ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

民主党の代表選に海江田氏が「比例復活」の状態でも出馬するワケ

 

 民主党は22日に実施する代表選に、同党の海江田万里元経済産業相が立候補を決めた。海江田氏は「あえて火中のクリを拾う覚悟で代表選に臨む決意をした」と述べるとともに、「民主党創始者の一人として、党を立て直す責任があると思っている」と、党再生に意欲を示した。

 海江田氏は、今回の総選挙に東京1区から立候補したが、元経産省の官僚で自民新人の山田美樹氏に1200票差で敗れ、何とか比例で復活当選していた。本来であれば、堂々と代表選に出馬とはいかない状況だが、海江田氏の置かれた状況は少々異なっている。

 海江田氏が立候補している東京1区は、元自民党の与謝野馨前経済財政担当相の地盤で、両者は昔から激しい選挙戦を繰り返してきた。与謝野氏は民主党への政権交代が実現した2009年の総選挙で落選し、比例区での復活当選となっていた。
 その後、反民主の「たちあがれ日本」に参画したものの、当時の菅首相から入閣を請われると、たちまち態度を変え今度は民主党の内閣に入閣した。与謝野氏と選挙区で激しい争いをした海江田氏にしてみれば、選挙で落選した野党議員が、節操なく首相に擦り寄り入閣を果たしたということになる。一連のゴタゴタは民主党の組織の未熟さを露呈する結果となった。

 今回民主党が大敗北を喫したのは、雰囲気だけでもごとのが決定され、政権与党としての体を為していなかったことが最大の原因と考えられている。
 今回の選挙で民主党は弱小政党に転落したが、左翼系の議員が多く落選したことで、党としての体質は大きく変化した。場合によっては、維新やみんなの党との連携が可能な政党になったともいえる。
 海江田氏が比例復活という「半人前」の状態で代表選に立候補するのは、こういった民主党の体質変化をきっかけに、今後の党運営に主導権を確保しようとの意向が働いているものと思われる。
 民主党の代表選の結果は、来年の参院選にも少なからず影響を与える可能性があり、要注目だ。

 - 政治

  関連記事

hongkong
香港を飲み込むはずがむしろ逆効果に。中国による香港統治政策は失敗?

 香港大学は27日、香港人の意識調査の結果を発表した。それによると、自 らを「香 …

rokkasho
韓国から核燃料の再処理を受託との報道。原子力は核の問題であるという理解が必要

 日本政府が、使用済み核燃料の再処理を韓国から受託することを検討しているという東 …

no image
旧日本軍の行為が再び俎上に。中韓が日本非難の動きを活発化

 領土問題に付随して中国や韓国が、太平洋戦争当時の日本軍の活動を例に挙げ日本を非 …

monju
もんじゅ廃炉案が再び浮上するもやはり立ち消え?決められない日本人の悲しい性

 現在、運転を停止している高速増殖炉「もんじゅ」について、廃炉を含めた検討が行わ …

seattle
シアトル市議会が時給15ドルの最低賃金を可決。現行から6割引き上げ

 米国ワシントン州のシアトル市議会は2014年6月4日、市の最低賃金を1時間15 …

jinmingen
IMFが特別引出権(SDR)に人民元を採用。英国の全面支援が決め手?

 IMF(国際通貨基金)は、11月にも特別引き出し権(SDR)と呼ばれる準備通貨 …

kyosho201502
オバマ政権が打ち出した海外利益課税策。米企業の立地戦略はどうなる?

 オバマ政権が打ち出した企業の海外利益に対する課税策が米国内で議論となっている。 …

boribia01
ボリビア大統領がスノーデン事件に関連して空港で足止め。仏など欧州各国を非難

 ロシアを訪問し、南米ボリビアに帰国途中だった同国のモラレス大統領が乗った専用機 …

saitengai
中国の新駐米大使は駐日大使経験者。中国はいよいよ日米の分断作戦開始との噂

 中国政府は3月3日、前駐日大使の崔天凱外務次官を駐米大使に起用する人事を決めた …

tpphawai
TPPは最終合意に至らず閉幕。今後の政治日程は極めて厳しい

 環太平パートナーシップ協定(TPP)閣僚会合は2015年7月31日、最終合意に …