ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

通貨マフィアのディナー?教科書にも載っていない量的緩和策が突然メジゃーになったワケ

 

 国際決済銀行(BIS)本部で開かれる各国の中央銀行総裁による非公式の夕食会が、世界の金融政策に大きな影響を与えているとウォールストリート・ジャーナルが報じている。

 夕食会は2ヶ月に1回、日曜日の夜に、スイスのバーゼルにある国際決済銀行本部(写真)18階で行われている(ライン川が見渡せる部屋らしい)。バーナンキFRB議長や欧州中央銀行のドラギ総裁をはじめとする各国の中央銀行総裁が顔を揃えており、日銀の白川総裁も参加しているという。
 この夕食会には外部の人間はもちろん、中央銀行の職員も参加せず、記録も残さない。このため、各国の総裁がホンネで情報交換を行っており、金融政策の立案に大きな役割を果たしているという。

 これまで経済学の教科書にすら載っていなかった量的緩和策が、突如世界的な金融政策の主軸になったのは、この夕食会がきっかけだという。
 バーナンキ議長とドラギ総裁はともにMIT(マサチューセッツ工科大学)の出身なのだが、MITには景気は政府がコントロールできるという思想があり、夕食会の場で2人は意気投合し、このアイデアを昇華させていったというのである。

 かつて各国の中央銀行総裁や財政当局の高官は、定期的に非公式の会合を持ち、情報を共有していたことから「通貨マフィア」と呼ばれていた。彼らは所属する国と組織の利益を代表する立場である一方、通貨政策に責任を持つ少数の集団として特殊なエリート意識を持っていた。マフィアと呼ばれるのは、閉鎖的でプライドが高いからである。つまり、彼らは世界最高の知性にも、最低のクズ野郎にもなりえる存在というわけだ。国際決済銀行における夕食会も、典型的な通貨マフィアの会合の一つといってよいだろう。

 中央銀行の独立性は、過去の歴史から導き出されてきた消去法的なルールである。それは「民主主義はどうしようもない制度だが、他の制度に比べればまだマシだ」というチャーチルの名言に近いものがある。
  本来、民主国家においては、特定少数の人間が政策を独自に、しかも非公式に決定することなど許されるはずがない。だが民意はしばしば衆愚に陥る。中央銀行に無限の財政引き受けを要求した結果、歴史は何度もハイパーインフレを繰り返してきた。中央銀行の独立性は、この苦い経験から得られた教訓であり、戦争と並んで人類が生み出した最大の「必要悪」でもある。決して金科玉条のように振りかざすものではない。通貨マフィアの人たちは「誇り」と「罪悪感」の両方を持たねばならない存在なのだ。

 一種の特権的な立場を与えられた通貨マフィアに対しては、極めて高いレベルの説明責任が要求されて当然である。それがイヤだというなら、そのような仕事は引き受けるべきではない。また彼らに対して質問する立場のエコノミストやジャーナリストは徹底してシビアである必要がある。それが彼らに対する礼儀といえるだろう。

 - 政治, 経済

  関連記事

honkon
香港で開催予定のAPECが突然北京に変更。背景には行政長官の普通選挙問題?

 香港政府は2014年2月25日、9月に香港で開催が予定されているAPEC(アジ …

abe20141120
安倍政権が来春の賃上げを経済界に要請。漂う政策の手詰まり感

 安倍首相は2014年11月19日に開催された政労使会議の場において、経済界に対 …

saikousai
波紋を呼ぶ前内閣法制局長官の発言。やはり日本では三権分立は無理なのか?

 前内閣法制局長官で最高裁判事に任命された山本庸幸氏は21日、記者会見において「 …

kijijidousakusei
AP通信が決算記事の作成にロボットを導入。この動きは一般企業にも波及する

 通信社大手のAPは2014年6月30日、同社が提供する決算記事の作成にロボット …

myanmer
ミャンマーの携帯電話事業で日本は落選。中東の通信会社を選定したしたたかな戦略

 ミャンマー政府は6月27日、同国における携帯電話事業への新規参入選定において、 …

suga03
動き出す法人税減税。今後の焦点は特定企業を優遇する制度の改革へ

 甘利経済財政・再生相は2014年3月20日の記者会見で、法人実効税率の引き下げ …

kimujonun04
米紙が金正恩ファミリーの海外隠し財産について報道。米朝交渉のための揺さぶりか?

 核問題をめぐる北朝鮮と米国の交渉が動き始めている。北朝鮮はケリー国務長官のアジ …

ecb201506
ドイツと米国の金利が急上昇。金利正常化プロセスなのか市場の混乱か?

 このところ各国の金利が急上昇している。4月中旬にはゼロ%まで近づいたドイツの長 …

runesasu002
日本のモノ作りがダメになった本当の理由は、「新しもの好き」を止めてしまったから

 製造業は衰退したとのイメージが強い米国だが、半導体の分野ではその存在感がますま …

chinasinkubo
中国が初の国産空母を旧ピッチで建造中。問題はその次の国産空母

 中国が初の国産空母の建造を急ピッチで進めている。今のペースが維持された場合、2 …