ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

TVの収録中にケガをする若手芸人が続出。背景にはTV局の構造的問題が

 

 このところTVの収録中にケガをする若手芸人が増えてきている。

 2月にはお笑いこんび「ずん」の「やす」が、「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジ)の収録中、ゴムボートでスキー場滑っている最中に事故を起こし、腰椎破裂骨折で6ヵ月仕事を休んだ。
 4月には「ブラックマヨネーズ」の「小杉」が、「宝探しアドベンチャー 謎解きバトルTORE!」(日テレ)の収録中、全治8週間のケガを負った。さらに8月には「スギちゃん」が「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」(テレ朝)の高飛び込みの企画で全治3ヵ月のケガを負っている。

 背景にあるのは、制作費の激減。インターネットの普及に景気低迷が追い討ちをかけ、TVの広告収入は下がる一方。そのしわ寄せは製作現場に行く。
 制作費が削減されているにも関わらず、相変わらずマス層に受ける大型番組を作らなければならない制作サイドは、どうしても体を張る安易な企画に走りがち。

 TV局は社員の高給を維持するために、芸能人のギャラや下請けの制作会社に支払う制作費の削減を以前から進めてきた。だがそれも、限界にきている。

 限られた電波を政治的に独占し、マス向けの番組を垂れ流す現在のTV局のシステムは構造的に破綻している。
 もし規制が緩和され、TV事業への新規参入が増えれば、低予算なりに面白いニッチなコンテンツがたくさん生まれるはずだ。マス向けコンテンツはお金をかけなければ面白いものは作れないのが宿命である。だが時代は変わり、日本は成熟した。限られたマス向けコンテンツだけで国民が満足する途上国の時代はとっくに過ぎ去ったのである。

 TV局は歴史的にその役割を完全に終えた。

 

 





 - マスコミ, 芸能

  関連記事

sakamoto
さかもと未明氏のマナー発言が炎上。「正論」だけが幅を利かすグロテスクな光景

 搭乗した飛行機内での騒動を記した雑誌記事が物議を醸していたマンガ家のさかもと未 …

abe
安倍総裁が「ぶら下がり取材」の拒否を表明。背景には日本人の知性の劣化がある

 自民党の安倍総裁は、野田首相と同様、首相官邸で記者団の質問に答える、いわゆる「 …

zakabagu
ネットで集合知は成立しない?偽ニュース問題でフェイスブックが大揺れ

 フェイスブックが偽ニュース問題の対応に苦慮している。基本的にニュースの選定には …

niyamachiarue
小学一年生準グラ受賞、新山千春の娘「小春」チャンはパパの完全コピー!残念!

 タレント新山千春の娘・新山小春が、「小学一年生」モデルオーディション最終選考に …

no image
もの作り革命の本「Makers」が早くも話題に。だがそれは日本の3回目の敗北を意味する

 『ロングテール』や『FREE』といったネットにおける新しいビジネスモデルをいち …

shohishacho
消費者庁がTV通販会社に改善命令。横並びすら出来ないマスコミ各社のお粗末報道

 消費者庁は29日、健康食品「飲まなく茶」を販売しているネイチャーウェイ株式会社 …

no image
渋谷にオープンした女性専用バーが海外メディアで話題に

 渋谷に7月にオープンした女性専用バーが米国の複数メディアで紹介されちょっとした …

sakamotoyruichi
坂本龍一氏がとうとう終末論を披露。リベラル誌の若者読者に彼はどう映るのか?

 今や反原発アーティストになってしまった感のある坂本龍一氏だが、ある雑誌のインタ …

no image
小野文恵アナが結婚。今回はちゃんと籍を入れてね!の声

 「ためしてガッテン」などで元気キャラをお茶の間に届けているNHKの小野文恵アナ …

harukakurisu
春香クリスティーンの靖国発言で浮き彫りになった、新聞切り抜きという「昭和な」習慣

 靖国参拝に関する発言からブログやツイッターが炎上した春香クリスティーンさんは、 …