ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。日本は米国についで3位だが、件数では中国、米国に大きく引き離されている。

 世界知的所有権機関(WIPO)の調べるによると、2011年における全世界の特許出願数は214万件で前年比7.8%の伸びとなった。国別の出願件数で1位になったのは中国で52万6412件、2位は米国で50万3582件、3位が日本で34万2610件であった。中国は前年比で34.6%の伸びとなり、米国を抜いて首位に立った。このほか、香港、南アフリカなどの伸びが大きかった。
 中国は国内からの出願が多く8割近くに達している。中国では知的財産権を保護するという観点から政府が特許申請を推奨している。出願費用が安いことも件数増加の一因になっているとみられる。

 特許は原則として国ごとに出願する必要がある。これまでは世界の特許の8割以上が米、日、欧州の3つに集中していたため、これらの地域は特許3極と呼ばれ特別な立場にあった。各国の特許に関する条約などは基本的に3極の意向で決定されていた。だが最近では中国や韓国の伸びが著しく、3極+中韓という流れになりつつある。
 また企業のグローバル化が進み国際的な特許紛争も増えてきたことから、ひとつの申請で140カ国以上の国・地域に同時に出願したとみなされる国際出願制度を利用するケースが増えてきている。

 国際特許で見てみるとランキングの様子は少し変わってくる。国際特許の総出願件数は18万2000件。1位は米国で4万8000件、2位は日本で3万9000件、3位はドイツで1万8000件、中国は4位で1万3000件。国際出願では米国と日本が圧倒的なシェアだ。
 特許は出願するだけなら比較的に簡単な手続きで済むが、実際にその特許を成立させ、効力を発揮するようにするためには多額の費用と手間がかかる。国際特許となれば尚更である。国際的な技術開発力のランキングは、国際特許の方がより実態を反映しているといってよいだろう。

 だが日本はとても安心していられる状況ではない。企業別の出願件数において昨年1位だったパナソニックは中国の中興通訊(ZTE)に抜かれ2位に転落、しかも3位には華為技術(ファーウェイ)が迫ってきている。大学別では上位4校を米国勢が占め、5位は韓国科学技術院、6位はソウル大学と韓国に抜かれている。東京大学は7位、京都大学は14位、大阪大学は18位、東北大学が24位だった。

 出願件数でトップに立った中国の特許はまだハリボテかもしれないが、実体を伴ってくるのも時間の問題である。

 - 政治, 社会, 経済

  関連記事

no image
英国在住のイラク人がフランス国内で自動小銃で射殺。様々な憶測を呼ぶ

 フランス南部、アルプス山脈のアヌシー湖付近で、自動車の車内外 から男性2人と女 …

koikekyosan
法制局長官が「番犬」であるという一連の騒動から、議会制民主主義の本質を考える

 集団的自衛権に関する憲法解釈の見直し問題で注目を集めている小松内閣法制局長官が …

watanabeyosimi
みんなの党が維新との合流を断念。渡辺代表が父親譲りのダジャレで決別宣言

 みんなの党の渡辺代表は27日、政策が一致していないとして、日本維新の会との合流 …

googlecar02
グーグル2015年4~6月期決算。増収増益だが、更なる成長は自動運転待ち

 米グーグルは2015年7月16日、2015年4~6月期の決算を発表した。広告事 …

ierensamazu
次期FRB議長最有力候補サマーズ氏が無念の辞退。理由はズバリ、傲慢不遜な性格

 米FRB(連邦準備制度理事会)次期議長の最有力候補であったサマーズ元財務長官が …

alibaba
アリババはコスト増加で利益減少。同社の競争環境は厳しくなってきた

 中国の電子商取引最大手アリババ・グループは2015年5月7日、2015年1~3 …

apple
Appleの最終決算は利益率低下の影響が一旦収束。株主還元への注目がさらに高まる

 米アップルは10月28日、2013年7~9月期決算および2013年9月期の通期 …

hirari
クリントン前国務長官が出馬表明。知名度抜群だが、政策面での不安も

 民主党のヒラリー・クリントン前国務長官は2015年4月12日、インターネットの …

softbanksprint
ソフトバンクが買収した米スプリントの業績に改善傾向。黒字化も見えてきた?

 ソフトバンクが216億ドル(約2兆2000億円)をかけて買収した米スプリントの …

banri
万里の長城遭難ツアー会社は死亡事故2回目。危険ツアーが組まれる背景とは?

  中国の「万里の長城」付近で起きた日本人ツアー客4人が遭難した事故で、ツアーを …