ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

松井証券がとうとう金利も手数料もゼロ円という自爆価格を設定。どうやって儲けるの?

 

 信用取引に関する来年1月の規制緩和をうけて、ネット証券業界では自爆テロともいえる安値競争が始まろうとしている。
 12月6日に松井証券が打ち出した新しい料金体系は業界を驚かせた。1回当たりの信用取引額が300万円以上の日計りの信用取引の場合には、金利や手数料がすべて無料になるというのである。

 今回の信用取引に関する規制緩和は、1日あたりの取引回数を事実上無制限にするというもの。これまで信用取引の際に提供した証拠金は再利用できず、1日に何回も取引するためには、その都度、証拠金を用意しなければならなかった。だが今回の規制緩和でその制約がなくなり、1回の証拠金の提出で何度も取引ができるようになる。
 松井証券ではこれに合わせて、高額取引を行う顧客については、手数料と金利のすべてを無料にするという。
 だが業界関係者の多くは、今回の松井の決断について、「下手をすると業界の自爆テロにも繋がりかねない」(ネット証券関係者)と危惧している。

 日本の株式市場は低迷が続いており、個人投資家の売買代金はリーマンショック前の半分以下まで落ち込んでいる。中堅証券会社の中には事業を継続できず廃業するところも多い。唯一、お金を落としてくれる顧客は、1日に何度も取引を繰り返すデイトレーダーで、かつ投資金額が大きい投資化である。各証券会社とも、こういったごく一部の顧客で収益のほとんど稼ぎ出しているのが実情だ。
 だが松井証券の新しい価格体系では、こういった大口顧客が無料の同社に殺到してしまう可能性が高い。他社は松井に顧客を奪われ、一方の松井は顧客が増えても収益を増やすことができない。完全に生きるか死ぬかの消耗戦に突入することになる。

 松井証券の松井社長は、2012年の5月には、経済誌のインタビューに答えて「もう安売りの時代ではない」と付加価値を強調していたが、発言とはまったく逆に、さらなる安値競争のきっかけを作ったことになる。ちなみに同社では「他の部分で儲ける」(松井社長)としているが、具体的な収益源については明言していない。

 - 経済

  関連記事

jutaku02
全国で土地が余っている。都市部への人口集中を前提にした政策に舵を切る時期に

 政府は6月11日、平成25年版の「土地白書」を閣議決定した。人口の減少と高齢化 …

icijpanama
パナマ文書が公開。三木谷氏の名前もあるが、大した話ではない可能性が高い

 ICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)は2016年5月16日、タックスヘイ …

no image
産業(革新)ではなく産業(衰退)機構?ルネサス再建案はトヨタとパナの下請け会社化

 経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスに対する産業革新機構の経営再建案 …

shacho
日本企業の役員報酬は果たして高いのか安いのか?

 東京商工リサーチは2016年6月29日、2016年3月期において1億円以上の役 …

abeshouhizei
消費増税の正式決定で焦点は5兆円の経済対策の中身とその効果に移行

 政府は10月1日、閣議を開催し2014年4月から消費税を8%に引き上げることを …

karyoku
政府が温暖化ガス26%削減という野心的な目標を設定。ただし老朽原発再稼働と省エネ徹底が大前提

 政府は2015年6月2日、2030年までに温暖化ガスの排出量を2013年比で2 …

abetoranpu
トランプ政権のインフラ投資に日本の公的年金を活用との報道。政府は否定しているが・・・

 トランプ政権が掲げる総額1兆ドル(約113兆円)のインフラ投資について、その一 …

imf201501
IMFが2015年の世界経済見通しを発表。米国だけが大幅上方修正

 IMF(国際通貨基金)は2015年1月20日、世界経済見通しを発表した。201 …

souzouteki
日本には創造性が求められる仕事などない、という若者の認識はかなり正確?

 日本の若年層の中で、自分のことを創造的だと考える人は8%しかおらず、創造性が求 …

putinkuremia
思いのほか苦境にあるロシア。今回の一連の外交はいわゆる「弱者の戦略」

 ロシアによるクリミア併合プロセスが着々と進んでいる。表面的には軍事力を前面に押 …