ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国で思いのほか銃規制が進まないのは、実は米国が安全な国になっているから

 

 米国コネティカット州で起きた銃乱射事件に関してオバマ米大統領は16日、再発防止に全力 を挙げる方針を明らかにした。民主党は銃規制法案を提出する考えを示しており、米国で再び銃規制の問題が議論される可能性が高くなってきた。

 米国はかなり以前から銃を所持する権利と規制をめぐって激しい議論が戦わされてきた。今回の事件では26人もの死者を出したことから社会的インパクトが大きく、これをきっかけに銃規制が一気に進むかとも思われるが、状況は必ずしもそうではないようだ。

 米国で銃規制が進まない理由としてよく言われるのが、建国以来続く自衛の伝統や全米ライフル協会をはじめとする銃推進団体の政治力である。だが銃規制が進まない理由は意外なところにあるとの見方もある。

 マスメディアでは、凶悪犯罪が増加しているような解説がなされているが、実は米国における犯罪発生率は着実に低下してきている。現在では欧州の半分程度の水準まで低下しており、米国は日本に次ぐ安全な国になってきている。国家が個人の自由を侵害することのリスクを考慮すると、わざわざ銃を規制する必要はないと考える米国人は多いのだという。

 全米では約3億丁の銃が存在するといわれており、1人あたり1丁保有している計算になる。だが実際に銃を所有している世帯は3分の1以下といわれており、特定の世帯が多数の銃を集中して所有していることが伺える。また銃の所有は地域差が大きく、南部の方が所有率が高いとされている。ルイジアナなど殺人事件の発生率が高い州が南部にはいくつか存在しているが、テキサスなどは平均的水準だ。犯罪発生率は所得水準との関係が大きく、銃所有との関係が明確になっているわけではない。

 結局のところ、安全な生活を送っている米国人の方が圧倒的に多く、今回のような悲劇的な事件が起こっても、時間が経つと忘れてしまうというのが現実のようである。
 思いのほか米国で銃規制が進まない原因が、米国が安全な国になっていることなのだとすると、それはそれで喜ばしいことなのかもしれない。

 - 政治, 社会

  関連記事

businessman04
駆け込み需要で絶好調な1~3月期GDP。10%増税と追加緩和への影響は?

 内閣府は2014年5月15日、2014年1~3月期の国内総生産(GDP)の速報 …

mof03
財務省が歳出削減に本腰?社会保障費に加えて文教費もその対象に

 財務省が歳出削減に本腰を入れ始めている。背景にあるのは日本の財政問題である。消 …

nichigin04
日銀のマイナス金利。とりあえず時間稼ぎが出来たという点で成功か

 日銀は、2016年1月28日・29日に開催した金融政策決定会合において、金融機 …

factory07
米国がモノを買わなくなっている。日本人は米国の過剰消費を批判している場合ではない

 米国が世界の買い手としての立場を降りようとしている。新興国経済の鈍化が目立つ中 …

mof02
財務省が来年度、物価連動債の発行を倍増の予定。財務相は火消しに躍起

 将来的な金利の上昇が予想される中、物価連動債の発行増額が話題となっている。財務 …

mistral
すぐにでも強襲揚陸艦の引き渡しを実施したいフランスとロシアのホンネ

 フランス政府は2014年9月3日、ロシアに提供される予定であったミストラル級強 …

nisegusuri
調剤薬局の偽造薬問題。日本の医薬品行政はまともに機能していない

 C型肝炎治療薬の偽造薬が薬局チェーンで発見されるという、前代未聞の事件が発生し …

PHM11_0589
いくら緩和しても経済成長なんてムリ!日銀のホンネが聞こえてくる

 2014年度の消費者物価指数(CPI)上昇率見通しが日銀の目標値である1%に届 …

zangyou
長時間労働の人ほど上司がそれを評価してくれていると考えている?

 長時間労働をする人ほど、残業について上司が評価してくれていると考える割合いが高 …

abetoben
特定秘密法案が衆院を通過。この法案の最大の問題点は「知る権利」ではない

 特定秘密保護法案が11月26日、衆院本会議において自民、公明、みんなの党による …