ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

小選挙区で全滅。小沢ガールズたちのドタバタ選挙戦とその末路を追う。

 

 今回の衆院選では、民主党はもとより、民主党を離党した政治家たちにとっても厳しい結果となった。とりわけ小沢一郎氏が率いてきたグループが置かれた状況は厳しく、政権交代の象徴といわれた「小沢ガールズ」は小選挙区では全滅した。小沢ガールズたちの選挙結果を追った。

【青木愛 東京12区】
 小沢氏からもっとも寵愛され、小沢氏に対する忠誠心が極めて高いといわれていた青木氏。前回の衆院選では「刺客」として公明党の大田昭宏氏の牙城、東京12区に乗り込み議席を奪った。だが今回の選挙ではダブルスコアで敗北。何とか比例で復活した。
 青木氏はかつて深夜情報番組「トゥナイト2」のレポーターとして男性陣の人気を博した人物。高校時代、X-JAPANのToshiと交際していたと報道されたこともある。小沢ガールズとなってからも、いろいろと大変だったようで、小沢氏の秘書との不倫が報じられたり、実家の保育園が放火されたりと、災難が続いてきた。議員会館で目を腫らしていることもたびたびあったと言われている。
 確実に政治力が低下する小沢氏との今後の関係が注目される。ちなみに、今回復活当選が決まり、支持者の前に現れた際も涙で目を腫らしていた。ファッションはもちろん、小沢氏から指示された定番の黒スーツ姿。

【三宅雪子 千葉4区】
 民主党の強行採決の際、議事堂内で「転倒」したことで一躍有名になった三宅氏はフジテレビ出身。転倒するだけにとどまらず、マンションの4Fにある自宅ベランダから落とした携帯を取ろうとして転落、腰の骨を折る大怪我までしている。
 野田首相に対する刺客として群馬4区から千葉4区に国替え出馬。出馬が決まったのは何と衆院が解散した11月16日。さっそく街頭演説から始めたが、住まいもなくホテルを泊まり歩く毎日。事務所開設もままならず、ようやく設置した事務所にコピー機など備品が届いたのは月末になってからというドタバタぶりだった。結果は野田首相に5倍以上の差をつけられて大敗。議席を失った。
 「転倒」と「転落」の末、今回は本当に「転落」してしまったが、4階から落ちてもケガで済むほど生命力の強い彼女のこと。また復活してきてくれるだろう。

【姫井由美子 千葉8区】
 2007年の参院選で自民党参議院幹事長の片山虎之助を破り初当選。「姫の虎退治」として一躍有名になったが、私生活でも話題を振りまいた。元不倫相手が暴露本を出版。週刊誌の取材に対して「かなりのMで、ぶってぶってとよくせがまれた」と性癖まで披露されている。
 今回の選挙では参院岡山選挙区から国替えし千葉8区に出馬した。だが自民党元職の桜田義孝氏(62)に敗れ、比例代表での復活当選もならず落選した。

【田中美絵子 東京15区】
 前回の総選挙では、自民党の森元首相に対する刺客として石川2区から出馬。落選したものの比例で復活当選。風俗ライター、ヌード女優といった異色の経歴を売りに人気を博していたが、今年6月に国交省の50代キャリア官僚との不倫スキャンダルが発覚、逆風が吹いていた。小沢氏とは袂を分かち、民主党に残留、東京15区から出馬したものの、みんなの党の柿沢未途氏、自民の秋元司氏に大差を付けられて敗北、議席を失った。
 民主党から離党者が出た際には「行かないでぇー!」と涙ながらに叫んでいたが、今度は自分が永田町から出て行ってしまった。だがエジプトでピラミッドに猛然とよじ登り逮捕された前歴のある彼女のこと。またよじ登って来てくれるだろう。

【福田衣里子 比例近畿】
 薬害肝炎訴訟原告団として一躍有名になり、2009年の衆院選に立候補、自民党の久間章生氏を破って初当選した。あだ名は「エリー」。小沢氏が民主党を離れた際には袂を分かち民主党に残る選択をしたが、消費税増税を巡って党本部と対立、民主党を離党してみどりの風に合流した。だがみどりの風は、国民の生活が第一と合流してしまったため、結局小沢ガールズに逆戻り。
 比例近畿ブロックからの出馬だったが名簿順位は最下位で、やはり落選してしまった。本人はひた隠しにしているが、福田氏は今年5月、一歳年下の男性と結婚している。お相手は、法務省の現役官僚で、現在大阪市に出向し橋下大阪市長の下でスタッフをしている人物。維新からの出馬も取りざたされていた。今後エリーは議員の妻を目指すのだろうか?
 政治家になる前の夢はパン屋さんになることだったらしいが、今だったらパン屋さんになれるぞ!

 - 政治

  関連記事

peugeot
政府主導なのにお金を出すのは中国企業?日本が学んではいけない仏プジョー救済劇

 経営不振に陥っているフランスの自動車大手プジョーシトロエングループは2014年 …

toriinflu
鳥インフル感染者は何故か長江デルタ地域だけ。拭えない中国当局による情報隠ぺい疑惑

 中国で鳥インフルエンザ(H7N9)の感染が徐々に拡大してきている。4日9日には …

ishiba03
石破氏が一転して入閣を受諾。ポスト安倍は遠のいたのか?

 内閣改造の最大の焦点となっていた石破幹事長の処遇は、石破氏が幹事長を辞任し、重 …

bigdata
ビックデータ時代に個人が身につけるべきリテラシーとは?

 IT戦略の一環としてビックデータの活用が注目を集めている中、景気動向や選挙動向 …

shunsetugou
各国が中国の春節にこぞって祝賀メッセージ。まるで冊封時代?

 中国では25日に春節(旧正月)の休みが明けた。春節に際しては、中国との関係を強 …

abeamari
産業競争力会議がテーマ別会合をスタート。雇用流動化や企業再編は実現できるのか?

 政府の産業競争力会議3月6日、テーマ別会合の議論をスタートした。この日は「人材 …

tacloban
フィリピンのアキノ大統領が、被災した現地自治体を批判した政治的背景

 台風30号で壊滅的な被害を受けたフィリピン・レイテ島の復興をめぐって、あらたな …

tennouheika02
天皇陛下が生前退位のご意向。皇室典範に関する速やかな議論が必要

 天皇陛下が「生前退位」の意向を示されていることが明らかとなった。現行の皇室典範 …

abekenpou
安倍首相が集団的自衛権の議論再開を表明。改憲論者にはむしろ逆風?

 安倍内閣の長期政権化が見えてきたことで、集団的自衛権に関する議論が本格化しつつ …

nitibeigikai
日本と米国の政府予算を比較。米国は財政再建にほぼ道筋

 米国では予算教書が発表され、来年度の予算に関する議論が始まった。日本では1月に …