ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

水野真紀が夫の後藤田議員と離婚寸前?確かに2人はスタート時点から躓きの連続

 

 女優の水野真紀が着々と離婚の準備を進めているとの噂が広がっている。よく知られている通り、水野の夫は自民党の後藤田正純衆議院議員。
 今回の総選挙では自民優性の追い風を受けて、民主党の仁木博文氏に大差をつけて勝利している。水野は選挙戦中、後藤田の地元徳島に入り、地味な服装で連日選挙区を回るなど、内助の功を演出してきた。だが今回の選挙を最後に、離婚に踏み切るとの見る関係者は多い。

 きっかけはやはり後藤田氏の不倫問題。2011年6月、後藤田氏は週刊誌で銀座ホステスとの不倫現場を撮影されてしまった。単なるデート写真ではなく、バーのイスで濃厚なディープキスをしているという衝撃的なもので、水野の面目は丸つぶれになった。もっとも水野と後藤田は2009年から別居状態といわれており、不倫写真はその結果といった方がよいかもしれない。

 そもそも二人は駆け出し時点から躓いている。水野は癒し系の外見とは反対に上昇志向が強い。後藤田との結婚を選んだのも、議員夫人というポジションを狙ってのことといわれる。

 政界の事情に疎い水野は、議員の高待遇を批判する報道を真に受け、国会議員の宿舎はセレブが集う高級マンションのような場所とイメージしていたらしい。だが現実の議員宿舎は、建っている場所だけは一流だが、秘書や新聞記者をはじめ関係者がひっきりなし出入りする雑然としたところ。田舎臭い雰囲気でセレブ感などカケラもない。水野はこのような議員宿舎での生活をかなり嫌がったといわれている。

 それでも後藤田、水野両名にとって、よきセレブ夫婦を演じることには多大なメリットがあった。別居を続けながらも、ここまで何とかやってきたのだが、それも限界に達したということなのかもしれない。後藤田も周囲に「(水野は)気が強くてかなわない」と漏らしているといわれる。選挙に圧勝した今のタイミングは、離婚を考えるには最適な時期なのかもしれない。

 - 政治, 芸能

  関連記事

sakane
ドイツに学べというコマツ坂根会長の発言が際立つ。日本はドイツになれるのか?

 政府の産業競争力会議のメンバーであるコマツの坂根正弘会長の発言が最近注目を集め …

no image
韓国大統領候補の税金ごまかし問題。だが韓国では当たり前?

 韓国の次期大統領選挙に立候補を表明した安哲秀(アン・チョルス)候補に金銭疑惑が …

kokkaigijido
2016年度予算編成。社会保障費をめぐり与党内で駆け引きが活発化

 2016年度予算の概算要求基準が閣議了解されたことで、予算編成作業が本格的に動 …

chunankai
胡錦濤氏が江沢民氏を中南海から追放。中国の権力中枢「中南海」とは?

 中国共産党指導者の執務室が集中する北京の中南海から、江沢民前国家主席が自身の個 …

hasimoto2
橋下市長による朝日新聞との全面対決が意味するもの

 橋下徹大阪市長は17日、実父の出自などを報じた週刊朝日の記事について「きちんと …

Kennedy
イルカ漁への批判に対して「理解を求めたい」という日本側の姿勢は危険だ

 駐日米国大使のキャロライン・ケネディ氏が和歌山県太地町におけるイルカの追い込み …

sitsugyou02
米国の雇用は急回復。焦点は長期失業者対策にシフトしつつある

 米労働省は12月6日、11月の雇用統計を発表した。代表的な項目である非農業部門 …

hoeness
税金を支払いさえすればOKという、脱税に対するドイツの考え方は正しいか?

 脱税には比較的寛容といわれてきたドイツで、脱税者の処罰をめぐって激論が戦わされ …

hongkongdemo
香港でTV局新規開設をめぐってデモ。日本と香港が抱える問題には共通点が多い

 中国の香港で、テレビ局新設を申請した企業に特区政府が放送免許交付をしなかったこ …

seifusenyouki02
安倍首相の東南アジア歴訪が示す「国際競争力なくして安全保障はない」という事実

 安倍首相は7月25日午前、3日間の日程でマレーシア、シンガポール、フィリピンの …