ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

フランス人は決して謝らない。オランド大統領がアルジェリアを訪問するも謝罪要求は一蹴

 

 フランスのオランド大統領は独立50周年を迎えるアルジェリアを訪問し、フランスによる約130年の植民地支配について「野蛮で不公平なものだった」と述べた。だがアルジェリア側が期待していた謝罪は一切行われなかった。

 フランスはアルジェリアを長期間植民地として統治してきた歴史がある。欧米の大国が植民地を保有していたこと自体はあまり珍しいことはでないが、フランスが特殊なのは、第二次大戦後、英国をはじめとするほとんどの大国が植民地を放棄する中、従来型の植民地の維持にこだわってきた点である。

 結局、アルジェリアは1962年に独立戦争の末、フランスから独立。ベトナムも独立戦争(インドシナ戦争)によって1954年に独立ており、フランスは不本意ながら主要な植民地を失う形となった(ちなみにフランスは南米の仏領ギアナ、南太平洋のタヒチなど、いまだに植民地を維持している)。
 アルジェリア独立戦争の際には、フランス側がアルジェリア人を大量虐殺したといわれているが、驚くべきことに、虐殺はアルジェリア国内だけで行われたのではなく、パリ市内でも実施された。1961年、パリ市内においてアルジェリア支持を訴えるアルジェリア人のデモ行進をフランス治安部隊が弾圧。少なくとも200人が橋から放り投げられたり、銃殺、撲殺されたといわれている。戦前の話ではない。1961年のことである。

 このため、アルジェリアとフランスには大きなしこりが残っており、今回の訪問では何らかの謝罪の言葉が期待されていた。だがオランド大統領は「悔恨や謝罪を表明するために来たわけではない」と言い放ち、謝罪は一切行わなかった。
 フランス国内の世論でも謝罪の必要はなしとの意見が多い。フランスのメディアも、大統領訪問に際して見解を表明しているが、そこでに決して謝罪をしないフランス人の姿勢がよく表れている。
 その内容はというと、「悔恨は個人がすべきもので、国家がすべきものではない」「フランス人は常にアルジェアの未来について考えている」という、言い訳とも開き直りともつかないものばかりだ。

 だが現実問題として、国際社会において国家以上の存在はなく、国家が謝罪を拒否すれば、それを解決する手段は最終的には戦争しかない。フランスの軍事力と経済力がアルジェリアを圧倒している以上、アルジェリアには謝罪を強要する手段がないというのが現実なのだ。決して謝罪しないフランスの姿勢は、国際社会におけるパワーゲームの現実をよく表している。

 - 政治

  関連記事

abekaisan20141119
安倍首相が米議会で演説するプランが浮上。ポスト・オバマに向けた動きが活発化

 安倍首相が大型連休中の訪米時に、米議会で演説するというプランが浮上している。も …

geitsu
ゲーツ元国防長官のオバマ大統領批判から、文民統制の本当の意味を考える

 米国のゲーツ元国防長官が近く発売される回顧録の中で、アフガン戦争をめぐるオバマ …

boeing777
ボーイングが国内生産を維持する代わりに従業員の待遇を引き下げた背景

 米ボーイングは2014年1月4日、次世代の主力機である「ボーイング777X」の …

ohtahiroko
政府税調が法人減税改革案をまとめる。減税先行となり、優遇見直しは難航必至

 政府税制調査会は2014年6月27日、法人課税専門委員会(大田弘子座長)がまと …

putin201412
ルーブル下落が止まらず、ロシア国民の生活を直撃。住宅ローン破産者も続出

 ロシアのルーブルが急落している。2014年12月15日の外国為替市場では、ルー …

amari
まるで大政翼賛会?閣僚が名指しで企業の賃上げに言及。賃上げは本当に正しいのか?

 甘利経済再生相は5日、コンビニエンスストア大手が相次いで賃上げを表明したことを …

fccbeikoku
米国で議論沸騰中の「ネットワーク中立性」って何だ?

 米連邦通信委員会(FCC)は2015年2月26日、インターネット回線を事実上の …

kuroda
日銀次期総裁は黒田氏。財務省と政権で痛み分け?金融政策のカギは岩田副総裁

 政府は3月19日に退任する日銀の白川総裁の後任に、元財務官でアジア開発銀行総裁 …

abehobei
TPPに対して満額回答だというマスコミ報道は果たして本当なのか?

 日米首脳会談を終え、安倍政権はTPPへの参加問題について「関税撤廃の例外品目が …

tenanmonjiken
天安門事件から25年。中国国内は厳戒態勢だが、香港だけは追悼集会を実施

 中国で民主化運動の学生らを弾圧した天安門事件から25年が経過した2014年6月 …