスをしない」などのシモネタも多く、実際女性スキャンダルは日常茶飯事だ。しかも常に多数の訴訟案件を抱えている。

 一旦は政界引退を表明したベルルスコーニ氏が再び首相の座を目指すと発言している背景には、同氏が所有する企業群の立て直しがあると見る向きもある。同氏はメディア、建設などの分野で多くの企業を所有する世界でも有数の富豪である。だが近年の欧州危機でグループ企業の経営は思わしくないといわれている。イタリアはドイツや米国と異なり、企業と政治利権との結びつきが強く、政治的なカードは企業利権と引き換えになりやすい。

 一度は落ち着きかけた欧州情勢だが、同氏の意向次第ではまた波乱が起きる可能性も出てきた。欧州の暴れん坊はそうそう簡単には引き下がらないようだ。

 - 政治, 経済

  関連記事

no image
設備投資の先行指標である機械受注は2.7%減。消費増税の焦点は設備投資へ?

 内閣府は8月13日、6月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資 …

trumpshunin
トランプ氏が正式に大統領に就任。演説では米国第一主義を何度も強調

 共和党のドナルド・トランプ氏は2017年1月20日、大統領就任式に臨み、第45 …

bouekitoukei201308
8月の貿易統計。貿易赤字体質は変わらないものの、輸出価格下落に歯止め?

 財務省は9月19日、8月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

kimujonun04
北朝鮮が米国に対して突如、二国間交渉を提案。米側はとりあえず拒否

 北朝鮮の国防委員会報道官は6月16日、重大談話を発表し、米朝の高官による二国間 …

merukerurainiti
ドイツの対日感情が悪化する中、メルケル首相が来日。関係再構築は可能か?

 ドイツのメルケル首相が2015年3月9日午前、羽田空港に到着した。メルケル氏の …

nihonkeizai02
円安は製造業の収益力に寄与せず、内需企業は公共事業依存体質が鮮明に

 財務省は2013年12月2日、7~9月期の法人企業統計を発表した。金融業と保険 …

irankakumondai
イラン核問題、最終解決に向けた枠組み合意。実はポテンシャルが大きいイラン市場

 米欧など6カ国とイランは2015年4月2日、イランの核問題について、最終的な解 …

kozeni
マイナンバーカードとセットの軽減税率案に批判集中。果たして実現できるのか?

 財務省が2015年9月8日に提示した消費税の軽減税率の導入案が波紋を呼んでいる …

robotfunuc
ロボットが普及すると仕事が減るはずでは?経産省の試算がイメージと逆な理由

 ロボットや人工知能(AI)が普及すると仕事がなくなってしまうというのが一般的な …

ryounei
中国初の空母「遼寧」が青島に配備。地政学的にそれが意味すること

 中国海軍は27日、中国初の空母「遼寧」の母港を青島とし、同艦の着岸を完了したと …