ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国で移民の国外退去を猶予する政策が不調。すでに時代は次のフェーズに進んでいた

 

 オバマ大統領が選挙対策の目玉として発表した不法移民の強制送還を猶予する政策が思いのほか効果を上げていないことが明らかになってきた。

 オバマ大統領は2012年6月、子どもの時に米国に入国した不法移民のうち、一定の条件を満たした人の強制送還を猶予する政策を発表した。16歳前に入国し現在30歳未満の犯罪歴のない若者で、学業成績が優秀もしくは兵役を務めた者は2年間送還が猶予されるというもの。また過去5年以上米国に継続して居住していたことを証明できれば、就労許可申請も可能だという。

 米国では昨年、過去最高の39万6906人の不法移民を国外退去させたが、移民の数は増える一方となっている。移民の流入に対しては米国人の職を奪うとして反発する声がある一方で、不法移民なくしては米国の産業が成り立たないという現実もあり、移民受け入れに積極的な意見が増えてきている。
 オバマ大統領は有権者の20%近くを占めるまでになったヒスパニック系に配慮して、不法移民の強制対処を猶予する政策を打ち出していた。

 その効果もありオバマ大統領は再選されたわけだが、肝心の猶予政策に対して、多くの不法移民が申請しないという事態が生じている。その理由は、猶予申請がいわば「やぶへび」となり、強制退去のきっかけになってしまうことを恐れているからだといわれている。確かに今回の政策ではあくまで2年間猶予されるだけであり、米国への永住が保障されるわけではない。
 この事態に国土安全保障省のナポリターノ長官は、申請された個人情報は他の省庁に渡すことはないと説明しているが、あまり効果は上がっていないようである。

 だがこのことは米国の移民が置かれているもう一つの側面を表している。不法移民の存在はもはや当たり前になっており、不法移民であることが、就学や就職において大した障害にはなっていないということである。不法移民の中には法的なお墨付きを得なくても、十分に現在の生活を継続できると考える人も少なくないのだ。
 米国をはじめ経済が好調なドイツなどには多くの移民が押し寄せ、社会の中で一定の立場を確保しつつある。移民の法的な立場をどうするのかについては、今後も紆余曲折を経る可能性が高いが、少なくとも一般社会のレベルでは、移民が存在することに疑問を差し挟む余地はなくなっているようである。

 日本でも一時期、移民受け入れの議論がなされていたが、現在では下火になっている。その間に、日本は経済的魅力をなくしてしまっており、今後日本に移民を希望する人はそれほど増加しないことが予想される。むしろ今後、日本人が移民として国外に流出することについて、本気で対策を講じなければならない時代がやってくるのかもしれない。

 - 政治

  関連記事

mof02
2015年度予算の概算要求がまとまる。100兆円を突破し過去最大規模の要求額

 財務省は2014年9月3日、2015年度予算の概算要求額を公表した。一般会計は …

weizugamen
道路情報シェアのアプリをめぐって米で騒動。問われるインテリジェンス能力

 渋滞など道路情報をシェアするアプリ「Waze」をめぐって米国でちょっとした騒動 …

cop20a
京都議定書に変わる新しい枠組みを議論するCOP20。米中欧主導で日本は不利に?

 地球温暖化対策に関する国連の会議「COP20」が、南米ペルーで12月2日から開 …

orandotero
パリ同時テロ容疑者、5000発の銃弾を撃ち込んで急襲も、主犯格は拘束できず

 フランスの検察当局は2015年11月18日、同時テロ事件に関与したとみられる武 …

zaiseishuusi
政府が財政収支の試算を公表。2020年度PB黒字化は達成困難に

 政府は2014年7月25日、「中長期の経済財政に関する試算」を公表した。日本政 …

hageljinin
オバマ外交を象徴する閣僚の一人、ヘーゲル国防長官が突然辞任

 オバマ大統領は2014年11月24日、ヘーゲル国防長官が辞任すると発表した。オ …

karyoku
政府が温暖化ガス26%削減という野心的な目標を設定。ただし老朽原発再稼働と省エネ徹底が大前提

 政府は2015年6月2日、2030年までに温暖化ガスの排出量を2013年比で2 …

trumptrade
トランプ大統領が貿易不均衡是正の大統領令にサイン。ターゲットは日独中

 トランプ大統領は3月31日、貿易赤字の削減を目指す大統領令に署名した。高い関税 …

tu-95
ロシア軍機がグアム上空を威嚇飛行。これは尖閣問題と完全にリンクしている

 米太平洋軍は、ロシア空軍の航空機がグアム島近辺の上空を旋回し、米軍のF-15戦 …

saikousai
波紋を呼ぶ前内閣法制局長官の発言。やはり日本では三権分立は無理なのか?

 前内閣法制局長官で最高裁判事に任命された山本庸幸氏は21日、記者会見において「 …