ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

水野真紀が夫の後藤田議員と離婚寸前?確かに2人はスタート時点から躓きの連続

 

 女優の水野真紀が着々と離婚の準備を進めているとの噂が広がっている。よく知られている通り、水野の夫は自民党の後藤田正純衆議院議員。
 今回の総選挙では自民優性の追い風を受けて、民主党の仁木博文氏に大差をつけて勝利している。水野は選挙戦中、後藤田の地元徳島に入り、地味な服装で連日選挙区を回るなど、内助の功を演出してきた。だが今回の選挙を最後に、離婚に踏み切るとの見る関係者は多い。

 きっかけはやはり後藤田氏の不倫問題。2011年6月、後藤田氏は週刊誌で銀座ホステスとの不倫現場を撮影されてしまった。単なるデート写真ではなく、バーのイスで濃厚なディープキスをしているという衝撃的なもので、水野の面目は丸つぶれになった。もっとも水野と後藤田は2009年から別居状態といわれており、不倫写真はその結果といった方がよいかもしれない。

 そもそも二人は駆け出し時点から躓いている。水野は癒し系の外見とは反対に上昇志向が強い。後藤田との結婚を選んだのも、議員夫人というポジションを狙ってのことといわれる。

 政界の事情に疎い水野は、議員の高待遇を批判する報道を真に受け、国会議員の宿舎はセレブが集う高級マンションのような場所とイメージしていたらしい。だが現実の議員宿舎は、建っている場所だけは一流だが、秘書や新聞記者をはじめ関係者がひっきりなし出入りする雑然としたところ。田舎臭い雰囲気でセレブ感などカケラもない。水野はこのような議員宿舎での生活をかなり嫌がったといわれている。

 それでも後藤田、水野両名にとって、よきセレブ夫婦を演じることには多大なメリットがあった。別居を続けながらも、ここまで何とかやってきたのだが、それも限界に達したということなのかもしれない。後藤田も周囲に「(水野は)気が強くてかなわない」と漏らしているといわれる。選挙に圧勝した今のタイミングは、離婚を考えるには最適な時期なのかもしれない。

 - 政治, 芸能

  関連記事

baku
中国人作家のノーベル文学賞受賞は、いわゆるバーター取引

 スウェーデン・アカデミーは11日、中国の作家、莫言氏にノーベル文学賞を授与する …

abeamari02
TPPはオバマ大統領来日が妥結タイミング?決裂の場合、その先の対策が必要

 シンガポールで開催されたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合が物別 …

ieren02
米国で3月利上げの可能性が急上昇。2017年は緩やかな金利上昇とドル高継続か?

 これまで見送りとの公算が高かった3月利上げが急速に現実化してきた。FRB(連邦 …

abe201407
安倍政権が内閣改造へ。背景にあるのは来年の解散総選挙?

 安倍首相が内閣改造を実施する方針を固めた。集団的自衛権行使容認に関連する法整備 …

no image
北朝鮮が最高人民会議を開催。結局、重大発表はなかった

 北朝鮮は25日、国会に相当する最高人民会議を開催した。仏誌が経済改革について重 …

nodae02
野田改造内閣の顔ぶれが明らかに。選挙前に大臣ポストを大盤振る舞い

 野田改造内閣が顔ぶれが明らかになった。  財務相が有力視されていた岡田克也副総 …

abe20150512
政府の財政健全化計画。増税は封印し、高い経済成長に依存するプランへ

 財政健全化計画策定に向けた政府内の議論が活発になっている。安倍首相は2015年 …

nenkinmanga
年金の世代間格差に言及した厚労省の漫画に批判が殺到

 厚生労働省がWebサイトに掲載している年金に関する漫画が注目を集めている。若年 …

honkon
中国当局が香港の自治に関する白書を発表。中国による統治の正当性を強調

 中国国務院報道弁公室は2014年6月10日、香港の自治に関する白書を発表した。 …

whitecolorexe
残業代ゼロ政策の導入が現実味。職種限定だが、年収制限はなくなる可能性も

 労働時間に関わらず賃金を一定にする、いわゆる残業代ゼロ政策の導入が現実味を帯び …