ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

フェイント?北朝鮮が撤去と見せかけて突然ミサイルを発射。北朝鮮らしいとの声も

 

 北朝鮮が12日、突然、長距離ミサイルを発射した。朝鮮中央通信は午前11時23分「平安北道の西海衛星発射場から『光明星3号』の打ち上げが成功した。衛星は予定された軌道に進入した」と明らかにした。

 北朝鮮は今月10日から22日にミサイル(北朝鮮は人工衛星を搭載したロケットと主張)を発射すると予告し準備を進めていたが、技術的な問題が発生したとして発射予告期間を29日まで延長していた。11日にはミサイルを撤去する動きも見せ、発射は当面延期されるとの見方が広がっていた。
 北朝鮮当局は情報を意図的に操作し、韓国や日本の情報収集の状況やその後の対応について見極めていた可能性が高い。ある意味で北朝鮮らしい行動ともいえる。

 もっとも北朝鮮が発表した通り、今回の発射が完全に成功したのはまだ不明だ。1段目のロケットと2段目のロケットまでは順調に動作した可能性は高いが、実際に衛星(弾頭)を軌道に投入してはじめて最終的な成功といえる。軌道に投入できたのかどうかは、詳しい分析が必要であり、現段階では北朝鮮の主張を検証することは難しい。

 韓国政府は、同国が西海上に配備したイージス艦のレーダーが北朝鮮のミサイルを確認したと発表した。また日本政府はミサイルが沖縄県上空を通過し、フィリピンの東約300キロの太平洋上に落下したとの見解を示している。
 ただ両国政府は、国民に対して独自の危機管理が出来ていることをアピールすることが恒例行事となっているため(危機管理が出来ていないことの裏返し?)、必要以上にプレス発表を行う傾向がある。だが本格的な分析は米軍に依存しているのが実情であり、米軍の解析結果を待たないと本当の情報は得られない可能性が高い。
 ただ今回の発射によって、少なくとも弾頭を軌道に投入する基本的な能力を持つことは証明されたといってよく、北朝鮮は核保有国としての立場をより強固なものにしたことだけは確かだ。

 - 政治

  関連記事

nhkkaichou
わずか2日で自説を撤回。NHK籾井会長発言がもたらすもう一つの弊害とは?

 NHKの籾井勝人会長は2014年1月27日、従軍慰安婦問題について「どこの国に …

taxi
タクシーの規制強化。それは本当に運転手の待遇改善を目的としているのか?

 与党と民主党は、タクシーの台数制限を義務づける「タクシーサービス向上法案」に合 …

abeobana201404002
政権内部から相次ぐオバマ大統領への批判。中国への意図せざるサインになる可能性も

 日米首脳会談終了後、とりあえず共同宣言をまとめることができたものの、日米間のギ …

obamafujinchina
ミシェル・オバマ大統領婦人が、わざわざ単独で中国を訪問した理由

 米中の外交が活発化してきている。2014年2月にはケリー国務長官が中国を訪問、 …

narogo01
羅老号が再度打ち上げ中止。日本に40年遅れる韓国の技術でロケット打ち上げは無理?

 トラブルが相次ぎ打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老( …

mosado
イスラエルの諜報機関モサドが「ネット」で人材募集。スパイ組織が公募に踏み切る事情

 かつては世界最強ともいわれたイスラエルの諜報機関「モサド」がスパイの募集を開始 …

ecb
失業率の悪化で国民の不満が爆発。欧州で緊縮策の一時棚上げが急浮上

 景気低迷と失業率の低下に歯止めがかからない欧州で、緊縮策を一時棚上げし、景気対 …

chinaenergy
中国が南シナ海での資源開発をあらためて強調。中国が譲歩できないその背景

 中国政府は、フィリピンなどとの領有権問題が発生している南シナ海領域について、中 …

tabakohaian
見送りの可能性も出てきた受動喫煙防止法案。日本は2周回遅れへ

 今国会での審議が予定されていた受動喫煙防止法案の提出が見送られる可能性が高くな …

abekenpou
安倍首相が集団的自衛権の議論再開を表明。改憲論者にはむしろ逆風?

 安倍内閣の長期政権化が見えてきたことで、集団的自衛権に関する議論が本格化しつつ …