ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍政権の樹立に財務省が暗躍?財務省はなぜ政界をコントロールできるのか?

 

 自民党の政権復帰に財務省が大きな役割を果たしたとの噂が広がっている。財務省は悲願の消費税増税を実現するため、野田氏の首相就任を全面的にバックアップし、その代償として消費税の増税を勝ち取ったといわれている。一連の政界工作を主導した財務省の勝栄二郎前次官は永田町では「影の総理」とまでいわれていた。だが財務省は消費税の増税を実現すると、野田首相を使い捨てにし、自民党の安倍総裁を総理にすべく動いていたという。

 財務省が現在もっとも懸念しているのは、景気の先行き。消費税増税を控え、財務省としては一時的でもよいので、景気を回復させることを強く望んでいる。この枠組みに乗ったのが、自民党の安倍総裁というわけである。
 安倍総裁は衆院が解散されると、突如日銀法の改正や日銀による国債引受といった大胆な金融財政政策をブチ上げた。安倍氏の周辺には、もともと小泉政権時代のブレーンが集まっており、積極的な緩和策の導入には前向きであった。だがこれだけ強い調子で大胆発言を繰り返したウラには財務省のバックアップがあると考える方が自然だ。
 安倍政権が実現し、巨額の公共投資と積極的な金融緩和策が実現すれば、一時的には景気は回復する。本来財務省は財政均衡論者の集まりだが、消費税のスムーズな導入との天秤になれば国債増発の方が優先される。日銀法が改正され、日銀の権限が弱まることも好都合である。

 財務省がすべてをコントロールしているというのは、ちょっと大げさでいささか陰謀論的な話でもある。だが、官邸をコントロールすることにかけては、財務省が他の府省の追随を許さない影響力を発揮しているというのも事実だ。ではなぜ財務省だけがこのようなパワーを持っているのだろうか?

 元財務省で小泉政権のブレーンでもあった高橋洋一氏は「財務官僚はヒマだから」と解説している。高橋氏の発言は半分冗談だが半分は本当である。
 財務省は他の府省と異なり、現業をほとんど持っていない(関税業務くらいである)。現業を持っていると、その部分には多大な利権が伴うため、業界や政治家など各種利害関係者との調整に莫大な労力が必要となる。だが財務省にはそれがなく、課長職以上の職員には時間的余裕がある。
 財務省のもっとも重要な仕事といわれる予算編成だが、世間では激務で連日徹夜が続くというイメージである。実際そうなのだが、内部の状況はちょっと違う。あまり知られていないが、予算編成作業の中心となっているのはいわゆるキャリア官僚ではない。各省との折衝窓口となる係長のほとんどはノンキャリア組であり、その上の主査のポストもノンキャリア組が少なくない。最終的に予算をまとめる主計官はキャリア組の主要ポストだが、彼らは実務で振り回されず、意思決定に集中できるような仕組みが出来上がっているのだ(軍隊の組織に近い)。

 また主計局には、主計官のひとつ下に主計企画官というポストがある。主計企画官はいってみれば遊軍であり、官邸や有力政治家と頻繁に連絡を取り、各種の折衝をこなしている。場合によっては官邸や政治家のシンクタンク役として、部下と一緒に出向したりすることもある。他の府省にはこのような人員を確保する余裕はなく、これが政治力の差となって表れてきているのだ。
 予算編成を通じて各省の情報が集中し、多数のブレーンとなる人材を擁している主計局は財務省の権力の源泉といえる。財務省の解体論が出てくるたびに、主計局の分離案が取りざたされるのには、このような背景がある。

 - 政治

  関連記事

buidingold
政府が地方都市の不動産活性化ファンドを検討中。だが完全に手遅れだ!

 政府は、経済対策の一貫として、商業施設やマンションの建設プロジェクトに投資する …

kerry02
ミサイル警戒の最中、ケリー国務長官が日中韓国歴訪。北との水面下の交渉は?

 北朝鮮によるミサイル発射に備え、日米韓による監視が続いている。ミサイルを発射す …

shukinpei04
習主席の米国訪問日程が近付く。ささやかれ始めた首脳会談の本当のテーマ

 中国の習近平国家主席は、5月31日から6月6日の日程で、トリニダード・ドバゴ、 …

macronsousenkyo
フランス総選挙でマクロン新党が圧勝。第六共和政がスタートする?

 フランス国民議会の総選挙が11日に行われ、マクロン大統領が率いる新党「共和国前 …

greekyogur
EUなんて幻想?ギリシャの有力企業が相次いで本社を国外に移転し、空洞化が加速

 経済危機が続くギリシャで有力企業の本社を国外に移す動きが出てきている。10月に …

wine02
日本産ワインのブランド力強化法案は効果を発揮するのか?

 国産ワインのブランド力を強化するため、自民党が「ワイン法案」について検討してい …

ohshima
内閣府が災害対策のガイドライン見直しへ。日本で想定外のことばかり起きる理由とは?

 内閣府は、避難勧告や避難準備情報などを出す場合に自治体が参考にするガイドライン …

kourousho
厚労省のマイナンバー収賄事件。汚職の温床となりやすい官庁の調達制度とは?

 マイナンバーに関する事業をめぐり、業者から現金100万円を受け取った収賄の罪で …

toyotatranpu
トランプ氏がとうとう攻撃の矛先をトヨタにも。GMは今のところ従来路線の堅持を主張

 米国内の雇用を重視するトランプ氏による攻撃がとうとうトヨタにも向けられた。GM …

nikkann
日本と韓国は仲良く三流国家?各種調査結果が示す日韓の類似性

 日本人と韓国人は互いに嫌っているとよくいわれる。2012年11月に内閣府が発表 …