ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

FRBが失業率ターゲットを導入。とうとう出口戦略が見えてきた?

 

 米連邦準備制度理事会(FRB)は12日、連邦公開市場委員会(FOMC)を開催し、量的緩和をさらに拡大することを決定した。また失業率ターゲットともいうべき目標値を定めることを明言し、中央銀行が失業率までもカバーする姿勢を明確にした。

 今回のFOMCにおいて緩和策が拡大されることは大方予想されていた。内容も長期国債を毎月450億ドル(約3兆7000億円)購入する施策を延長するというもので、事前予想の範囲内といえる。
 目新しい点は、事実上のゼロ金利政策を継続する目安を具体的に示したこと。声明では、事実上のゼロ金利政策について「失業率が6.5%を超え、インフレ見通しが 2.5%以内にとどまっている限り」継続するとしている。失業率という金融政策とは直接関係しない指標にまでコミットするのは異例であり、景気回復に対するFRBの強い意気込みを示すものとして理解されている。

 もっとも、FRBは悲壮な覚悟で失業率ターゲットを設定しているわけではない。米国の経済指標はこのところ順調に推移しており、とりわけ住宅価格の上昇が著しい。FRBのバーナンキ議長は米国経済の回復に強い自信を持っており、これまでゼロ金利政策を継続する目安としていた2015年までに失業率を6.5%以下にすることは、十分に実現可能と判断しているといわれる。

 もしそうだとすると、失業率のターゲットを示したということは、現在のゼロ金利政策をいつ終了するのかについて、バーナンキ議長がメッセージを出し始めたということになる。もしバーナンキ議長が予想する通り、米国経済が順調に回復し、失業率の低下が進めば、いよいよ株高と金利上昇が始まる可能性が高い。国際的なマネーの動きはドル回帰となり、日本は円安に向かい始めるだろう。

 このシナリオを成立するのかはまだ分からないが、少なくともバーナンキ議長の視線の先には確実にその景色が見えているようだ。

 - 経済

  関連記事

3946377
最近注目を集める金本位制復活論。だが日本人にこれを導入する覚悟があるとは思えない

  米国大統領選挙が終了しオバマ大統領が再選されたことで、当面現状の金融政策が維 …

nichigin04
正念場を迎える日銀の量的緩和策。黒田総裁は外部の発言を積極化

 日銀の量的緩和策が正念場を迎えている。消費者物価指数は伸び率の鈍化が目立ち、4 …

ieren02
イエレン氏の議会証言声明文。内容は予想通りで、失業率を重視し緩和継続へ

 米FRB(連邦準備制度理事会)は、バーナンキ議長の後任に指名されたジャネット・ …

goan
10億の報酬をもらうゴーン氏。だが仏本国では世論に配慮し少額しかもらっていない

 日産自動車のカルロス・ゴーン社長は6月25日に開催された株主総会で、2013年 …

eikokulondon
市場は過剰反応?英国のEU離脱が決議されても、現実はそう簡単には進まない

 英国のEU(欧州連合)残留を問う国民投票が23日に迫っているが、最新の世論調査 …

fxkisei
金融庁が規制強化へ。ハイリスクなFX投資がここまで普及している国は日本だけ

 このところ金融業界に対する指導を強化している金融庁が、今度はFX(外国為替証拠 …

canonfactory
キヤノンの国内生産回帰は評価すべきだが、雇用の増加につながるわけではない

 キヤノンは2015年までに自社製品の国内生産比率を現在の42%から50%へ引き …

setsubitousi
日本企業の内部留保が過去最高。むしろ重要なのは資産の有効活用

 日本企業が内部留保を蓄積している。2013年3月期における日本企業の内部留保は …

abe5gatsukeizai
萎む成長戦略。最高裁判断まで出ている薬のネット販売解禁が規制緩和の目玉だって?

 アベノミクスの要として市場から多くの期待を集めていた成長戦略の雲行きが怪しくな …

nichigin04
日銀が緩和の枠組みを金利目標にシフト。量的緩和策は事実上の長期撤退戦へ

 日銀は、2016年6月20日と21日に開催された金融政策決定会合において、従来 …