ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

水野真紀が夫の後藤田議員と離婚寸前?確かに2人はスタート時点から躓きの連続

 

 女優の水野真紀が着々と離婚の準備を進めているとの噂が広がっている。よく知られている通り、水野の夫は自民党の後藤田正純衆議院議員。
 今回の総選挙では自民優性の追い風を受けて、民主党の仁木博文氏に大差をつけて勝利している。水野は選挙戦中、後藤田の地元徳島に入り、地味な服装で連日選挙区を回るなど、内助の功を演出してきた。だが今回の選挙を最後に、離婚に踏み切るとの見る関係者は多い。

 きっかけはやはり後藤田氏の不倫問題。2011年6月、後藤田氏は週刊誌で銀座ホステスとの不倫現場を撮影されてしまった。単なるデート写真ではなく、バーのイスで濃厚なディープキスをしているという衝撃的なもので、水野の面目は丸つぶれになった。もっとも水野と後藤田は2009年から別居状態といわれており、不倫写真はその結果といった方がよいかもしれない。

 そもそも二人は駆け出し時点から躓いている。水野は癒し系の外見とは反対に上昇志向が強い。後藤田との結婚を選んだのも、議員夫人というポジションを狙ってのことといわれる。

 政界の事情に疎い水野は、議員の高待遇を批判する報道を真に受け、国会議員の宿舎はセレブが集う高級マンションのような場所とイメージしていたらしい。だが現実の議員宿舎は、建っている場所だけは一流だが、秘書や新聞記者をはじめ関係者がひっきりなし出入りする雑然としたところ。田舎臭い雰囲気でセレブ感などカケラもない。水野はこのような議員宿舎での生活をかなり嫌がったといわれている。

 それでも後藤田、水野両名にとって、よきセレブ夫婦を演じることには多大なメリットがあった。別居を続けながらも、ここまで何とかやってきたのだが、それも限界に達したということなのかもしれない。後藤田も周囲に「(水野は)気が強くてかなわない」と漏らしているといわれる。選挙に圧勝した今のタイミングは、離婚を考えるには最適な時期なのかもしれない。

 - 政治, 芸能

  関連記事

Kennedy
イルカ漁への批判に対して「理解を求めたい」という日本側の姿勢は危険だ

 駐日米国大使のキャロライン・ケネディ氏が和歌山県太地町におけるイルカの追い込み …

no image
65歳までの雇用を義務付ける高齢者雇用安定法が可決。若年層の雇用は絶望的

 定年後も希望者全員を65歳まで雇用することを義務付ける改正高年齢者雇用安定法が …

hongkongdemo02
香港の民主化デモがすべての拠点で収束。3年後の長官選挙への影響は未知数

 香港の民主活動家や学生らが民主的な選挙を要求して行った抗議活動が収束した。20 …

businessman04
労働者の賃金がさらに減少。賃上げ実施後もあまり期待できない理由とは?

 厚生労働省は2014年2月20日、2013年賃金構造基本統計調査の結果を発表し …

momoko
SWOT分析で離婚も決断?菊池桃子が大学教授として活躍中

 元アイドル歌手でタレントの菊池桃子が大学の先生として活躍中だ(写真は本人のブロ …

munyutin
反ウォール街だったはずのトランプ政権に多数のゴールドマン出身者

 選挙期間中からウォール街を敵視し、庶民の味方であることを強調していたトランプ大 …

abekenpo
安倍政権が世論最優先のスタンスに転換。党内の力学バランスに変化か?

 与党内の力学関係に変化の兆しが出てきた。安倍首相が現行の憲法9条を残した形での …

nougyouyushutu
日本の農作物輸出が過去最大。だが全体から見れば輸出はごくわずかという現実

 日本の農作物の輸出が徐々に増加している。農林水産省の調査によると、2013年に …

obamakurisuti00
オバマ大統領がハリケーン対応で天敵クリスティ知事と協力。ロムニー候補には不利に

 熱烈なロムニー支持で、オバマ大統領を手厳しく批判してきたニュージャージー州のク …

no image
失業率25%のスペイン。国家は非常事態なのに国内旅行は絶好調。何故?

 経済危機真っ只中のスペインだが、観光業が絶好調である。経済危機によって価格を引 …