ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

世界の中心でインフレを叫ぶ

 

 このご時勢にインフレなどと言ったら「お前頭がおかしいんじゃないか?」言われそうだが、あえて言う。世界景気が一気に減速しているにもかかわらず、一方ではインフレのリスクが着実に高まっている。

 ニューヨークでは、今、高級不動産物件が飛ぶように売れている。リーマンショック以降の不景気でオフィスビル需要は少ないものの、世界から押し寄せる観光客をさばき切れず、オフィスビルを丸ごと買い取ってホテルに改装するといった案件も目白押しだ。かつては町工場などが多く廃れたイメージであったブルックリン(東京で言えば墨田区や大田区)でもホテルの開業や高級マンションの分譲が相次いでいる。

 またアジアや欧州でもREIT(不動産投資信託)の価格が急上昇している。特にシンガポールに上場するREITは、比較的安全性が高いとみなされており、投資資金が集まっている。例えばシンガポール各地の工業用不動産に投資するAscendas REIT(SGX:AEMN)はここ2ヶ月で20%近く値を上げた。他のREITも同様の値上がりを見せている。危機が続いているにも関わらず欧州、特にロンドンのREITも堅調だ。

 背景にあるのは、世界各国で繰り返されてきた量的緩和。景気の不透明感から積極的な投資には踏み切れないものの、お金の総量は着実に増えてきている。有り余ったマネーが、比較的安全と思われる不動産に流れ込んでいる。

 FRBが量的緩和第3弾を実施するのでは?と市場は期待を膨らましている。その一方でインフレの足音は着実に近づいているのだ。インフレは皆が気付いたときには手の施しようがなくなっていることがほとんど。

 そろそろ量的緩和政策は限界に来ているのかもしれない。

 - 経済

  関連記事

frb
FRBが利上げを見送り。今後の焦点は労働市場ではなくインフレ率

 FRB(連邦準備制度理事会)は2015年9月17日に開催したFOMC(連邦公開 …

kuroda02
これ以上の円安はないという黒田発言の真意は?

 日銀の黒田総裁は2015年6月10日、現在の円安水準は行き過ぎとの発言を行った …

tosho002
大発会は値下がりスタート。だが、今年の日経平均は2万円も十分可能?

 2015年の株式市場がスタートした。東京株式市場における大発会後の寄り付きは1 …

imf201601
IMFの世界経済見通し。中国のくしゃみでロシアとブラジルが高熱ダウン

 IMF(国際通貨基金)は2016年1月19日、世界経済見通しの改定値を発表した …

rspphoto
税金を投入され資金潤沢なルネサスが、なぜか子会社のアップル売却を検討

 米アップルが、経営再建中のルネサスエレクトロニクスが保有する子会社の買収を打診 …

piketishasin
ピケティが主張する資産格差拡大は日本でも発生しているのか?

 フランスの経済学者トマ・ピケティが話題となっている。ピケティの著作である「21 …

doller
生保が外債投資に一斉シフトという報道は本当か?実際のペースはかなり現実的

 日本生命保険は4月22日、2113年度の資産運用計画を発表した。日銀による異次 …

boingkoujo
中国へのプレゼント? 習主席訪米を前にボーイングが工程の一部を中国に移管

 米航空機大手ボーイングは、製造の最終工程を中国に移管することを検討している。同 …

abeyosaninkai201402
首相が公的年金の運用を多様化する方針を表明。具体的な投資対象は未確定

 安倍首相は2014年2月24日の衆院予算委員会で、公的年金の運用方針を見直す考 …

nichigin03
日銀が保有する国債は政府債務から切り離せるのか?

 日銀の量的緩和策の是非や政府債務をめぐる論争が活発になってきている。きっかけは …