ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

選挙終了で違反者の逮捕が始まる。だが公職選挙法の内容はこんなに馬鹿げている

 

 総選挙が終了し、恒例の公職選挙法違反での逮捕が始まった。

 大阪府警は20日、衆院選の選挙運動の報酬として知人に現金を払ったとして、大阪7区で落選し、比例区近畿ブロックで復活当選した日本維新の会の上西小百合氏陣営の運動員を逮捕した。運動員は、12月中旬ごろ、知人男性3人に20万円ずつを渡し、ビラ配りなどを依頼した疑いが持たれている。

 また愛媛県警は21日、愛媛4区で落選し、比例区四国ブロックで復活当選した日本維新の会の桜内文城氏の支援者を逮捕した。同じく維新の会から立候補していた足立康史氏の選挙運動員や自民党から立候補して当選した武部新氏陣営の会社役員なども逮捕されている。

 公職選挙法ほど壮大な建前となっている法律もそうそうないだろう。支援者や運動員の逮捕を受けて候補者は「法の順守を徹底していたので驚いている。捜査の推移を慎重に見守りたい」(武部氏)というようなお決まりのコメントを出しているが、どこの陣営でもやっていることで、表面化するかしないかの問題だけである。

 そもそも公職選挙法の内容はかなり馬鹿げている。以下に列挙したことはすべて公職選挙法違反だ。

 ・選挙活動を少し手伝ってもらったからと、候補者が知人に夕飯をごちそうした
 ・選挙が終わったあとで、お礼の手紙を書いた
 ・選挙期間中にブログを更新した

 公職選挙法に違反していない陣営などないのである。したがって落選議員を中心にみせしめ的に逮捕が行われる。またこういった細かいルールに熟知していない新しい候補者も狙われやすい。維新の会からたくさん逮捕者が出ているのはそういう理由からだ。

 公職選挙法が一般常識とかけ離れていることによってメリットを受けている人はたくさんいる。まず既存政党にとっては極めて有利となる。新しく選挙に挑戦する候補者には、支援団体や組織票などは存在しない。だがアルバイト代を払って選挙活動をすればすべて違法になってしまう。現在の公職選挙法は、組織票をもった既存政党に圧倒的に有利に出来ている。

 また選挙活動そのものが巨大なビジネス利権となっている。新しく選挙に挑戦する候補者は公職選挙法に熟知していない。法律の文面を読んだところで、実際何がアウトで何がセーフなのかはさっぱり分からないようになっている。このため、選挙活動を指南する選挙コンサルタントのような人がいて、彼らに高い報酬を払ってアドバイスをもらわないと選挙活動ができないのが実体なのである。
 選挙ポスターなども同じだ。世の中では選挙にお金がかかることは良くないことと言われている。だが手作り感覚でポスターやビラなどを作っていると、どこかで公職選挙法に引っかかり、たちまち逮捕されてしまう。結局ポスターやビラの印刷も特定の業者に高い値段で発注せざるを得ないのである。

 良い悪いは別として、これが選挙というものの実態なのである。有権者はまずこのような状況で選挙というものが行われているということをしっかりと理解すべきである。その上で、どの候補者を選ぶべきなのか考える必要がある。表面的な部分だけを見ていては、真実は浮かび上がってこないのである。

 - 政治

  関連記事

cubaclassic car
キューバとの国交正常化で注目される、高級葉巻と米国製クラシックカー

 米国とキューバが国交正常化交渉を開始することになった。経済制裁の解除で各業界に …

monju
政府が「もんじゅ」見直し検討。核燃料サイクルに関する国民的議論が必要な時期

 日本の核燃料サイクルの中核となる高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が計画の見 …

PHM11_0589
いくら緩和しても経済成長なんてムリ!日銀のホンネが聞こえてくる

 2014年度の消費者物価指数(CPI)上昇率見通しが日銀の目標値である1%に届 …

kozeni
マイナンバーカードとセットの軽減税率案に批判集中。果たして実現できるのか?

 財務省が2015年9月8日に提示した消費税の軽減税率の導入案が波紋を呼んでいる …

obama00001
日本人はオバマ大統領が大好きだが、向こうは無関心。このギャップがもたらす危険な未来

 日本人のオバマ大統領に対する支持率が極めて高いことが明らかになった。ライフネッ …

office
待遇がよい正社員ほど不満タラタラ。人材会社のアンケート結果が示す意外?な結果

 大手人材サービス会社のエンジャパンが自社サイトの利用者に対して行った、月収とそ …

businessman
生活は良くならず努力しても報われないが、心は豊かという調査結果をどう見る?

 「努力しても報われない」が「心が豊かである」と考える日本人の割合が急増している …

hagejapan201401
ヘーゲル国防長官が来日。日米連携強化を演出したい日本側に配慮

 米国のヘーゲル国防長官は2014年4月5日から2日間の日程で日本を訪問し、安倍 …

merukeru03
ドイツの輸出超過に批判の声が高まる。だがこれはEUの自己矛盾を露呈しかねない

 好調な経済を背景に、欧州経済を支えてきたドイツに対して批判の声が高まっている。 …

chinajojohaisi
中国で中央政府直系の国有企業初が初の上場廃止

 中国の上海証券取引所に上場していた中国の国有企業「中国長江航運集団南京油運」が …