ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

TVの収録中にケガをする若手芸人が続出。背景にはTV局の構造的問題が

 

 このところTVの収録中にケガをする若手芸人が増えてきている。

 2月にはお笑いこんび「ずん」の「やす」が、「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジ)の収録中、ゴムボートでスキー場滑っている最中に事故を起こし、腰椎破裂骨折で6ヵ月仕事を休んだ。
 4月には「ブラックマヨネーズ」の「小杉」が、「宝探しアドベンチャー 謎解きバトルTORE!」(日テレ)の収録中、全治8週間のケガを負った。さらに8月には「スギちゃん」が「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」(テレ朝)の高飛び込みの企画で全治3ヵ月のケガを負っている。

 背景にあるのは、制作費の激減。インターネットの普及に景気低迷が追い討ちをかけ、TVの広告収入は下がる一方。そのしわ寄せは製作現場に行く。
 制作費が削減されているにも関わらず、相変わらずマス層に受ける大型番組を作らなければならない制作サイドは、どうしても体を張る安易な企画に走りがち。

 TV局は社員の高給を維持するために、芸能人のギャラや下請けの制作会社に支払う制作費の削減を以前から進めてきた。だがそれも、限界にきている。

 限られた電波を政治的に独占し、マス向けの番組を垂れ流す現在のTV局のシステムは構造的に破綻している。
 もし規制が緩和され、TV事業への新規参入が増えれば、低予算なりに面白いニッチなコンテンツがたくさん生まれるはずだ。マス向けコンテンツはお金をかけなければ面白いものは作れないのが宿命である。だが時代は変わり、日本は成熟した。限られたマス向けコンテンツだけで国民が満足する途上国の時代はとっくに過ぎ去ったのである。

 TV局は歴史的にその役割を完全に終えた。

 

 





 - マスコミ, 芸能

  関連記事

no image
オークションサイトをめぐる芸能人のステマが問題に。だが巨悪は別に存在する

 ペニーオークションに関する芸能人の「ステマ」に関して批判が集中している。実際は …

no image
田丸麻紀が身近な一般人と結婚。やはり婚活は疲れるのか?

 女優でタレントの田丸麻紀が結婚したと所属事務所が発表した。  相手は、出会って …

nitigin
皆さん!中央銀行の独立性について根本的に誤解していませんか?

 2~3%の高いインフレ目標の設定と、日銀による国債引き受けに言及した自民党の安 …

MANABE
真鍋かをりと元イエモン吉井の破局報道。事務所否定も、皆が信じてしまった理由とは?

 ロックバンド「THE YELLOW MONKEY」の元ボーカルの吉井和哉とタレ …

BBC
公務員根性丸出し!不祥事で引責辞任の英国営放送トップが退職金に異様な執着

 英国の国営放送であるBBCは10日、未成年者に対する性的暴行疑惑をめぐる誤報の …

sinkaihou
中国当局による記者拘束にメディアが抗議。党中央が容認した出来レースとの見方も

 中国・広東省の日刊紙「新快報」の記者が公安当局の拘束されたことに抗議し、同紙は …

no image
週刊新潮のAKBスキャンダル記事で、秋元康氏の「昭和っぷり」が明らかに

 AKB48を従え向かうところ敵なしの秋元康氏だが、週刊新潮に大々的にスキャンダ …

goriaya
剛力彩芽も可愛く見えてきた・・

 それにしてもCM出過ぎの武井咲と剛力彩芽。特に剛力彩芽はバーター要員だのゴリ押 …

ibukibunmei
伊吹議長の発言に首相周辺が不快感との報道に見る、マスコミと権力の複雑な癒着関係

 政府主催の「東日本大震災三周年追悼式」において、伊吹文明衆議院議長による脱原発 …

newspicks
NewsPicksを運営するユーザベースが上場。本業はまずまずだが上場を急いだ印象は拭えない

 ニュース・アプリ「NewsPicks」を運営するユーザベースが2016年10月 …