ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アップルが大型TVを開発中?シャープが液晶を受注するためには鴻海の傘下入りが必須?

 

 米アップルが台湾の鴻海精密工業と共同で大画面TVの開発を進めているという。米ウォールストリートジャーナルが報じている。

 同紙によると、アップルは大画面スクリーンを使ったTVのデザインをテスト中であり、これに鴻海が深く関与しているという。またTVの液晶パネルの供給元にはシャープの名前が上がっているという。ただ、TV開発プロジェクトそのものは、まだ初期段階であり、すぐに製品化されるものではないとしている。

 コンシューマー分野における覇者を狙うアップルにとって、インターネット機能を搭載したTVは最後に残された大本命の市場。家庭用のTVにアップルが進出できれば、人々が使用するほとんどの電子機器をアップルのサービスに接続できることになり、同社に計り知れないメリットをもたらす。

 そもそもコンピュータ、電話、TVはまったく別の産業として成長してきたものであり、相互の技術的親和性は低かった。だがインターネットの普及によりコンピュータと電話についてはコンピュータ側の主導で融合が進んできた。それを製品として具現化したのがiPhoneでありiPadだ。

 一方でTVとコンピュータの融合はまだ進んでいない。TVという巨大市場をめぐり、どちらの技術が融合の主導権を握るのかが次の焦点になっていた。かつてはこの分野のリーダーはソニーであった。AV機器で圧倒的な影響力を持つ同社が、インターネット技術を取り込む形でTVとコンピュータを融合させると考えられていた(当時のアップルは弱小のパソコン・メーカーでしかなかった)。
 だがソニーは自社の技術に対する過信から融合戦略に失敗、経営危機に陥る状況となり、戦略的なプロジェクトに取り組める状況ではなくなった。結果的に大躍進したアップルがこの分野の最有力候補というわけである。
 だがTVの分野はコンピュータとは異なるカルチャーであり、融合はそう容易ではない。アップルもそのあたりは熟知しており、慎重に製品化の準備を進めていると考えられる。

 アップルが本当のこの製品を商品化することになった場合、液晶の供給元には巨大なビジネス・チャンスが転がり込むことになる。シャープにとっては経営危機から脱却するきっかけになると期待されている。だがことはそう簡単に進まない可能性が高い。
 液晶パネルの生産には、同社の堺工場が使用される可能性が高いといわれているが、堺工場はすでにリストラの一貫で鴻海のオーナーである郭台銘氏に売却されている。同工場はシャープの連結対象からはずれており、アップル向けに稼働率が上昇してもシャープ全体が潤うわけではないのだ。
 アップルの大画面TVがシャープ浮上のきっかけとなるためには、シャープが完全に鴻海の傘下に入り、事実上一体のものとしてアップルに対応することが必要だ。記事ではアップルがTVの開発を断念する可能性も示唆している。
 シャープの将来は、アップルと鴻海の交渉に大きく依存することになってきた。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

mujinkikubo
米海軍が無人艦載機の空母からの発艦をデモ。軍隊のロボット化が急ピッチで進む

 米海軍は5月14日、無人機を空母から発艦させるデモンストレーションを実施した。 …

fanakku
秘密主義から一転、株主との対話路線に舵を切った「謎の会社」ファナック

 産業用ロボット大手ファナックの株価が急騰している。2月初旬には2万円前後だった …

newspicks
NewsPicksを運営するユーザベースが上場。本業はまずまずだが上場を急いだ印象は拭えない

 ニュース・アプリ「NewsPicks」を運営するユーザベースが2016年10月 …

no image
韓国企業が相次いで中国内陸部に巨額投資。しかも土地はタダだって!

 韓国が中国内陸部への投資を加速している。  韓国のサムスン電子が陝西省西安に7 …

siniasumaho
日本のスマホ普及率予測が低いのは高齢化が原因?。それとも固定への過剰投資?

 日本のスマホ普及率が頭打ちになるという市場予測が話題となっている。米国の調査会 …

shirakawae
白川総裁も脱力?大企業の社長さん!成長戦略の意味を根本的に誤解してませんか?

 総選挙の結果をうけて日本経済新聞が実施した大手企業経営者に対するアンケート調査 …

manshonkinri
マイナス金利にもかかわらずメガバンクに住宅ローン金利引き上げの動き

 マイナス金利政策が続いているにもかかわらず、メガバンク各行が住宅ローンの引き上 …

abe20141120
安倍政権が来春の賃上げを経済界に要請。漂う政策の手詰まり感

 安倍首相は2014年11月19日に開催された政労使会議の場において、経済界に対 …

kamotsusen
FTA締結のメリットをまったく享受できない韓国。日本はTPPの影響をどう考えるべきか?

 各国と相次いでFTA(自由貿易協定)を締結してきた韓国において、消費者がその恩 …

komonsodanyaku
東証が顧問・相談役制度の情報開示を要請も、この習慣はなくならない?

 上場企業のトップ経験者などが、顧問や相談約などの形で会社に残ることについて批判 …