ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

フランス人は決して謝らない。オランド大統領がアルジェリアを訪問するも謝罪要求は一蹴

 

 フランスのオランド大統領は独立50周年を迎えるアルジェリアを訪問し、フランスによる約130年の植民地支配について「野蛮で不公平なものだった」と述べた。だがアルジェリア側が期待していた謝罪は一切行われなかった。

 フランスはアルジェリアを長期間植民地として統治してきた歴史がある。欧米の大国が植民地を保有していたこと自体はあまり珍しいことはでないが、フランスが特殊なのは、第二次大戦後、英国をはじめとするほとんどの大国が植民地を放棄する中、従来型の植民地の維持にこだわってきた点である。

 結局、アルジェリアは1962年に独立戦争の末、フランスから独立。ベトナムも独立戦争(インドシナ戦争)によって1954年に独立ており、フランスは不本意ながら主要な植民地を失う形となった(ちなみにフランスは南米の仏領ギアナ、南太平洋のタヒチなど、いまだに植民地を維持している)。
 アルジェリア独立戦争の際には、フランス側がアルジェリア人を大量虐殺したといわれているが、驚くべきことに、虐殺はアルジェリア国内だけで行われたのではなく、パリ市内でも実施された。1961年、パリ市内においてアルジェリア支持を訴えるアルジェリア人のデモ行進をフランス治安部隊が弾圧。少なくとも200人が橋から放り投げられたり、銃殺、撲殺されたといわれている。戦前の話ではない。1961年のことである。

 このため、アルジェリアとフランスには大きなしこりが残っており、今回の訪問では何らかの謝罪の言葉が期待されていた。だがオランド大統領は「悔恨や謝罪を表明するために来たわけではない」と言い放ち、謝罪は一切行わなかった。
 フランス国内の世論でも謝罪の必要はなしとの意見が多い。フランスのメディアも、大統領訪問に際して見解を表明しているが、そこでに決して謝罪をしないフランス人の姿勢がよく表れている。
 その内容はというと、「悔恨は個人がすべきもので、国家がすべきものではない」「フランス人は常にアルジェアの未来について考えている」という、言い訳とも開き直りともつかないものばかりだ。

 だが現実問題として、国際社会において国家以上の存在はなく、国家が謝罪を拒否すれば、それを解決する手段は最終的には戦争しかない。フランスの軍事力と経済力がアルジェリアを圧倒している以上、アルジェリアには謝罪を強要する手段がないというのが現実なのだ。決して謝罪しないフランスの姿勢は、国際社会におけるパワーゲームの現実をよく表している。

 - 政治

  関連記事

kodomonote
政府が子供の貧困対策を本格化。だが、支援は民間による基金

 政府が貧困家庭の子供に対する支援の強化を検討している。企業や個人に寄付を呼びか …

kougousama
民主主義の大切さを訴えた皇后陛下による異例の発言をどう解釈すべきか?

 このところ、皇室と民主政治をめぐって、これまでにはなかったような出来事が相次い …

rokkasho01
再処理施設の稼働に米国が懸念?核物質蓄積には何らかの説明が必要

 青森県六ヶ所村の核燃料再処理施設の稼働開始を控え、米国が日本に対してプルトニウ …

jutakugai
再来年に迫った相続税増税で住宅保有者は大慌て。だが今後も資産課税強化は続く

 2015年1月に迫った相続税の増税が住宅保有層における懸案事項になってきている …

nichigin
日銀と政府の不毛な緩和論争の背後で、市場は動き始めている?

 日銀は30日、金融政策決定会合を開催し、国債などを買い入れる基金を11兆円増額 …

girishashusho
ギリシャ側が完全敗北。EUが主張する構造改革案をほぼ100%受け入れへ

 ギリシャの金融支援をめぐり、ギリシャ側が提出していた構造改革案についてEU(欧 …

gpifpotoforio201506
公的年金の7~9月期の運用損失は7兆円?場合によっては政治問題化も

 公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が抱える運用損失が …

putingunjiryoku
ウクライナ情勢への懸念から米国への資金流出が続く。プーチン政権には打撃

 欧州景気に対する不透明感とウクライナ情勢への懸念から、投資資金が欧州から米国に …

no image
美人記者を取材対象にはべらせる大手マスコミの呆れた実態

 近年、政治家や企業トップなどを囲む記者に「美人な女性」を配置するケースが増えて …

ianfunozo
NY州議会で慰安婦問題が決議。米国政界に広がる危険な兆候

 米国ニューヨーク州議会上院は29日、従軍慰安婦問題について「人道に対する罪」と …