ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

水野真紀が夫の後藤田議員と離婚寸前?確かに2人はスタート時点から躓きの連続

 

 女優の水野真紀が着々と離婚の準備を進めているとの噂が広がっている。よく知られている通り、水野の夫は自民党の後藤田正純衆議院議員。
 今回の総選挙では自民優性の追い風を受けて、民主党の仁木博文氏に大差をつけて勝利している。水野は選挙戦中、後藤田の地元徳島に入り、地味な服装で連日選挙区を回るなど、内助の功を演出してきた。だが今回の選挙を最後に、離婚に踏み切るとの見る関係者は多い。

 きっかけはやはり後藤田氏の不倫問題。2011年6月、後藤田氏は週刊誌で銀座ホステスとの不倫現場を撮影されてしまった。単なるデート写真ではなく、バーのイスで濃厚なディープキスをしているという衝撃的なもので、水野の面目は丸つぶれになった。もっとも水野と後藤田は2009年から別居状態といわれており、不倫写真はその結果といった方がよいかもしれない。

 そもそも二人は駆け出し時点から躓いている。水野は癒し系の外見とは反対に上昇志向が強い。後藤田との結婚を選んだのも、議員夫人というポジションを狙ってのことといわれる。

 政界の事情に疎い水野は、議員の高待遇を批判する報道を真に受け、国会議員の宿舎はセレブが集う高級マンションのような場所とイメージしていたらしい。だが現実の議員宿舎は、建っている場所だけは一流だが、秘書や新聞記者をはじめ関係者がひっきりなし出入りする雑然としたところ。田舎臭い雰囲気でセレブ感などカケラもない。水野はこのような議員宿舎での生活をかなり嫌がったといわれている。

 それでも後藤田、水野両名にとって、よきセレブ夫婦を演じることには多大なメリットがあった。別居を続けながらも、ここまで何とかやってきたのだが、それも限界に達したということなのかもしれない。後藤田も周囲に「(水野は)気が強くてかなわない」と漏らしているといわれる。選挙に圧勝した今のタイミングは、離婚を考えるには最適な時期なのかもしれない。

 - 政治, 芸能

  関連記事

38north02
北朝鮮が寧辺の原子炉を再稼働?外交問題に加えて、安全上のリスクを指摘する声も

 北朝鮮が再稼働を表明していた寧辺(ヨンビョン)の原子炉について、外交上の問題に …

syriakubaku201409
米国がシリアで空爆を開始。とりあえず中東各国の協力を取り付けた形に

 米国防総省は2014年9月23日、米軍がイラクに続いて隣国のシリアでも空爆を開 …

josen
福島の除染作業で不正が発覚。だが本当の問題は別に存在している

 東京電力福島第1原発事故に伴う、被災地域の除染事業において不正が行われているこ …

putinrussia
ロシアによるクリミア編入宣言。その背景とアジア地域で想起される事態

 ロシアのプーチン大統領は2014年3月18日、クリミアをロシアに編入する条約に …

marines
日本の軍事費は世界第5位に。だが自衛隊の「質」はどの程度なのか?

 スウェーデンのシンクタンク・ストックホルム国際平和研究所は4月15日、世界の軍 …

sasago
トンネルだけでなくドライバーも劣化?仮復旧の笹子トンネルで追突事故が連続発生

 天井版の崩落で通行止めになり、下り線の対面交通で仮復旧したばかりの中央自動車道 …

businessman
政府が相次いで財界に賃上げを要請。賃上げで経済を回復させるコツとは?

 政府の産業界に対する賃上げ要求が強まっている。政府は12日、首相官邸で「デフレ …

thatcher02
葬儀参列者に見る時代の流れ。サッチャリズムはすでに歴史の1ページ

 英国の元首相で4月8日に死去した故マーガレット・サッチャー氏の葬儀が4月17日 …

bishonbu
通貨マフィアのディナー?教科書にも載っていない量的緩和策が突然メジゃーになったワケ

 国際決済銀行(BIS)本部で開かれる各国の中央銀行総裁による非公式の夕食会が、 …

no image
スノーデン氏は米国の不手際?で香港を出国。アイスランドではなくエクアドルに亡命?

 米国家安全保障局(NSA)による国民監視システム「PRISM」の存在を暴露し、 …