ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

安倍総裁が「ぶら下がり取材」の拒否を表明。背景には日本人の知性の劣化がある

 

 自民党の安倍総裁は、野田首相と同様、首相官邸で記者団の質問に答える、いわゆる「ぶら下がり取材」に応じない方針を固めた。安倍氏は首相時代、記者団の前で立ったまま短い質問に答える形式をとっていたがこれを取りやめる。

 かつて首相は、記者からの「ぶら下がり取材」に応じるのが慣例であった。だが野田首相は初めてこの慣行を拒否し、記者会見のみで記者からの取材に対応することとなった。
 「ぶら下がり」取材の是非は、その国の成熟度を示す非常によい尺度となる。「ぶら下がり」では突発的な質問も出てくるので、政治家はよほど理念や立場を明確にしていないと、すぐボロが出てしまう。政治家にとってはできるだけ受けたくない取材だ。

 英国では、こういった現場での取材に対するコメント能力は政治家の重要な資質とみなされており、キャメロン首相などは、本当にマメに取材に対応している。日本でも小泉元首相のように才能のある政治家は「ぶら下がり取材」を拒否することはない。つまり「ぶら下がり取材」を拒否する政治家は、基本的に自信がなく、国民に選ばれた意識のない人とみてよい。

 だが事はそう単純な話にとどまらない。「ぶら下がり取材」は質問するマスコミ側の能力も試されるのだ。一瞬で重要なコメントを引き出すためには記者にも相当な能力がなければならない。だが現実のマスコミはあまりにも低レベルで、くだらない質問のオンパレードである。これでは「まともな質問がなく、取材に応じる意味がない」として「ぶら下がり取材」を拒否する政治家に格好の口実を与えてしまう。実際、意味がないので「ぶら下がり取材」はやめた方がよいのではないか、という意見を持つ国民は多いのではないか?

 国民への説明を嫌がる政治家と、レベルの低いマスコミ。ダメになっていく国はこのようにして民主主義が衰退していくのだろう。最後には、記者会見で報道官が居丈高に一方的にコメントし、記者はそれをただ垂れ流すだけという、中国のような国になるのかもしれない。
 恐ろしいことに「政治家とマスコミは国民を映す鏡」という格言が存在する。つまりこのような事態を招いているのは、能力のない政治家のせいでも、バカなマスコミのせいでもなく、劣化が進んできている我々国民のせいなのである。知性の劣化した国に人権など存在するはずがない。

 - マスコミ, 政治

  関連記事

rikokyo
ヘッジファンドから軍人まで。米国が官民挙げて中国詣で。米中合同軍事演習も実現か?

 次期最高指導部が決まった中国に対して、米国側が官民ともに、猛烈なアプローチをか …

popefrancis201411
フランシスコ法王が欧州議会で演説。EUの官僚主義的な体制を痛烈に批判

 カトリック教会のフランシスコ法王は2014年11月25日、欧州議会で演説をおこ …

hikouki2014
スマホのバッテリーを切らすと飛行機に乗れない?米国の新保安体制

 バッテリー切れになると飛行機に乗れない。そんな悪夢が現実になろうとしている。米 …

tppabe
TPPの影響試算を政府が公表。だが一般均衡モデルを使った試算にはほとんど意味がない

 政府は3月15日、安倍首相によるTPP参加表明を受けて、その経済効果に関する影 …

kanntei
社会保障改革の手順を閣議決定。肝心の年金問題についてはほぼ手つかずのまま

 政府は8月21日、閣議において社会保障制度改革の手順を定めるための法案骨子を決 …

girishashusho
デフォルトの可能性がさらに高まるギリシャ。国民投票を材料にした交渉の行方は不透明

 EU(欧州連合)とECB(欧州中央銀行)がギリシャ支援の延長拒否を決定したこと …

joumuiin02
完全保存版!中国共産党次期最高幹部7名の素顔と人物相関図

 中国の次期最高指導部である政治局常務委員7名が決定した。注目されていた胡錦濤グ …

abenaikaku3ji
第3次安倍内閣が発足。経済最優先だが、再度の追加緩和頼み?

 第3次安倍内閣が本格的なスタートを切った。安倍首相は発足後ただちに財界に対して …

patten
香港最後の総督パッテン氏が、香港民主化をめぐり中国政府と英国政府を批判

 英国統治時代における最後の香港総督として世界的に有名な英国のクリストファー・パ …

jisinmap
熊本は「安全地帯」で東北は「危険地帯」というサイトが出来上がってしまう理由

 熊本県は2016年4月20日、「東北は地震の危険地帯」などと記載していた熊本県 …