ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国で移民の国外退去を猶予する政策が不調。すでに時代は次のフェーズに進んでいた

 

 オバマ大統領が選挙対策の目玉として発表した不法移民の強制送還を猶予する政策が思いのほか効果を上げていないことが明らかになってきた。

 オバマ大統領は2012年6月、子どもの時に米国に入国した不法移民のうち、一定の条件を満たした人の強制送還を猶予する政策を発表した。16歳前に入国し現在30歳未満の犯罪歴のない若者で、学業成績が優秀もしくは兵役を務めた者は2年間送還が猶予されるというもの。また過去5年以上米国に継続して居住していたことを証明できれば、就労許可申請も可能だという。

 米国では昨年、過去最高の39万6906人の不法移民を国外退去させたが、移民の数は増える一方となっている。移民の流入に対しては米国人の職を奪うとして反発する声がある一方で、不法移民なくしては米国の産業が成り立たないという現実もあり、移民受け入れに積極的な意見が増えてきている。
 オバマ大統領は有権者の20%近くを占めるまでになったヒスパニック系に配慮して、不法移民の強制対処を猶予する政策を打ち出していた。

 その効果もありオバマ大統領は再選されたわけだが、肝心の猶予政策に対して、多くの不法移民が申請しないという事態が生じている。その理由は、猶予申請がいわば「やぶへび」となり、強制退去のきっかけになってしまうことを恐れているからだといわれている。確かに今回の政策ではあくまで2年間猶予されるだけであり、米国への永住が保障されるわけではない。
 この事態に国土安全保障省のナポリターノ長官は、申請された個人情報は他の省庁に渡すことはないと説明しているが、あまり効果は上がっていないようである。

 だがこのことは米国の移民が置かれているもう一つの側面を表している。不法移民の存在はもはや当たり前になっており、不法移民であることが、就学や就職において大した障害にはなっていないということである。不法移民の中には法的なお墨付きを得なくても、十分に現在の生活を継続できると考える人も少なくないのだ。
 米国をはじめ経済が好調なドイツなどには多くの移民が押し寄せ、社会の中で一定の立場を確保しつつある。移民の法的な立場をどうするのかについては、今後も紆余曲折を経る可能性が高いが、少なくとも一般社会のレベルでは、移民が存在することに疑問を差し挟む余地はなくなっているようである。

 日本でも一時期、移民受け入れの議論がなされていたが、現在では下火になっている。その間に、日本は経済的魅力をなくしてしまっており、今後日本に移民を希望する人はそれほど増加しないことが予想される。むしろ今後、日本人が移民として国外に流出することについて、本気で対策を講じなければならない時代がやってくるのかもしれない。

 - 政治

  関連記事

girishagikai
ギリシャの国民投票は緊縮策にNo。約束手形の発行となれば、事実上のドラクマ復活?

 IMF(国際通貨基金)など国際機関に対する支払いができない状態にあるギリシャで …

shairo
北朝鮮が間もなく核実験?米第7艦隊の艦船が続々出航、中国を交えた神経戦を展開

 核実験の実施をほのめかしている北朝鮮の準備がほぼ最終段階に入った。韓国の聯合ニ …

zaikaitop
円安で株高になるのはおかしいという財界首脳の発言が象徴するもの

 経団連、日本商工会議所、経済同友会の経済3団体は2014年1月7日、年頭会見を …

abeamari
産業競争力会議がテーマ別会合をスタート。雇用流動化や企業再編は実現できるのか?

 政府の産業競争力会議3月6日、テーマ別会合の議論をスタートした。この日は「人材 …

kaikeikensain
会計検査院が独法のずさんな出資先管理を指摘。問題の本質はどこに?

 独立行政法人が出資する関連会社の中で、経営が困難になっていたり、投資資金が回収 …

shuraisukaidan
習近平国家主席と米ライス補佐官が会談。オバマ大統領訪中の準備が進む

 中国の習近平国家主席と米国のライス大統領補佐官は2014年9月9日、北京で会談 …

trumphonhai
鴻海が米国に巨大な液晶パネル工場を建設。ソフトバンク孫社長の仲介が功奏?

 シャープを買収した台湾の鴻海精密工業は2017年1月22日、米国に液晶パネルの …

seifusenyouki
安倍首相が米国訪問に出発。日本側だけが大はしゃぎで米国側は無関心

 安倍首相は21日夕方、オバマ大統領との首脳会談を行うため、政府専用機で首都ワシ …

obamadenwa
オバマ大統領が4月訪日決定。日本側が求めている国賓待遇が微妙なワケ

 米大統領府(ホワイトハウス)は2014年2月12日、オバマ大統領が4月下旬、日 …

kyuyomeisai02
4月の実質賃金は24カ月ぶりに上昇。だが中身は物価上昇率の鈍化

 賃金の伸びから物価の上昇分を差し引いた4月の実質賃金が24カ月ぶりに増加となっ …