ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

宇宙開発事業も空洞化?NASAに押し寄せる民営化という時代の波

 

 かつて科学技術の頂点といわれ、国家の威信をかけて行われていた宇宙開発にも、空洞化、民営化の波が押し寄せている。

 NASA(米航空宇宙局)のボールデン長官は10日ベトナムを訪れ、民間航空宇宙事業開発に関する共同声明に署名した。 ベトナム政府とNASAは、衛星による地球研究、地球物理、環境に関する情報交換、宇宙開発に関する人材育成、遠隔センサー建設などの重点分野で協力していく。 また両者は世界で3番目となる衛星センターをホーチミン市に建設すべく、協議を行っている。

 アポロ計画の全盛期、NASAに対しては連邦政府予算の4%を超える巨額の資金が投じられていた。だが年々予算は削減され、現在では0.5%を切る水準にまで低下している。
 ここ30年の宇宙開発の主役であったスペースシャトルは2011年7月のフライトを最後にとうとう退役。国際宇宙ステーション(ISS)への物資輸送などは国際協力や民間ロケット会社に任せる方針に転換した(写真は引退し、保存場所に移動するスペースシャトル)。NASAは地球に比較的近い天体の探査などに集中していく方針だ。NASAのベトナムとの協力もこういった流れの延長線上にある。

 宇宙開発分野への民間企業の進出も著しい。地球周回軌道ベースの宇宙旅行サービスへの進出を表明している会社はすでに何社もある。最近では米GoldenSpike社が、月への有人宇宙飛行事業への進出を発表している。同社はこれまでの常識を覆し、途上国向けに宇宙開発事業を丸ごと請け負うビジネスを想定しており、もはや宇宙開発が政府の独占事業でないことを内外に知らしめることになった。

 IT技術の急速な進展によって、エネルギーや軍事といったこれまで国家が独占してきた分野のコモディティ化が進んできた。NASAをめぐる一連の動きは宇宙開発も決してその例外ではないことを示している。

 - 政治, 社会

  関連記事

rokkasho
韓国から核燃料の再処理を受託との報道。原子力は核の問題であるという理解が必要

 日本政府が、使用済み核燃料の再処理を韓国から受託することを検討しているという東 …

kourousho
ようやく最低賃金が大幅に引き上げられるが、恩恵の多くは中間層に?

 諸外国に比べて低く抑えられていた日本の最低賃金がようやく引き上げられる。最低賃 …

nodae02
野田首相が最悪のタイミングで解散を決断。憲政史上もっとも幼稚な解散の一つに

 首相の解散権は「伝家の宝刀」と呼ばれ、首相の専権事項であり、首相の権力の源泉で …

takenaka
安部政権の経済政策に矛盾?カギを握るのは経済再生本部の竹中平蔵氏

 安倍政権が掲げる経済政策「3本の矢」の全体像が見えてきた。3本の矢のうち、成長 …

francegas01
バフェット氏が所有する仏工場で悪臭ダダ漏れ。日本人によぎったある光景とは?

 フランス北部ルーアンにある化学工場で21日、腐った卵のような強い臭気を放つガス …

nihontv
日テレ内定取り消し騒動。あらためて分かる日本における雇用の「重さ」

 日本テレビに内定していた女子大生が内定取り消しの撤回を求めた裁判が2014年1 …

waitsuzekka
ワイツゼッカー元大統領の死去から考える、国益と愛国心

 戦後の国際社会に極めて大きな影響を与えたドイツのワイツゼッカー元大統領の国葬が …

no image
ウォルマートが低所得者向けの新しい金融決済サービスを開始。日本も参考にすべし

 米小売り最大手ウォルマートとクレジットカード大手アメリカン・エキスプレスは、プ …

sinnkansen
新幹線が大規模改修を前倒しで実施。ボロボロといわれる首都高は大丈夫なのか?

 東海旅客鉄道(JR東海)は29日、東海道新幹線の大規模改修を5年前倒しして開始 …

merisa
米Yahooが社員に在宅勤務禁止を通達。自由といわれる米IT企業の本当の姿とは?

 米Yahooのマリッサ・メイヤーCEOが、社員に在宅勤務を禁止する通達を送った …