ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。日本は米国についで3位だが、件数では中国、米国に大きく引き離されている。

 世界知的所有権機関(WIPO)の調べるによると、2011年における全世界の特許出願数は214万件で前年比7.8%の伸びとなった。国別の出願件数で1位になったのは中国で52万6412件、2位は米国で50万3582件、3位が日本で34万2610件であった。中国は前年比で34.6%の伸びとなり、米国を抜いて首位に立った。このほか、香港、南アフリカなどの伸びが大きかった。
 中国は国内からの出願が多く8割近くに達している。中国では知的財産権を保護するという観点から政府が特許申請を推奨している。出願費用が安いことも件数増加の一因になっているとみられる。

 特許は原則として国ごとに出願する必要がある。これまでは世界の特許の8割以上が米、日、欧州の3つに集中していたため、これらの地域は特許3極と呼ばれ特別な立場にあった。各国の特許に関する条約などは基本的に3極の意向で決定されていた。だが最近では中国や韓国の伸びが著しく、3極+中韓という流れになりつつある。
 また企業のグローバル化が進み国際的な特許紛争も増えてきたことから、ひとつの申請で140カ国以上の国・地域に同時に出願したとみなされる国際出願制度を利用するケースが増えてきている。

 国際特許で見てみるとランキングの様子は少し変わってくる。国際特許の総出願件数は18万2000件。1位は米国で4万8000件、2位は日本で3万9000件、3位はドイツで1万8000件、中国は4位で1万3000件。国際出願では米国と日本が圧倒的なシェアだ。
 特許は出願するだけなら比較的に簡単な手続きで済むが、実際にその特許を成立させ、効力を発揮するようにするためには多額の費用と手間がかかる。国際特許となれば尚更である。国際的な技術開発力のランキングは、国際特許の方がより実態を反映しているといってよいだろう。

 だが日本はとても安心していられる状況ではない。企業別の出願件数において昨年1位だったパナソニックは中国の中興通訊(ZTE)に抜かれ2位に転落、しかも3位には華為技術(ファーウェイ)が迫ってきている。大学別では上位4校を米国勢が占め、5位は韓国科学技術院、6位はソウル大学と韓国に抜かれている。東京大学は7位、京都大学は14位、大阪大学は18位、東北大学が24位だった。

 出願件数でトップに立った中国の特許はまだハリボテかもしれないが、実体を伴ってくるのも時間の問題である。

 - 政治, 社会, 経済

  関連記事

hakenmura
緊急経済対策に盛り込まれたのはわずか1件。非正規雇用問題は完全に忘れ去られた

 11日に正式決定された緊急経済対策には、大規模な公共事業や成長戦略など、目を引 …

tokyowan
GDPギャップは依然マイナスのまま。供給過剰な状態は本当に一時的なものなのか?

 内閣府は8月22日、4~6月期におけるGDPギャップがマイナス1.9%になった …

chusha02
副作用続出で子宮頸がんワクチンの推奨中止へ。なぜ拙速に事は進められたのか?

 厚生労働省は副作用の報告が相次いでいる子宮頸がんワクチンについて、積極的な接種 …

usarmy
米国の若者の7割が兵役不適格。肥満などが主な原因だが、装備ハイテク化の影響も

 米国の若者の約7割が、何らかの理由で兵役の対象にならないという現実が話題となっ …

keizaikakusa
景気が良くなるほど、経済格差が拡大するという不都合な真実

 貧困の撲滅活動を行う国際NGO「オックスファム」は2014年1月20日、経済格 …

stap20140409
小保方氏が初の記者会見。なぜデータの差し替えを行ったのか?

 STAP細胞の論文について不正があると指摘されている問題で、研究の中心人物であ …

no image
失業率25%のスペイン。国家は非常事態なのに国内旅行は絶好調。何故?

 経済危機真っ只中のスペインだが、観光業が絶好調である。経済危機によって価格を引 …

amari
概算要求への牽制?甘利氏が、社会保障費の自然増も聖域にすべきではないとコメント

 甘利経済財政相は2014年7月15日、来年度予算の概算要求に関し、社会保障費に …

saikousai
波紋を呼ぶ前内閣法制局長官の発言。やはり日本では三権分立は無理なのか?

 前内閣法制局長官で最高裁判事に任命された山本庸幸氏は21日、記者会見において「 …

nvidiaceo
ハードはタダの箱になる。世界的家電見本市CESで一気に主役交代の流れ

 世界最大の家電見本市「CES」が2016年1月6日から8日にかけて米ラスベガス …