ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

薬のネット販売規制解除へ。最高裁は常識ある判断を下した

 

 利権の温床、抵抗勢力の象徴といわれた薬のネット販売禁止措置がようやく廃止される可能性が高まってきた。厚生労働省が省令によって市販薬のインターネット販売を規制したのは違法だとして、国に薬のネット販売を行う権利の確認などを求めていた裁判の上告審で、最高裁は21日、事実上、国側を敗訴とする決定を下した。
 最高裁は上告審の判決期日を来年1月11日に指定。二審の結論変更に必要な弁論が開かれないことから、国側敗訴とした二審判決が確定する見通しとなった。

 インターネットでの薬の販売を禁止する厚労省の省令は、近年稀に見る行政の横暴といえる。
 この背後にあるのは、薬の対面販売を義務付け、販売資格を公的資格にして天下り利権を作ろうという厚労省の思惑と、ネット販売にシェアを奪われる事態を恐れたドラッグストア業界が結託した政治利権である。さらにタチの悪いことに両者は薬害被害者を焚き付け、彼らにネット販売禁止運動をやらせるという姑息な手段を用いて規制を強化しようとしていた。

 コンビニでも購入できる一般的なカゼ薬をネットで販売しても何の問題もないことくらい誰の目にも明らかである(ネット販売を原因とする事故は1件も起こっていない)。また地方では10キロ圏内に薬局がないところも多く、ネット販売の禁止は逆に国民を危険にさらす可能性すらあった。

  厚労省の規制に対してはネット業界や一般消費者が猛反発し、厚労省が開催した検討会には楽天の三木谷社長が自ら乗り込み、規制反対を訴えたが、厚労省側は聞く耳を持たなかった。
 今回の裁判で原告となっていたのは、楽天のグループ会社である「ケンコーコム」など2社。同社らは、厚労省の規制は過度で、憲法で保障された営業の自由を侵害していると主張。これに対し国側は、副作用リスクのある医薬品は専門家による対面での情報提供が不可欠で、規制には合理性があるとしていた。
 一審では、国の規制を認める判決が出た。二審では省令による販売規制は法律の委任の範囲を超えて違法と判断されが、今度は国側が上告していた。今回の決定によって、2009年の訴訟開始以来3年を経てようやくネット事業者と消費者の意向が反映される運びとなった。

 官公庁の利権による過剰規制は薬のネット販売にとどまらない。例えば洗髪サービスをしない理髪店を認めない自治体が多く存在するなど、日本は世界にも例を見ない規制大国である。この規制は「1000円カット」などに代表される格安理髪店から自らの利益を守りたい特定業者の利益を反映しているにすぎない(諸外国では洗髪なしのサービスがむしろ主流)。

 政府や自治体は、経済が衰退するような規制ばかり打ち出している。こんなことをやっていては、日本はどんどん貧しくなるばかりだ。

 - 政治, 社会, 経済, IT・科学

  関連記事

abeamari02
内閣府が来年以降の経済成長試算を提出。増税、低成長、物価高のトリプルパンチ?

 内閣府は8月2日に開催された経済財政諮問会議において、2013年度の経済見通し …

aikoukoku
広告クリエイティブ業務のAI化で、すべての広告は動的になる

 広告業界でコピーライティング業務をAI化する取り組みが進んでいる。狙いは人員の …

souzouteki
日本には創造性が求められる仕事などない、という若者の認識はかなり正確?

 日本の若年層の中で、自分のことを創造的だと考える人は8%しかおらず、創造性が求 …

global01
相次ぐ海外大型買収は日本経済に大きなメリットをもたらす

 ソフトバンクによる米スプリント社の買収やサントリーによる米ビーム社の買収など、 …

fukusima2goki
福島原発2号機の内部映像を東電が公開。最悪の状態ではなさそうだが・・・

 東京電力は2017年1月30日、福島第1原子力発電所2号機の原子炉格納容器内部 …

jazenchukaicho
JA全中が農協の自己改革案を提示。内容が不十分との声が出る可能性も

 全国農業協同組合中央会(JA全中)は2014年11月6日、JAグループの自己改 …

nichigin04
正念場を迎える日銀の量的緩和策。黒田総裁は外部の発言を積極化

 日銀の量的緩和策が正念場を迎えている。消費者物価指数は伸び率の鈍化が目立ち、4 …

no image
欧州が教会に対する課税を検討開始。ところで日本最大の税金逃れ団体はどこだ?

 財政危機の欧州で、宗教団体などに対する免税措置を見直す動きが広がっている。   …

sumaho201404
総務省のメディア利用調査。現在のネット・ニュース媒体は将来も安泰か?

 総務省情報通信政策研究所は2014年4月15日、メディア利用などに関する調査結 …

rikagakuken
新型万能細胞に関する画期的研究から考える、日本の官製イノベーション思想の是非

 理化学研究所の研究チームが、酸性の刺激を与えるだけの簡単な方法で、あらゆる細胞 …