ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

胡錦濤グループが急速に巻き返し。広東省と重慶市のトップは自派で固める

 

 中国共産党の政治局常務委員の選出で劣勢に立たされていた胡錦濤前共産党総書記のグループが地方組織の重要ポストで巻き返しを図っている。

 中国共産党は18日、広東省トップである省党委員会書記に胡春華・前内モンゴル自治区党委書記を任命した。広東省は、改革開放政策で全国に先駆けて発展した地域であり、現在の中国における権力闘争では極めて重要な地域。ここでのトップの経験は最高指導者への重要なステップとなる。
 前任者の汪洋氏は胡錦濤氏の愛弟子といわれた人物で、同氏の常務委員への選出をめぐっては、胡錦濤氏と習近平氏が激しいバトルを戦わせたといわれている(結局常務委員へは選出されなかった)。

 胡春華氏は北京大学中国語学科卒。胡錦濤氏と同じく中国共産主義青年団(共青団)出身で、長年チベットで弾圧政策の指揮を取ってきたゴリゴリの胡錦濤グループ。胡錦濤氏は忠実な部下を広東省に据えたことになる。

 また内陸部での最重要地域である重慶市のトップには、やはり胡錦濤グループから孫政才氏が就任した。重慶市はかつて、太子党(共産党幹部の2世3世グループで胡錦濤グループと対立)期待の星といわれた薄熙来氏の牙城であった。だが薄熙来氏はスキャンダルで失脚し、後任は胡錦濤グループの指定席となっている。
 孫氏は農学が専門で典型的な共産圏型のテクノクラート。吉林省トップ時代には、北朝鮮向けの貿易やインフラ投資を促進する政策で有名になった。温家宝首相に近い存在といわれている。

 中国では、胡錦濤グループ(党のエリート学校出身者中心)と太子党(共産党幹部の2世3世グループ)との間で、すさまじい権力闘争が行われている。政治局常務委員会の人事では、太子党側の大勝利となったが、党の中堅幹部や地方組織では胡錦濤グループが急速に巻き返氏を図っているといわれる。今回の地方主要人事もその動きの一部と考えられる。

 - 政治

  関連記事

seichounoie
自民党の支持母体とも言われた「生長の家」が参院選で与党不支持を打ち出した理由

 宗教法人「生長の家」が、2016年夏の参議院選挙において与党を支持しないと発表 …

letta
イタリア大統領がレッタ氏を首相に指名。欧州市場は安定に向かう可能性が高くなってきた

 混迷するイタリアの政局に終止符が打たれる可能性が出てきた。退任予定だったナポリ …

simsriron
とうとう出てきた悪魔の囁き。財政拡張で脱デフレを実現するという新経済理論

 金融緩和だけではなく、財政出動によって物価目標を達成すべきという、事実上のヘリ …

putin
ロシアが軍の再編と近代化を推進。北方領土駐留軍の戦力も強化

 ロシアが軍の再編と近代化を進めている。  ロシア海軍は、このほど、モスクワにあ …

jinminginkou
まさに同床異夢。人民元変動幅の拡大で中国は元安、米国は元高を狙う

 人民元の対ドル・レートの下落が続いている。きっかけは、中国人民銀行が発表した、 …

abetoben
安倍政権が解雇規制緩和を断念。これでアベノミクスは名実ともにケインズ政策となった

 安倍政権は、成長戦略の目玉と位置付けていた雇用規制緩和の導入を事実上断念した。 …

merukeru03
最低賃金の導入に揺れるドイツ。最低賃金制度は経済成長の阻害要因なのか?

 最低賃金の導入をめぐってドイツが揺れている。ドイツは一部の職種を除いて最低賃金 …

narouchiage
3度目の正直!韓国がロケット打ち上げにようやく成功。それが意味するものとは?

 韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老号(ナロ号)」が30日午後、羅老宇宙センター …

suzukimuneoototake
ベビーシッターをめぐる鈴木宗男vs乙武の論争は、日本社会の映し鏡

 埼玉県でベビーシッターに預けていた男児が死亡し、シッターの男が逮捕された問題で …

no image
鳩山元首相、坂本龍一を党首に反原発政党を画策。東京はテクノポリスに!

 元首相の鳩山由紀夫氏が、ミュージシャンの坂本龍一氏を党首に迎えた脱原発新党を画 …