ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍総裁が「ぶら下がり取材」の拒否を表明。背景には日本人の知性の劣化がある

 

 自民党の安倍総裁は、野田首相と同様、首相官邸で記者団の質問に答える、いわゆる「ぶら下がり取材」に応じない方針を固めた。安倍氏は首相時代、記者団の前で立ったまま短い質問に答える形式をとっていたがこれを取りやめる。

 かつて首相は、記者からの「ぶら下がり取材」に応じるのが慣例であった。だが野田首相は初めてこの慣行を拒否し、記者会見のみで記者からの取材に対応することとなった。
 「ぶら下がり」取材の是非は、その国の成熟度を示す非常によい尺度となる。「ぶら下がり」では突発的な質問も出てくるので、政治家はよほど理念や立場を明確にしていないと、すぐボロが出てしまう。政治家にとってはできるだけ受けたくない取材だ。

 英国では、こういった現場での取材に対するコメント能力は政治家の重要な資質とみなされており、キャメロン首相などは、本当にマメに取材に対応している。日本でも小泉元首相のように才能のある政治家は「ぶら下がり取材」を拒否することはない。つまり「ぶら下がり取材」を拒否する政治家は、基本的に自信がなく、国民に選ばれた意識のない人とみてよい。

 だが事はそう単純な話にとどまらない。「ぶら下がり取材」は質問するマスコミ側の能力も試されるのだ。一瞬で重要なコメントを引き出すためには記者にも相当な能力がなければならない。だが現実のマスコミはあまりにも低レベルで、くだらない質問のオンパレードである。これでは「まともな質問がなく、取材に応じる意味がない」として「ぶら下がり取材」を拒否する政治家に格好の口実を与えてしまう。実際、意味がないので「ぶら下がり取材」はやめた方がよいのではないか、という意見を持つ国民は多いのではないか?

 国民への説明を嫌がる政治家と、レベルの低いマスコミ。ダメになっていく国はこのようにして民主主義が衰退していくのだろう。最後には、記者会見で報道官が居丈高に一方的にコメントし、記者はそれをただ垂れ流すだけという、中国のような国になるのかもしれない。
 恐ろしいことに「政治家とマスコミは国民を映す鏡」という格言が存在する。つまりこのような事態を招いているのは、能力のない政治家のせいでも、バカなマスコミのせいでもなく、劣化が進んできている我々国民のせいなのである。知性の劣化した国に人権など存在するはずがない。

 - マスコミ, 政治

  関連記事

rubio
米大統領選。共和党の隠れた大本命、マルコ・ルビオ氏とはどんな人?

 米国の大統領選に共和党から立候補を表明したマルコ・ルビオ上院議員がメディアから …

matusi
沖縄の基地反対派に対する「土人」発言がもたらす、安全保障上の致命的デメリット

 沖縄の米軍ヘリコプター発着場の建設に抗議していた人物に対し、大阪府警の機動隊員 …

obamacuba
米国とキューバが50年にわたる対立に終止符。仲介役はローマ法王庁

 オバマ米大統領は2014年12月17日、50年以上にわたって国交を断絶していた …

abensc
日本版NSCの概要が固まる。現行法よりは進歩しているが、抱えている問題は変わらず

 政府は外交・安全保障の司令塔となる国家安全保障会議(日本版NSC)の概要を固め …

narita
成田空港が着陸料を値下げ。それでも諸外国の2倍で、時すでに遅し

 成田国際空港会社は13日、来年4月から国際線の着陸料を平均で5.5引き下げると …

taima
高樹沙耶容疑者の逮捕で医療用大麻への関心が高まっているが・・・

 大麻取締法違反で逮捕された元女優の高樹沙耶(本名:益戸育江)容疑者が、医療用大 …

7thfleet
安全保障関連法成立。だが国会を支配していたのは「昭和」な価値観

 今国会、最大の焦点であった集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法案は20 …

putingkukyo
経済制裁による通貨安と原油価格の下落でロシア経済はすでにボロボロ?

 ウクライナ問題をめぐる対ロ制裁に加えて原油価格の急激な下落がロシア経済を窮地に …

indosina
タイの鉄道建設プロジェクトを巡る日中の地政学的争い。今のところ中国有利?

 日本が支援する予定のタイの鉄道建設プロジェクトが騒がしくなっている。タイ軍事政 …

no image
自民党の次期衆院選候補者は2世だらけ。でも有権者は大喜び?

 次期衆院選を前に候補者の顔ぶれが徐々に明らかになってきているが、自民党の候補者 …