ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

もはやゴミ箱?産業革新機構が今度は爆発事故の前歴があるソニーの電池事業を救済

 

 ソ ニーが政府系ファンドの産業革新機構と電池事業の売却交渉に入った。22日の日本経済新聞が報じている。産業革新機構は今月10日、ルネサスエレクトロニクス救済のために約1400億円の第三者割当増資の引き受けを発表したばかり。産業革新機構は、イノベーションに対して投資するという当初の目標とは正反対に、ダメになった日本メーカーの事業を引き取るゴミ箱のような存在になりつつある。

 ソニーの電池事業は90年代初め、世界ではじめてリチウム電池を実用化するなど、同社の中核事業の一つであった。だが95年に同社傘下の郡山工場が原因不明の爆発事故を起こすなど、その技術力には疑問の声が上がっていた。最近ではサムスンなど韓国勢との競争が厳しく苦戦が続いていた。

 2012年3月期の同事業の売上高は約1425億円で従業員数は約2700人。同社は電池事業を完全に切り離す案のほか、持ち分を一部残す案なども検討しているという。

 今回の産業革新機構の決定は、ルネサスと同様、競争力がなくなった国内メーカーを救済するだけの措置でしかなく、市場では同機構に対する疑問の声がさらに高まってきている。

 産業革新機構は、オープンイノベーション(従来の業種や企業の枠を超えてチャレンジをすること)により次世代の国富を担う産業を創出するという目的で、政府が1兆円もの保証枠を設定してスタートした官製ベンチャーキャピタル。破綻企業を再生する産業再生機構や企業再生支援機構とは異なり、成長著しいベンチャー企業に対して投資をすることがその目的である。

 だが同機構が実際に投資をしてきたのは、オーストラリアの水事業会社やチリの水道会社など、日本のイノベーションを牽引するという理念とはほど遠い企業ばかり。途上国に対する経済援助のような投資ばかりが多いと批判されると、今度はルネサスに代表されるような経営破たんした企業の救済投資にまい進している。

 同機構が意味不明の投資を繰り返している理由は簡単だ。現実問題として日本には、イノベーションを引き起こすようなベンチャー企業が存在しないのである。日本にはすでに多くの民間ベンチャーキャピタルが存在している。彼ら血眼になって案件を探し回っても、優良な投資先が見つからないのである。官製ベンチャーキャピタルがしゃしゃり出てきたところで、新しい案件など見つかるわけがない。
 だが役所の事業は一度始まったら、ストップすることはない。自らの存在を自己目的化し、延々と増殖を続けていく。日本メーカーの本当の危機はこれから本番である。今後次々と破綻事業が出てくる可能性が高い。産業革新機構は当分の間、増殖を続けていくことだろう。

 - 経済, IT・科学

  関連記事

ge
米国の製造業回帰が効果を上げ始めた。だが一方でその波に乗れない人も

 中国から製造拠点を米国に戻す試みが成果を上げ始めている。米ゼネラル・エレクトリ …

keizaizaiseihakusho
日本企業は効果の薄い新技術ほど導入に積極的?

 政府は2017年7月21日、2017年度版「経済財政白書」を公表した。今回の白 …

super02
5月の物価上昇は増税の影響を除くと鈍化。家計支出も大幅な落ち込み

 総務省は2014年6月27日、5月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

josei
日本の労働力人口は女性フル活用でも大幅減。豊かさの維持には生産性向上が必須

 内閣府は2014年3月12日、長期の労働力人口予測をまとめた。50年後の労働力 …

barclay
LIBOR問題が刑事事件に発展。これは英国と米国の金融覇権をめぐる争いだ!

 英国の重大不正捜査局は11日、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR、通称ラ イボ …

furyokuhatudenrakka
京都の風力発電所で45トンの発電用風車が落下。一歩間違えば大惨事に。

 京都府は3月13日、太鼓山風力発電所に設置した風力発電機の鉄柱が折れ、風車が落 …

no image
震災復興費は大手メーカーが流用していた。日本の製造業はもはや「保護産業」

 復興予算の流用や付け替えが問題となっているが、その流用先に大手メーカーが多数含 …

businessman
日本経済に暗雲。1月の消費はさらにダウンし、生産見通しも悪化

 日本経済に暗雲が垂れ込めている。2015年10~12月期のGDP(国内総生産) …

indochina
中印が経済的理由から急接近。インド側の狙いは日本と中国が「競争」すること

 中国の習近平国家主席は2014年9月17日、インドを公式訪問し、モディ首相と会 …

toyotahonsha
トヨタが株主総会で種類株を可決。本気度が問われる新しい日本流ガバナンス体制

 トヨタ自動車は2015年6月16日、主要企業のトップを切って株主総会を開催した …