ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍総裁が「ぶら下がり取材」の拒否を表明。背景には日本人の知性の劣化がある

 

 自民党の安倍総裁は、野田首相と同様、首相官邸で記者団の質問に答える、いわゆる「ぶら下がり取材」に応じない方針を固めた。安倍氏は首相時代、記者団の前で立ったまま短い質問に答える形式をとっていたがこれを取りやめる。

 かつて首相は、記者からの「ぶら下がり取材」に応じるのが慣例であった。だが野田首相は初めてこの慣行を拒否し、記者会見のみで記者からの取材に対応することとなった。
 「ぶら下がり」取材の是非は、その国の成熟度を示す非常によい尺度となる。「ぶら下がり」では突発的な質問も出てくるので、政治家はよほど理念や立場を明確にしていないと、すぐボロが出てしまう。政治家にとってはできるだけ受けたくない取材だ。

 英国では、こういった現場での取材に対するコメント能力は政治家の重要な資質とみなされており、キャメロン首相などは、本当にマメに取材に対応している。日本でも小泉元首相のように才能のある政治家は「ぶら下がり取材」を拒否することはない。つまり「ぶら下がり取材」を拒否する政治家は、基本的に自信がなく、国民に選ばれた意識のない人とみてよい。

 だが事はそう単純な話にとどまらない。「ぶら下がり取材」は質問するマスコミ側の能力も試されるのだ。一瞬で重要なコメントを引き出すためには記者にも相当な能力がなければならない。だが現実のマスコミはあまりにも低レベルで、くだらない質問のオンパレードである。これでは「まともな質問がなく、取材に応じる意味がない」として「ぶら下がり取材」を拒否する政治家に格好の口実を与えてしまう。実際、意味がないので「ぶら下がり取材」はやめた方がよいのではないか、という意見を持つ国民は多いのではないか?

 国民への説明を嫌がる政治家と、レベルの低いマスコミ。ダメになっていく国はこのようにして民主主義が衰退していくのだろう。最後には、記者会見で報道官が居丈高に一方的にコメントし、記者はそれをただ垂れ流すだけという、中国のような国になるのかもしれない。
 恐ろしいことに「政治家とマスコミは国民を映す鏡」という格言が存在する。つまりこのような事態を招いているのは、能力のない政治家のせいでも、バカなマスコミのせいでもなく、劣化が進んできている我々国民のせいなのである。知性の劣化した国に人権など存在するはずがない。

 - マスコミ, 政治

  関連記事

mof03
2015年度予算の概算要求基準を閣議了解。予算膨張で要求額は100兆円を突破

 安倍内閣は2014年7月25日、2015年度予算の概算要求基準を閣議了解した。 …

orando04
中国叩きの一方で大統領自ら投資を呼び込み。フランスのちぐはぐな対応はまるで日本?

 フランスのオランド大統領は中国の実業家グループをエリゼ宮(大統領府)に招き、大 …

no image
iPS細胞移植の記事はウソだった。誤報が起きる背景を探る

 読売新聞が、iPS細胞の移植に関して行った報道が、誤報であることが明らかになっ …

no image
イタリアで地震予知の専門家に実刑というトンデモ判決。だがこれは別の見方もできる

 イタリアで22日、大地震の予知ができなかったとして、同国の地震予知の専門家ら7 …

gpifhiritsu201406
公的年金の株式シフトが前倒しスタート。一部からは利益の先取り懸念も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2014年8月2 …

tokyofukei001
政府が対日投資拡大を議論する有識者会議をスタート。最大の課題は?

 政府は2014年2月27日、海外から国内への直接投資を拡大させるための具体策を …

jinmingen
IMFが特別引出権(SDR)に人民元を採用。英国の全面支援が決め手?

 IMF(国際通貨基金)は、11月にも特別引き出し権(SDR)と呼ばれる準備通貨 …

kichikyoku
携帯基地局の裁判で住民が敗訴。日本人は目に見えないものが苦手なようで・・

 携帯電話の基地局が発する電波の有害性について、日本でも次第に取り上げられるよう …

rensen
台湾の国民党名誉首席が習近平総書記と会談。台湾をトラブルメーカーと自称

 台湾の与党国民党の名誉主席で元副総統の連戦氏は25日、中国・北京を訪れ、人民大 …

yamaguchiabe
軽減税率は加工食品まで含める形で最終調整。公明が譲れない理由

 消費税10%への引き上げに伴って導入が検討されている軽減税率について、自民・公 …