ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国から200兆円を超えるお金が不正に流出。中国の金庫は実はスッカラカン?

 

 米国の民間研究機関グローバル・フィナンシャル・インテグリティー(GFI)は17日、ここ10年の間に発展途上国から汚職や脱税などに関連して5兆9000億ドル(約495兆円)が不正に海外送金され、その半分が中国からのものであったと発表した。

 ここ10年間の中国からの不正送金の総額は2兆8000億ドル(約235兆円)に上った。2位はメキシコの4800億ドル(約40兆円)、3位はマレーシアの2850億ドル(約24兆円)なので、中国の金額が突出している。
 中国の2012年の予想GPDは約700兆円である。不正送金の年間平均金額は23兆円になるので、毎年GDPの3%という途方もないが消えている計算になる。

 中国に対しては毎年10兆円近くの資金が直接投資として流入している。日本企業も中国ブームを反映して毎年5000億円から6000億円近くを投資している。だがGFIの調査結果が真実だとすると、中国へ流入する直接投資の金額をはるかに上回る資金が、逆に海外に流出していることになる。中国の金融機関からの新規の貸し出しが伸びないのは、不正流出によって国内の資金が不足していることが原因との見方もある。
 ここ1~2年はこの傾向にさらに拍車がかかっており、2010年に中国から流出した金額は35兆円に達している。次期指導部の選出をめぐる権力闘争や各地で発生する暴動などを憂慮し、海外に資産を避難させる富裕層が増えていることをうかがわせる。

 海外に逃避しているのは資金だけではない。2011年には15万人が欧米に移住し、このうち半分が米国で永住権(グリーンカード)を取得した。共産党総書記に就任したばかりの習近平氏の子弟も、多くが米国の永住権を取得している。中国では国のトップでさえも自国を信用していないのだ。

 現在は中国への資本流入が継続しているのであまり表面化していないが、中国への資本流入が停滞する事態になると、この問題が一気に顕在化する可能性がある。アジア危機の際には、インドネシアにおいて1日でGDPの10%を越える金額が流出したケースも見られた。中国でこのような事態が発生すれば、一夜にして世界経済を崩壊させかねない。
 中国では、次期首相に内定している李克強氏を中心に特別チームが編成され、不正送金を徹底的に取り締まるとの噂が出ている。中国が今後も7%成長を持続させることができれば、大きな問題にはならなかもしれない。だが、成長率の鈍化が恒常的になってきた場合には、中国から一気に資金が流出するといった事態についてもある程度想定しておく必要がありそうだ。

 - 政治, 経済

  関連記事

no image
中国が今度は台湾野党の取り込み工作を本格化。日本はさらに厳しい状況に

 中国が台湾の取り込みに猛攻勢をかけている。これまで独立派として交流を行っていな …

no image
元外交官の佐藤優氏がはからずも明らかにした外務官僚の驚くべき怠慢

 野田首相が突然解散を決定したことで、日本外交に混乱が生じている。  日本とロシ …

yudachi
中国艦艇が日本の護衛艦に事実上の発射予告。中国側の真の目的は何か?

 防衛省は5日、東シナ海の公海上で中国海軍の艦艇が海上自衛隊の護衛艦に対し、射撃 …

abe5gatsukeizai
安倍政権vs年金官僚。年金運用の株式シフトをめぐって大バトル

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用方針見直しを …

kaikeikensain
会計検査院が独法のずさんな出資先管理を指摘。問題の本質はどこに?

 独立行政法人が出資する関連会社の中で、経営が困難になっていたり、投資資金が回収 …

koreishasisetu
日本創生会議が首都圏高齢者の地方移住を提言。その現実性は?

 民間有識者でつくる日本創成会議(座長・増田寛也元総務相)は2015年6月4日、 …

abeamari02
TPPはオバマ大統領来日が妥結タイミング?決裂の場合、その先の対策が必要

 シンガポールで開催されたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合が物別 …

abeshouhizei
法人減税の急浮上によって、政府内部の財政をめぐる綱引きが激化

  安倍政権が消費税の増税と、これに対応した総額5兆円の経済対策を発表したことで …

kougaibukken
進む不動産市場の二極分化。郊外は高級物件でも売りにくくなっている

 不動産市場の二極分化が、ゆっくりとしたペースではあるが、着実に進行している。首 …

graph
金融機関が金利上昇に備えを開始。だが水面下ではもっと深刻な事態が進行中

 アベノミクスによる円安が進展したことで、金利上昇の可能性が現実化してきた。実際 …