ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国機がとうとう領空侵犯。領海侵入と領空侵犯は根本的に意味が違う!

 

 中国国家海洋局の航空機1機が13日、尖閣諸島南約15キロの日本の領空を侵犯し、航空自衛隊のF-15戦闘機が緊急発進(スクランブル)した。領空侵犯したのは中国国家海洋局の双発機B-3837(写真は同機から撮影された尖閣諸島)で、F-15が現地に到着した時にはすでに領空外に退去していたという。
 国家海洋局は事実上、軍と一体運用された組織であり、中国軍機による日本の領空侵犯は自衛隊が統計を取り始めた1958年以来初めてということになる。
 中国が艦船ではなく航空機で領空侵犯したことの意味は非常に大きい。このことは、中国の尖閣諸島に対する姿勢がまったく別のステージに入ったことを示している。

 国際法上、領海には無害通行権が認められている。つまり敵対的な意志がないことを示せば、他国の領海に入ることそのものは禁止されていないのである。したがって、尖閣諸島近辺の領海に中国の艦船が侵入しても、日本側はある程度抑制した対応を行う必要がある。

 だが領空については無害通行権は認められていない。極論すると領空侵犯した航空機は理由の如何に関わらず、問答無用で撃ち落してよいのだ。したがって、領土問題をめぐる国際的な「ゲーム」においては、領海侵入はよく使われる手段だが、領空侵犯はそうそう実行されない。旧ソ連はしばしば日本の領空侵犯を行ったが、領空ギリギリを飛行するなどの神経戦が中心で、堂々と侵犯することは稀であった。当時の日本は憲法制約上、自衛隊機による攻撃は事実上不可能であり、ソ連側には絶対に攻撃されないという自信もあった。そんな環境でさえ、ソ連は領空侵犯に対してかなり慎重な行動を取っていた。

 今回中国側がいとも簡単に領空侵犯を行ったということは、中国が後戻りできない一線を越えたことを意味している。中国側は、優柔不断な日本政府が中国機を攻撃できないと踏んでいる可能性が高い。もし今後、領空侵犯が繰り返され、既成事実として積み上がれば、尖閣諸島の実効支配権について事実上日本が放棄したとみなされるだろう。中国の狙いはまさにそこにある。

 米国は尖閣諸島問題について、領有権については言及しないが、日米安保の対象には含めるとのスタンスである。だが領空侵犯をめぐって日中両国が局地的な紛争状態に入ることを米側が望まないのは明らかである。しかも尖閣諸島の実効支配権が日中のどちらにあっても、米側の戦略にはあまり影響しない。
 中国としては、日本に領有権を放棄させることはおそらく考えていない。現在日本が持つ尖閣諸島の実行支配権を中国が奪い取ることが、当面のゴールである可能性が高い。日本政府がかなり追い詰められてきているのは間違いない。

 - 政治

  関連記事

darairama
オバマ大統領がこのタイミングでダライ・ラマ14世と会談した理由

 オバマ大統領は2014年2月21日、訪米中のチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ …

rikokyoroise
米有力議員団が中国と韓国を相次いで訪問。従軍慰安婦問題が急浮上の可能性も

 米下院外交委員長のエドワード・ロイス議員を中心とした米議員団が中国と韓国を相次 …

abe20150814
安倍首相が70年談話を発表。政権弱体化を印象付ける無難な内容

 安倍首相は2015年8月14日、戦後70年談話を発表した。注目されていた歴史認 …

doitsushoibure
ドイツがとうとう国債の新規発行がゼロに。日本は何を学ぶべきか

 ドイツのショイブレ財務相は2014年9月9日、ドイツ連邦政府の2015年度予算 …

ichimanen
財政再建目標に債務GDP比を併記?その本当の狙いは公共事業

 政府の財政再建目標をめぐる議論が活発になっている。これまで国際公約として掲げて …

saitengai
中国の新駐米大使は駐日大使経験者。中国はいよいよ日米の分断作戦開始との噂

 中国政府は3月3日、前駐日大使の崔天凱外務次官を駐米大使に起用する人事を決めた …

kitasuibaku
北朝鮮が4度目の核実験を実施と発表。原爆ではなく水爆というのは本当か?

 北朝鮮は2016年1月6日、水爆実験に成功したと発表した。北朝鮮が核実験を行う …

cameron2
英国でEU離脱を主張する政党が大躍進。EU問題が再び炎上か?

 英国でEU離脱をめぐる動きが再び活発化している。5月2日に統一地方選挙が実施さ …

retttamerukeru
イタリアのレッタ新首相が就任早々独仏を訪問。とりあえずはイタリアの立場を説明

  イタリアのレッタ新首相は、就任早々ドイツとフランスを訪問し、従来の緊縮財政か …

bunkaku
中国で腐敗撲滅隊なる政治ショーが流行。だが「文革」を連想させる光景に不安の声も

 権力者の腐敗が社会問題化している中国で、腐敗撲滅隊と呼ばれる政治ショーがインタ …