ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

玄葉外相が、日本は韓国よりも米国から信頼されていると見苦しい自慢話を展開

 

 今回の北朝鮮のミサイル発射では、韓国側の情報が錯綜し混乱が見られた。この点について日本政府は「自分達は米国から確実な情報を得ていた」としており、米国と親しいことを披露するという見苦しい自慢話が展開されている。

 11日、韓国側政府は「ミサイルが撤去され発射は当面延期される見込み」と発表したが、実際には予備のミサイルで準備が進められ翌日には発射が実施されてしまった。産経新聞の報道によると、発射準備の最終段階に入り、米政府が韓国政府に対する情報提供を制限していたと日本政府高官が語ったという。
 また、玄葉光一郎外相は12日の記者会見で「情報を遮断された韓国とは異なり、日本政府には米側から時々刻々と発射施設の動きが伝わっていた」と説明した。発射台へのミサイル設置や取り外しなどの動向を韓国メディアが相次ぎ報じたことに米政府が不信感を持ち、韓国政府に対する情報提供を制限したためだという。

 日本や韓国は、ミサイル発射の準備状況や発射後の飛行ルートの確認といった情報収集のほどんどを米軍に依存している。日本は独自の軍事衛星を打ち上げているが、その解像度や衛星の数において米国とは比較にならず、独自で情報を収集できる体制にはなっていない。
 このため日本や韓国では、未熟なインテリジェンス能力に対するコンプレックスが激しく、記者会見では、自分達には情報収集能力があるのだという見苦しいアピールが繰り返されてきた。記者も発射の何秒後に探知したのか、その時首相は何をしていたのかなど、どうでもよい質問ばかり浴びせている。

 米側から情報を得ていたとする玄葉外相の発言も、この延長線上にあるものといえる。要するに「日本は韓国よりも米国に信頼されていて、秘密の情報を教えてもらえるのだ」という自慢である。
 このような状態なので、日本や韓国はいつまでたっても自国でインテリジェンス体制を構築することができない。情報収集能力において、米国と圧倒的な差があることは明白な事実であり、日本や韓国には独自で北朝鮮のミサイルに対処する能力はないのだ。政府だけでなく、国民も含めてその事実を冷静に受け止めることが、自国でインテリジェンス体制を構築する第一歩である。

 日本ではインテリジェンスというと何やら謎めいたイメージになっているようで、暗殺を行う特殊工作員を養成したり軍事衛星を打ち上げることがインテリジェンスだと思っているフシがある。だがインテリジェンス活動の95%は、新聞、テレビ、雑誌、公文書といった公開情報をコツコツと収集分析することであり、本当に地味なものだ。

 英国はインテリジェンス先進国として知られているが、ロイターやBBCの記者の中に多くの諜報部員が混じっていることは公然の秘密である。だが彼らは諜報機関から派遣されている特殊な人物ではなく、学生時代に諜報機関にリクルートされ、そのまま普通にBBCやロイターに就職したジャーナリストである。一生誰にも気付かれず、サラリーマンとしての人生を送るが、記者として得た公式、非公式の情報は英国のインテリジェンス活動の重要な情報源として活用されているのだ。

 衛星を使った分析や盗聴などによる非合法的な情報収集はインテリジェンス活動のごく一部にすぎない。立派な衛星があったところで基本的な情報収集、分析体制が構築されていなければ豚に真珠である。インテリジェンスの世界で弱点を見せることは最大の失態である。自国の情報収集能力があるのだとアピールしたいという精神的な弱さは、敵対する国家にとって最大のチャンスということを忘れてはならない。

 - 政治

  関連記事

uh-x
防衛省ヘリ調達談合事件。「企画競争入札」というインチキ

 防衛省が発注した次期多用途ヘリコプターに関する不正疑惑で、東京地検特捜部は週明 …

obamaisrael
オバマ大統領が就任以来初めてイスラエルを訪問。イスラエルとの蜜月は終わりの始まり?

 米国のオバマ大統領は3月20日、就任以来初めてイスラエルを訪問した。オバマ政権 …

B2
米国が北朝鮮の牽制にとうとうB2爆撃機を投入。それが意味するところとは?

 北朝鮮と米韓の緊張が高まっているなか、米軍は3月28日、韓国で実施している米韓 …

Ronald Reagan02
横須賀に後継空母の配備が正式決定。日本から空母がいなくなる事態は何とか回避

 米海軍は、神奈川県横須賀基地に配備している第七艦隊の主力空母「ジョージ・ワシン …

abekaisan20141113
7~9月期のGDPは予想通り思わしくない可能性が大。増税スキップは政治判断へ

 11月17日に発表される7~9月期の実質GDPの数字が思わしくない可能性がさら …

monju
高速増殖炉もんじゅは廃炉にするも、あたらな高速炉の開発計画が浮上

 運転停止中の高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が廃炉に向けて動き始めた。一方 …

no image
自民総裁選。谷垣総裁はポイ捨てされ、石原幹事長が優勢か?

 9月26日に投票を控えた自民党の総裁選。再選を目指す谷垣禎一総裁は、出身派閥の …

amazondrone
米国が無人機の商用利用ルールの原案を提示。本格普及に向けて動き出す

 米当局がとうとう無人機(ドローン)の商用利用に向けて本格的に動き始めた。実際に …

googlemusume
Google会長の娘が北朝鮮訪問記を公開。だが北朝鮮の光景は日本にも通じるものだった

  北朝鮮を電撃訪問したインターネット検索最大手グーグルのシュミット会長の娘であ …

huawei
米議会が華為技術(Huawei)に対する正式な調査報告書を公表。ソフトバンクはどうする?

 中国の通信機器大手、華為技術(Huawei-ファーウェイ)と中興通訊(ZTE) …