ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国機がとうとう領空侵犯。領海侵入と領空侵犯は根本的に意味が違う!

 

 中国国家海洋局の航空機1機が13日、尖閣諸島南約15キロの日本の領空を侵犯し、航空自衛隊のF-15戦闘機が緊急発進(スクランブル)した。領空侵犯したのは中国国家海洋局の双発機B-3837(写真は同機から撮影された尖閣諸島)で、F-15が現地に到着した時にはすでに領空外に退去していたという。
 国家海洋局は事実上、軍と一体運用された組織であり、中国軍機による日本の領空侵犯は自衛隊が統計を取り始めた1958年以来初めてということになる。
 中国が艦船ではなく航空機で領空侵犯したことの意味は非常に大きい。このことは、中国の尖閣諸島に対する姿勢がまったく別のステージに入ったことを示している。

 国際法上、領海には無害通行権が認められている。つまり敵対的な意志がないことを示せば、他国の領海に入ることそのものは禁止されていないのである。したがって、尖閣諸島近辺の領海に中国の艦船が侵入しても、日本側はある程度抑制した対応を行う必要がある。

 だが領空については無害通行権は認められていない。極論すると領空侵犯した航空機は理由の如何に関わらず、問答無用で撃ち落してよいのだ。したがって、領土問題をめぐる国際的な「ゲーム」においては、領海侵入はよく使われる手段だが、領空侵犯はそうそう実行されない。旧ソ連はしばしば日本の領空侵犯を行ったが、領空ギリギリを飛行するなどの神経戦が中心で、堂々と侵犯することは稀であった。当時の日本は憲法制約上、自衛隊機による攻撃は事実上不可能であり、ソ連側には絶対に攻撃されないという自信もあった。そんな環境でさえ、ソ連は領空侵犯に対してかなり慎重な行動を取っていた。

 今回中国側がいとも簡単に領空侵犯を行ったということは、中国が後戻りできない一線を越えたことを意味している。中国側は、優柔不断な日本政府が中国機を攻撃できないと踏んでいる可能性が高い。もし今後、領空侵犯が繰り返され、既成事実として積み上がれば、尖閣諸島の実効支配権について事実上日本が放棄したとみなされるだろう。中国の狙いはまさにそこにある。

 米国は尖閣諸島問題について、領有権については言及しないが、日米安保の対象には含めるとのスタンスである。だが領空侵犯をめぐって日中両国が局地的な紛争状態に入ることを米側が望まないのは明らかである。しかも尖閣諸島の実効支配権が日中のどちらにあっても、米側の戦略にはあまり影響しない。
 中国としては、日本に領有権を放棄させることはおそらく考えていない。現在日本が持つ尖閣諸島の実行支配権を中国が奪い取ることが、当面のゴールである可能性が高い。日本政府がかなり追い詰められてきているのは間違いない。

 - 政治

  関連記事

monhiru
公的年金の損失5兆円は株価を考えれば妥当だが、本当にリスク運用でいいのか?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2016年7月2 …

kourai
尖閣諸島国有化から1年が経過。今後のカギを握るのは米中交渉の行方

 日本政府が尖閣諸島を国有化してから9月11日でちょうど1年となった。中国はこの …

gpif201306
年金運用改革の最終報告書まとまる。国内の景気対策に年金が利用される危険性も

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は11月20日、国債を中心とした従 …

no image
韓国の家計部門が危機的水準に突入と海外メディアが報道

 韓国の家計債務の可処分所得比率が危機的レベルに近づきつつあるといくつかの海外メ …

enzetsu
2期目を迎えたオバマ大統領の就任式。その日のスケジュールを全公開

 オバマ米大統領の2期目の就任式が21日首都ワシントンで開催された。 オバマ大統 …

narogo01
羅老号が再度打ち上げ中止。日本に40年遅れる韓国の技術でロケット打ち上げは無理?

 トラブルが相次ぎ打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老( …

abesenkyo201412
衆院選は予想通り与党が圧勝。ただ今後の政治日程が厳しいことに変わりはない

 第47回衆議院選挙は大方の予想通り、自民・公明両党の勝利となった。とりあえずア …

hasimoto20130113
橋下市長が体罰で自殺した生徒遺族に謝罪。教育委員会に対する知事関与の布石か?

 大阪市立桜宮高校の男子生徒がバスケットボール部顧問の男性教諭から体罰を受け自殺 …

aircraftcarrier2
米国が中東に展開する空母を削減。全世界的な米軍撤退の始まりか?

 米国防総省は軍事費削減プロジェクトの一環として、ペルシャ湾に派遣する空母の数を …

swis201405
最低賃金を2500円にする国民投票を行ったスイスの驚くべき実態とは

 最低賃金を何と2500円にするという驚くべき国民投票がスイスで行われた。結果は …