ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍総裁が「ぶら下がり取材」の拒否を表明。背景には日本人の知性の劣化がある

 

 自民党の安倍総裁は、野田首相と同様、首相官邸で記者団の質問に答える、いわゆる「ぶら下がり取材」に応じない方針を固めた。安倍氏は首相時代、記者団の前で立ったまま短い質問に答える形式をとっていたがこれを取りやめる。

 かつて首相は、記者からの「ぶら下がり取材」に応じるのが慣例であった。だが野田首相は初めてこの慣行を拒否し、記者会見のみで記者からの取材に対応することとなった。
 「ぶら下がり」取材の是非は、その国の成熟度を示す非常によい尺度となる。「ぶら下がり」では突発的な質問も出てくるので、政治家はよほど理念や立場を明確にしていないと、すぐボロが出てしまう。政治家にとってはできるだけ受けたくない取材だ。

 英国では、こういった現場での取材に対するコメント能力は政治家の重要な資質とみなされており、キャメロン首相などは、本当にマメに取材に対応している。日本でも小泉元首相のように才能のある政治家は「ぶら下がり取材」を拒否することはない。つまり「ぶら下がり取材」を拒否する政治家は、基本的に自信がなく、国民に選ばれた意識のない人とみてよい。

 だが事はそう単純な話にとどまらない。「ぶら下がり取材」は質問するマスコミ側の能力も試されるのだ。一瞬で重要なコメントを引き出すためには記者にも相当な能力がなければならない。だが現実のマスコミはあまりにも低レベルで、くだらない質問のオンパレードである。これでは「まともな質問がなく、取材に応じる意味がない」として「ぶら下がり取材」を拒否する政治家に格好の口実を与えてしまう。実際、意味がないので「ぶら下がり取材」はやめた方がよいのではないか、という意見を持つ国民は多いのではないか?

 国民への説明を嫌がる政治家と、レベルの低いマスコミ。ダメになっていく国はこのようにして民主主義が衰退していくのだろう。最後には、記者会見で報道官が居丈高に一方的にコメントし、記者はそれをただ垂れ流すだけという、中国のような国になるのかもしれない。
 恐ろしいことに「政治家とマスコミは国民を映す鏡」という格言が存在する。つまりこのような事態を招いているのは、能力のない政治家のせいでも、バカなマスコミのせいでもなく、劣化が進んできている我々国民のせいなのである。知性の劣化した国に人権など存在するはずがない。

 - マスコミ, 政治

  関連記事

gpif
年金運用のポートフォリオが大幅変更に。だが実際には現状を追認しただけ

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は6月7日、年金積立金の基本ポートフ …

kishidaputin
一筋縄ではいかない日露交渉。プーチン大統領は意図的な遅刻で日本側を翻弄?

 岸田文雄外務大臣はロシアのプーチン大統領らとモスクワで会談し、今月に開催される …

gaza
ハマスがロケット弾を一般住宅から発射。イスラエルの報復で犠牲者がさらに増加

 イスラエルとイスラム原理主義組織ハマスの戦闘がさらに激化している。イスラエルに …

keijiban
中国共産党が国民からの不満や要望を受け付けるサイトを構築。明るい文化大革命?

 中国共産党は、国民の党や政府に対する不満の高まりを背景に、国民からの声を集める …

kenpou
国会の憲法審査会がスタート。だが天皇制や9条をめぐる議論はトンチンカンなものばかり

 衆議院憲法審査会は3月14日、安倍政権発足後初の会合を開き、日本国憲法における …

abe20141118
志が低すぎ?与党が衆院選の勝敗ラインをめぐって混乱

 衆院選の勝敗ラインをめぐる与党内での意見の食い違いが表面化している。過半数を勝 …

capitolhill
米財政問題に関する与野党合意が成立。政府機関閉鎖は完全に回避へ

 米国議会の超党派協議会は2013年12月10日、2014年度(2013年10月 …

no image
吹田市の随意契約問題は方法が稚拙なだけ。官公庁に蔓延する入札を偽装する手口

 大阪府吹田市が、市長の後援会副会長が社長を務める電気工事会社に対し、市庁舎の太 …

shalegasrig
米国のシェールガスブームに我慢できず、とうとうドイツが抜け駆け参戦

 米国におけるシェールガス革命の進展で窮地に立たされている欧州において、とうとう …

super01
消費税の軽減税率導入に関する具体的議論がスタート。だが課題は山積

 消費税の軽減税率導入に関する具体的な議論が始まった。自民・公明の両党は2014 …