ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

TVの収録中にケガをする若手芸人が続出。背景にはTV局の構造的問題が

 

 このところTVの収録中にケガをする若手芸人が増えてきている。

 2月にはお笑いこんび「ずん」の「やす」が、「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジ)の収録中、ゴムボートでスキー場滑っている最中に事故を起こし、腰椎破裂骨折で6ヵ月仕事を休んだ。
 4月には「ブラックマヨネーズ」の「小杉」が、「宝探しアドベンチャー 謎解きバトルTORE!」(日テレ)の収録中、全治8週間のケガを負った。さらに8月には「スギちゃん」が「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」(テレ朝)の高飛び込みの企画で全治3ヵ月のケガを負っている。

 背景にあるのは、制作費の激減。インターネットの普及に景気低迷が追い討ちをかけ、TVの広告収入は下がる一方。そのしわ寄せは製作現場に行く。
 制作費が削減されているにも関わらず、相変わらずマス層に受ける大型番組を作らなければならない制作サイドは、どうしても体を張る安易な企画に走りがち。

 TV局は社員の高給を維持するために、芸能人のギャラや下請けの制作会社に支払う制作費の削減を以前から進めてきた。だがそれも、限界にきている。

 限られた電波を政治的に独占し、マス向けの番組を垂れ流す現在のTV局のシステムは構造的に破綻している。
 もし規制が緩和され、TV事業への新規参入が増えれば、低予算なりに面白いニッチなコンテンツがたくさん生まれるはずだ。マス向けコンテンツはお金をかけなければ面白いものは作れないのが宿命である。だが時代は変わり、日本は成熟した。限られたマス向けコンテンツだけで国民が満足する途上国の時代はとっくに過ぎ去ったのである。

 TV局は歴史的にその役割を完全に終えた。

 

 





 - マスコミ, 芸能

  関連記事

houdounojiyu2014
日本において報道の自由を奪っているのは誰か?

 国際的な報道の自由度ランキングで日本の順位が急落していることが話題となっている …

putin02
プーチン大統領が離婚をカミングアウト。世界的に進む権力者の透明化

 ロシアのプーチン大統領がリュドミラ夫人と離婚したことを明らかにし、大きな話題と …

goa
アルジャジーラが米国のTV局を買収。創設者はゴア元副大統領で政治的匂いがプンプン

 カタールに拠点を置くテレビ局アルジャジーラは2日、米国のテレビ局であるカレント …

no image
渋谷にオープンした女性専用オナニー・バーが海外メディアで話題に

 渋谷に7月にオープンした女性専用「オナニー・バー」が米国の複数メディアで紹介さ …

ieren03
イエレン議長が1期で退任の可能性が高まる。後任によってはリスク要因にも

 米FRB(連邦準備制度理事会)のイエレン議長が2018年2月に1期で退任する公 …

no image
シャープとインテルが提携という報道をめぐって、海外メディアとのレベルの差が露呈

 シャープがインテルと資本提携を模索しているとの報道をめぐり、日本のマスコミのダ …

goriaya
剛力彩芽が武井咲のバーターという話は、実はまったく逆だった!

 オスカーイチ押し?のタレント剛力彩芽の勢いが止まらない。  ビデオリサーチ社が …

kourousho
労働者派遣法改正案が廃案。原因は何とコピペ?による法案の作成ミス

 派遣労働者の受け入れ期間の上限を撤廃する労働者派遣法の改正案が2014年6月2 …

no image
蒼井優が突然髪型チェンジ。かつての恋人と同じCMに超ショートで出演

 女優の蒼井優がライトオンの新CMにおいて、芸能界デビュー後初めてとなるショート …

shohishacho
消費者庁がTV通販会社に改善命令。横並びすら出来ないマスコミ各社のお粗末報道

 消費者庁は29日、健康食品「飲まなく茶」を販売しているネイチャーウェイ株式会社 …