ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国で移民の国外退去を猶予する政策が不調。すでに時代は次のフェーズに進んでいた

 

 オバマ大統領が選挙対策の目玉として発表した不法移民の強制送還を猶予する政策が思いのほか効果を上げていないことが明らかになってきた。

 オバマ大統領は2012年6月、子どもの時に米国に入国した不法移民のうち、一定の条件を満たした人の強制送還を猶予する政策を発表した。16歳前に入国し現在30歳未満の犯罪歴のない若者で、学業成績が優秀もしくは兵役を務めた者は2年間送還が猶予されるというもの。また過去5年以上米国に継続して居住していたことを証明できれば、就労許可申請も可能だという。

 米国では昨年、過去最高の39万6906人の不法移民を国外退去させたが、移民の数は増える一方となっている。移民の流入に対しては米国人の職を奪うとして反発する声がある一方で、不法移民なくしては米国の産業が成り立たないという現実もあり、移民受け入れに積極的な意見が増えてきている。
 オバマ大統領は有権者の20%近くを占めるまでになったヒスパニック系に配慮して、不法移民の強制対処を猶予する政策を打ち出していた。

 その効果もありオバマ大統領は再選されたわけだが、肝心の猶予政策に対して、多くの不法移民が申請しないという事態が生じている。その理由は、猶予申請がいわば「やぶへび」となり、強制退去のきっかけになってしまうことを恐れているからだといわれている。確かに今回の政策ではあくまで2年間猶予されるだけであり、米国への永住が保障されるわけではない。
 この事態に国土安全保障省のナポリターノ長官は、申請された個人情報は他の省庁に渡すことはないと説明しているが、あまり効果は上がっていないようである。

 だがこのことは米国の移民が置かれているもう一つの側面を表している。不法移民の存在はもはや当たり前になっており、不法移民であることが、就学や就職において大した障害にはなっていないということである。不法移民の中には法的なお墨付きを得なくても、十分に現在の生活を継続できると考える人も少なくないのだ。
 米国をはじめ経済が好調なドイツなどには多くの移民が押し寄せ、社会の中で一定の立場を確保しつつある。移民の法的な立場をどうするのかについては、今後も紆余曲折を経る可能性が高いが、少なくとも一般社会のレベルでは、移民が存在することに疑問を差し挟む余地はなくなっているようである。

 日本でも一時期、移民受け入れの議論がなされていたが、現在では下火になっている。その間に、日本は経済的魅力をなくしてしまっており、今後日本に移民を希望する人はそれほど増加しないことが予想される。むしろ今後、日本人が移民として国外に流出することについて、本気で対策を講じなければならない時代がやってくるのかもしれない。

 - 政治

  関連記事

timo
レイア姫そっくりのウクライナ元首相、上告棄却で禁固刑確定

 職権乱用罪に問われていたウクライナのティモシェンコ前首相の控訴審で、上級裁判所 …

amari
甘利経財相が日本の輸出不振に言及。アベノミクスは現実路線に転換?

 日本の輸出に対する安倍政権のスタンスが現実を反映したものに変わってきた。円安に …

suga
消費税増税の決定は9月9日のGDP改定値で。財務省の筋書き通り数値は良好?

 自民党の参院選圧勝をうけて、消費税増税決定のタイミングに注目が集まり始めている …

kakugikoukai
閣議公表が実現できたのは閣議形骸化が進んでいるから?だが立法は行わず

 安倍首相は、2014年4月から閣議と閣僚懇談会の議事録を作成し、これを公表する …

obamaairforce1
オバマ大統領が来日。その後は韓国、マレーシア、フィリピンを訪問

 米国のオバマ大統領は2014年4月23日、国賓として日本を訪問する。滞在は25 …

satsutaba
企業が溜め込む内部留保の還元は、アベノミクスを成功させるカギとなる

 アベノミクスに関する議論が活発化する中、企業が確保している内部留保に再び注目が …

aokiai
小選挙区で全滅。小沢ガールズたちのドタバタ選挙戦とその末路を追う。

 今回の衆院選では、民主党はもとより、民主党を離党した政治家たちにとっても厳しい …

mof05
2015年度予算は過去最大だが、歳出抑制に向けて舵を切り始めた内容

 政府は2015年1月14日、2015年度予算案を閣議決定した。予算総額は過去最 …

s&p
EUがヒステリーを起こして格付会社に八つ当たり。規制強化を決定

 欧州において格付け会社に対する規制が大幅に強化されることになった。格付け会社へ …

businessman04
労働者の賃金がさらに減少。賃上げ実施後もあまり期待できない理由とは?

 厚生労働省は2014年2月20日、2013年賃金構造基本統計調査の結果を発表し …