ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

FRBが失業率ターゲットを導入。とうとう出口戦略が見えてきた?

 

 米連邦準備制度理事会(FRB)は12日、連邦公開市場委員会(FOMC)を開催し、量的緩和をさらに拡大することを決定した。また失業率ターゲットともいうべき目標値を定めることを明言し、中央銀行が失業率までもカバーする姿勢を明確にした。

 今回のFOMCにおいて緩和策が拡大されることは大方予想されていた。内容も長期国債を毎月450億ドル(約3兆7000億円)購入する施策を延長するというもので、事前予想の範囲内といえる。
 目新しい点は、事実上のゼロ金利政策を継続する目安を具体的に示したこと。声明では、事実上のゼロ金利政策について「失業率が6.5%を超え、インフレ見通しが 2.5%以内にとどまっている限り」継続するとしている。失業率という金融政策とは直接関係しない指標にまでコミットするのは異例であり、景気回復に対するFRBの強い意気込みを示すものとして理解されている。

 もっとも、FRBは悲壮な覚悟で失業率ターゲットを設定しているわけではない。米国の経済指標はこのところ順調に推移しており、とりわけ住宅価格の上昇が著しい。FRBのバーナンキ議長は米国経済の回復に強い自信を持っており、これまでゼロ金利政策を継続する目安としていた2015年までに失業率を6.5%以下にすることは、十分に実現可能と判断しているといわれる。

 もしそうだとすると、失業率のターゲットを示したということは、現在のゼロ金利政策をいつ終了するのかについて、バーナンキ議長がメッセージを出し始めたということになる。もしバーナンキ議長が予想する通り、米国経済が順調に回復し、失業率の低下が進めば、いよいよ株高と金利上昇が始まる可能性が高い。国際的なマネーの動きはドル回帰となり、日本は円安に向かい始めるだろう。

 このシナリオを成立するのかはまだ分からないが、少なくともバーナンキ議長の視線の先には確実にその景色が見えているようだ。

 - 経済

  関連記事

money009
日本全体のバランスシートを見ればお金が出回らない理由がよく分かる

 内閣府は2014年1月17日、2012年度の国民経済計算を発表した。資産から負 …

building03
GDP改定値は上ブレの可能性大。だが中身は公共事業と消費増税駆け込み需要?

 財務省は9月2日、4~6月期における法人企業統計を発表した。今回の数値は、消費 …

no image
米著名ヘッジファンドが苦境に

 米国の著名な投資家であるジョン・ポールソン氏が率いるヘッジファンドが苦境に立た …

no image
企業の倒産件数が激減。だがそれは、銀行のあたらな時限爆弾に過ぎない

 銀行の過剰な国債保有が懸念されている中、銀行のあたらたな時限爆弾の存在が明らか …

nichigin03
国債市場の大混乱は日銀官僚による黒田総裁への嫌がらせというのは本当か?

 日銀による「異次元」の金融緩和策は国債市場の大混乱をもたらした。緩和策発表翌日 …

kuroda
日銀黒田総裁が消費税増税を肯定しなければならない理由

 日銀の黒田総裁は8月8日、金融政策決定会合後の記者会見において「脱デフレと消費 …

jinminginkou
中国人民銀行が預金準備率引き下げ。いずれ量的緩和に追い込まれる?

 中国の景気減速がはっきりしてきたことで、金融市場にもこれに付随した動きが見られ …

girishagikai
ギリシャ支援、4カ月継続で合意。基本的に状況は何も変わらず

 EU(欧州連合)は2014年2月20日に開催したユーロ圏財務相会合で、ギリシャ …

ibmrometti
苦戦続くIBM。人工知能に市場は反応せず、ドル高がダメ押し

 米IBMは2015年4月20日、2015年1~3月期の決算を発表した。売上高は …

nyse03
米国は「日本化」しているのか?FRBエコノミストの見解をめぐって激論

 米FRB(連邦準備制度理事会)は2013年12月18日のFOMC(連邦公開市場 …