ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

松井証券がとうとう金利も手数料もゼロ円という自爆価格を設定。どうやって儲けるの?

 

 信用取引に関する来年1月の規制緩和をうけて、ネット証券業界では自爆テロともいえる安値競争が始まろうとしている。
 12月6日に松井証券が打ち出した新しい料金体系は業界を驚かせた。1回当たりの信用取引額が300万円以上の日計りの信用取引の場合には、金利や手数料がすべて無料になるというのである。

 今回の信用取引に関する規制緩和は、1日あたりの取引回数を事実上無制限にするというもの。これまで信用取引の際に提供した証拠金は再利用できず、1日に何回も取引するためには、その都度、証拠金を用意しなければならなかった。だが今回の規制緩和でその制約がなくなり、1回の証拠金の提出で何度も取引ができるようになる。
 松井証券ではこれに合わせて、高額取引を行う顧客については、手数料と金利のすべてを無料にするという。
 だが業界関係者の多くは、今回の松井の決断について、「下手をすると業界の自爆テロにも繋がりかねない」(ネット証券関係者)と危惧している。

 日本の株式市場は低迷が続いており、個人投資家の売買代金はリーマンショック前の半分以下まで落ち込んでいる。中堅証券会社の中には事業を継続できず廃業するところも多い。唯一、お金を落としてくれる顧客は、1日に何度も取引を繰り返すデイトレーダーで、かつ投資金額が大きい投資化である。各証券会社とも、こういったごく一部の顧客で収益のほとんど稼ぎ出しているのが実情だ。
 だが松井証券の新しい価格体系では、こういった大口顧客が無料の同社に殺到してしまう可能性が高い。他社は松井に顧客を奪われ、一方の松井は顧客が増えても収益を増やすことができない。完全に生きるか死ぬかの消耗戦に突入することになる。

 松井証券の松井社長は、2012年の5月には、経済誌のインタビューに答えて「もう安売りの時代ではない」と付加価値を強調していたが、発言とはまったく逆に、さらなる安値競争のきっかけを作ったことになる。ちなみに同社では「他の部分で儲ける」(松井社長)としているが、具体的な収益源については明言していない。

 - 経済

  関連記事

setubitousi
企業の業績拡大が中小企業にも波及。ただ設備投資は公共事業の依存度が高い

 財務省は2014年6月2日、2014年1~3月期の法人企業統計を発表した。売上 …

frbpauerugicho
FRB次期議長は予想通りパウエル氏。現行路線の踏襲に規制緩和が加わって株高に?

 FRB(連邦準備制度理事会)の次期議長にジェローム・パウエルFRB理事が指名さ …

jutaku
米国の家計バランスシートが急激に改善。日本も株高で改善するのか?

 株式市場の上昇と不動産価格の底入れによって、米国における家計のバランスシートが …

gpif
年金運用のポートフォリオが大幅変更に。だが実際には現状を追認しただけ

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は6月7日、年金積立金の基本ポートフ …

jobuzu
ジョブズ氏に関する新しい伝記が話題に。どっちのジョブズ氏がホンモノか?

 米国で発売されたアップル創業者スティーブ・ジョブズ氏の伝記が話題となっている。 …

shirakawae
白川総裁も脱力?大企業の社長さん!成長戦略の意味を根本的に誤解してませんか?

 総選挙の結果をうけて日本経済新聞が実施した大手企業経営者に対するアンケート調査 …

kuroda02
黒田日銀総裁が、現在の政府債務は持続不可能と財務官僚らしい発言。その背景とは?

 日銀の黒田総裁は3月28日、参院財政金融委員会において、「政府債務のGDP費が …

no image
アメリカで起業熱が再沸騰。シリコンバレーでは洋上インキュベーション施設まで登場

 米国のシリコンバレーでユニークなベンチャー企業が登場し注目を集めている。  会 …

factory07
米国がモノを買わなくなっている。日本人は米国の過剰消費を批判している場合ではない

 米国が世界の買い手としての立場を降りようとしている。新興国経済の鈍化が目立つ中 …

toshiba03
市場の予想通り、東芝の不適切会計は全社的な問題に拡大中

 東芝の不適切な会計処理が、当初の発表とは異なり、総額で2000億円規模に膨れあ …