ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍総裁が2%の物価目標を日銀に要請。その結果、経済はどうなる?

 

 自民党の安倍総裁は18日午後、党本部で日銀の白川総裁と会談し、物価目標を2%とする政策協定(アコード)を締結したいとの意向を伝えた。安倍氏からの要請を受けた日銀は19日、20日の金融政策決定会合において2%物価目標について正式に議論を行った。政策協定の内容については、早ければ来月にも結論を出す。

 今回の総選挙では、金融政策も争点の一つとなった。積極的な緩和策を主張する安倍氏が首相に内定したことで、日銀は緩和策の拡大に踏み切らざるを得ない状況に追い込まれた。だが、日銀が政権の求めに応じ2%の物価目標を受け入れた場合、逆に金融政策の限界が露呈するという皮肉な状況に陥る可能性も出てきたといえる。それはどういうことか?

 安倍総裁がどの程度認識しているかは不明だが、量的緩和策と実質GDPの成長には直接的な関係はない。量的緩和を拡大すれば、名目上の物価やGDPは上昇するかもしれないが、実質成長が伴う保証はどこにもないのである。名目上の物価が上昇すれば、企業の設備投資が促進され、需要が増加して実質GDPも上昇するだろうという期待をベースにした政策といえる。
 量的緩和による物価の上昇はあくまできかっけであり、最終的に需要の増加に結びついて初めて実質GDPの成長が実現する。そうなるとむしろ重要なのは政府の対応ということになり、日銀に投げた球が政府に返ってきてしまうのである。

 企業の設備投資を活発にするためには、公共事業を中心とした財政政策を実施するか、減税や規制緩和といった競争政策を導入するかのどちらかとなる。制度疲労を起こし国際競争力を失っている日本の産業構造を考えると、大胆な規制緩和が必要と思われる。だが、現在の自民党に規制緩和を実施する選択肢はあり得ないため、必然的に公共事業の拡大という選択になるだろう。
 安倍政権の成立後、すみやかに補正予算が組まれる公算が高いが、補正予算を投入しても予想通りに実質GDPが成長するかどうかは微妙な状況だ。もし期待する成長が得られない場合、来年度予算以降で際限のない公共事業の拡大に追い込まれるリスクがある。ここに無制限の量的緩和策が加わった場合、予想外のインフレを引き起こす可能性も否定できない。

 日銀の無策を批判しているまではよかったが、実際に金融政策が動き始めてしまうと、実は選択肢がほとんどないことに気付かされる。インフレを伴う悪質な財政政策という、誰も望んでいなかった道に日本は突入しているかもしれないのである。

 - 政治, 経済

  関連記事

myanmer
ミャンマーの携帯電話事業で日本は落選。中東の通信会社を選定したしたたかな戦略

 ミャンマー政府は6月27日、同国における携帯電話事業への新規参入選定において、 …

wall
米司法当局が金融機関を次々に提訴。民主党系のNY州司法長官はヤル気マンマン

 米国の司法当局が、サブプライム・ローンに絡んで、相次いで金融機関を提訴している …

bunkaku
中国で腐敗撲滅隊なる政治ショーが流行。だが「文革」を連想させる光景に不安の声も

 権力者の腐敗が社会問題化している中国で、腐敗撲滅隊と呼ばれる政治ショーがインタ …

detacenta
米IT企業の株価に潮目の変化?クラウドが基幹システム分野にシフト

 米国IT企業の株価に質的変化が起きている。一部のIT企業の株価が7~9月期決算 …

toyotahonsha
トヨタが株主総会で種類株を可決。本気度が問われる新しい日本流ガバナンス体制

 トヨタ自動車は2015年6月16日、主要企業のトップを切って株主総会を開催した …

ryounei
中国初の空母「遼寧」が青島に配備。地政学的にそれが意味すること

 中国海軍は27日、中国初の空母「遼寧」の母港を青島とし、同艦の着岸を完了したと …

gdp2013q1
1~3月期のGDPは、個人消費が好調で年率3.5%成長に。ただし設備投資は低調なまま

 内閣府は5月16日、2013年1~3月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価 …

masudahiroya
東京の税収を地方に強制分配せよと主張していた増田氏の立候補で、東京はどうなる?

 東京都知事選挙に増田寛也元総務相が立候補を表明したことで、東京都の税収が地方に …

yakuinousetsu
日本企業の経営環境が激変?金融庁と東証がまとめた統治指針案のインパクト

 金融庁と東京証券取引所は、上場企業に少なくとも2名以上の社外取締役の設置を求め …

tokyofukei001
日本人はもっとも市場メカニズムを信用していないが、富の再配分にも否定的

 日本人は先進国の中でもっとも市場メカニズムを信頼していないことが、米調査機関に …