ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

FRBが失業率ターゲットを導入。とうとう出口戦略が見えてきた?

 

 米連邦準備制度理事会(FRB)は12日、連邦公開市場委員会(FOMC)を開催し、量的緩和をさらに拡大することを決定した。また失業率ターゲットともいうべき目標値を定めることを明言し、中央銀行が失業率までもカバーする姿勢を明確にした。

 今回のFOMCにおいて緩和策が拡大されることは大方予想されていた。内容も長期国債を毎月450億ドル(約3兆7000億円)購入する施策を延長するというもので、事前予想の範囲内といえる。
 目新しい点は、事実上のゼロ金利政策を継続する目安を具体的に示したこと。声明では、事実上のゼロ金利政策について「失業率が6.5%を超え、インフレ見通しが 2.5%以内にとどまっている限り」継続するとしている。失業率という金融政策とは直接関係しない指標にまでコミットするのは異例であり、景気回復に対するFRBの強い意気込みを示すものとして理解されている。

 もっとも、FRBは悲壮な覚悟で失業率ターゲットを設定しているわけではない。米国の経済指標はこのところ順調に推移しており、とりわけ住宅価格の上昇が著しい。FRBのバーナンキ議長は米国経済の回復に強い自信を持っており、これまでゼロ金利政策を継続する目安としていた2015年までに失業率を6.5%以下にすることは、十分に実現可能と判断しているといわれる。

 もしそうだとすると、失業率のターゲットを示したということは、現在のゼロ金利政策をいつ終了するのかについて、バーナンキ議長がメッセージを出し始めたということになる。もしバーナンキ議長が予想する通り、米国経済が順調に回復し、失業率の低下が進めば、いよいよ株高と金利上昇が始まる可能性が高い。国際的なマネーの動きはドル回帰となり、日本は円安に向かい始めるだろう。

 このシナリオを成立するのかはまだ分からないが、少なくともバーナンキ議長の視線の先には確実にその景色が見えているようだ。

 - 経済

  関連記事

amazonfire
アマゾンが新スマホを発表。ネットサービスの人工知能化が一気に進む可能性

 米アマゾンは2014年6月18日、同社初のスマホとなる「ファイアフォン」を発表 …

jack ma
アリババが上場後初の決算を発表。市場拡大を取り込み業績は順調

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2014年11月4日、2014年7~ …

jinkou
日本の人口減少は新次元に突入。少子化対策はむしろ逆効果なのでは?

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は3月27日、2040年までの地域別推 …

euhonbu
土壇場でギリシャ支援を決定。期せずして露呈した「欧州」をめぐる独仏の路線対立

 ユーロ圏各国は2015年7月13日、首脳会議においてギリシャ支援の再開について …

dentaku
家計を助けるため一家総出で労働。日本人の経済状況はかなり苦しくなっている?

 日本の家計にちょっとした異変が起きている。世帯主の収入が減少する一方、配偶者や …

nichigin03
アベノミクスの恩恵を受けたのは株式投資をした人だけ?家計金融資産増加の実情

 量的緩和で供給された現金は金融機関に滞留しているが、株高によって金融商品の時価 …

nichigin02
マイナス金利政策になって突然、金融政策の効果が剥落した理由

 日銀のマイナス金利政策が逆風にさらされている。本来であれば、金融機関は融資拡大 …

okanekazoeru
大手メーカーによる下請けへの支払サイト延長措置。経済全体に悪影響はないか?

 大手電機メーカーの支払いサイト(下請けなどに代金を支払うまでの期間)が長くなっ …

shirakawae
前原大臣が白川総裁とガチンコ対決。日銀はいつまで粘れるか?

 本日(5日)開催されている日銀の金融政策決定会合に、前原誠司経済財政相が出席し …

no image
日韓スワップ協定は延長せず。背景に領土問題があることは明らか

 政府が韓国との通貨スワップ協定を延長しないことが確定した。  通貨スワップ協定 …