ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

エアアジアが就航わずか4ヶ月で社長交代。日本でLCCがうまくいかない本当の理由

 

 全日空系の格安航空会社(LCC)エアアジア・ジャパンは17日、岩片和行社長が辞任し、小田切義憲取締役が新社長に就く人事を発表した。同社は今年8月に就航したばかりで、わずか4ヶ月での社長交代となる。岩片氏は代表権のない会長に退く予定。

 エアアジアはマレーシアに本社を置くアジアの格安航空会社であるエアアジアと全日空の合弁企業。岩片前社長は全日空の出身で国際業務室長から同社社長に転じた。

 同社は現在、成田空港を拠点に国内線3路線、国際線2路線の運行を行っている。11月までの全路線の平均搭乗率は65.4%で、目標の80%に届いておらず、搭乗率低迷の責任を取って辞任したものとみられる。

  日本ではここ1年のあいだに、エアアジア、ピーチアビエーション、ジェットスターと格安航空会社が相次いで登場した。だがLCCが世界的に注目され始めたのは15年以上も前のことであり、日本は完全に取り残されていた(唯一スカイマークが16年前にLCCとしてスタートしたが、日本ではあまり受け入れられなかった)。
 ここ10年の間に、米国、欧州、アジアにおいて格安航空会社が急成長し、大手航空会社の経営を脅かし始めた。ここにきてようやく日本の航空会社も脅威を感じ、慌てて子会社として参入したというのが実態である(上記3社はすべて日本航空と全日空のグループ会社である)。
 海外のLCCの多くはベンチャー企業であり大手と競合するビジネスモデルなので何の問題もないが、日本のLCCは、自身が業績を伸ばすと親会社の経営を圧迫するという根本的な矛盾を抱えている。このため、日本のLCCの展開については、多くの市場関係者が懐疑的な目を向けていた。

 エアアジアの業績不振は、この懸念がまさに現実化したものといえる。成田-韓国が980円といった派手なキャンペーン価格が目を引くが、実際の運賃はそれほど安いわけではなく、7000円~30000円程度だ。大手でも格安チケットを探せば30000円前後のものはいくらでも見つかることを考えると、それほど安い価格設定とはいえない。大手よりも不便でサービスが悪いLCCは、びっくりするような低価格でなければ顧客が選択するはずがなく、同社の搭乗率が悪かったのはむしろ当然といえるだろう。

 ではどうしてこのような高い価格設定になってしまうのだろうか?ひとつは親会社との関係である。同社が破格の値段を提示してしまったら、親会社の全日空から顧客を奪ってしまう。両社は棲み分けできると主張しているが、それを信じる人は少ない。
 もう一つは日本の航空行政の問題である。空港の着陸料をはじめ日本の施設利用料は国際的に見て突出して高い。空港関連施設が官庁の利権になっており、価格を下げることができないのである。航空会社にしてみれば、どんなにコスト削減の努力をしても、コストのかなりの部分を占める施設利用料が安くならなければ、運賃を下げることができない。
 エアアジアでは情報を開示していないが、諸外国のLCCと比較すると、同社の運行コストは1.5倍以上高いと推定される。そもそも「破格の安値」を設定すること自体が不可能なのである。

 日本の航空市場、航空行政はまさにガラパゴスの典型である。このような状況が抜本的に解決されない限り、日本でのLCC経営はうまくいかないだろう。結局犠牲になるのは、諸外国に比べてバカ高い運賃を強要される日本の消費者である。

 - 経済

  関連記事

abe20130113
安倍首相が訪米を前にTPP参加を決断?。正式な表明は参院選前との説も

 安倍首相は、21日の訪米を前にTPP(環太平洋経済連携協定)に参加を表明する意 …

amari
概算要求への牽制?甘利氏が、社会保障費の自然増も聖域にすべきではないとコメント

 甘利経済財政相は2014年7月15日、来年度予算の概算要求に関し、社会保障費に …

no image
日本は世界第2位の富裕層大国?そのワケは円高と高齢者優遇政策にあった

 日本の富裕層が増加しているという外資系金融機関のレポートに驚きの声が上がってい …

ieren02
米国で3月利上げの可能性が急上昇。2017年は緩やかな金利上昇とドル高継続か?

 これまで見送りとの公算が高かった3月利上げが急速に現実化してきた。FRB(連邦 …

yanai00
柳井社長が前言撤回?息子が役員に就任したユニクロはホンダの二の舞になるのか?

 ユニクロを展開するファーストテイリリングは2日、柳井正会長兼社長の長男で、子会 …

no image
タックスヘイブン(租税回避地)に対する包囲網が狭まる

 ジャージー島やマン島など、英国領の租税回避地(タックスヘイブン)が米国との租税 …

toshibakojo
東芝の債務超過が確定。だが、この期に及んでも正式な決算は発表できず

 東芝が債務超過に陥っていることがほぼ確定的な状況となった。唯一の大型収益事業で …

keitairyoukin
迷走する携帯料金引き下げ問題。日本の劣化を示す象徴的な事例

 携帯料金の見直しに関する議論が激しさを増している。高市早苗総務大臣は、記者団に …

sagawa
今注目の佐川男子。だがヤマトのドライバーとはなぜキャラが違うのか?

 いま注目の佐川男子。だが運送大手でライバルのヤマト運輸のドライバーはなぜか「ヤ …

spiritair
海外ではLCCを超えるスーパーLCCが大躍進。利用者の選択肢が広がる

 米国でLCC(格安航空会社)のさらに上をいく、超格安航空会社が躍進している。フ …